買取に必要な物をご準備いただけるとスムーズに査定結果をご案内できます

  • バイクの登録書類
    251㏄以上:自動車検査証(いわゆる車検証)
    126~250㏄:軽自動車届出済証
    125㏄未満:標識交付証明証
    廃車した251㏄以上:廃車証
    廃車した126~250㏄:廃車証、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 代金の振込口座の情報
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポート、写真入り住基カードなど)

なぜ、バイク館イエローハットは他社よりも高額査定できるのか?

バイク館イエローハットでは自社で買取した車両を自社の店舗にて販売しています。

次のお客様に車両をお渡しするまで、他の業者を入れることがないので、余計なコストが発生しません。このように中間手数料などを省くことで、買取りの際に他社よりも高い査定額をご提示することができるのです。

まだバイク館イエローハットに相談されていない方は、査定依頼してみよう!

査定依頼の前に知っておきたいバイクを高く売るコツ

中古バイクは、新車に近い状態ほど市場価値は高くなります。
サビやキズもなく、立ちゴケの痕跡がなければ、最高の査定額をご提示できます。

ただ、普段乗っている車両は、雨によってサビが発生しますし、使用中にキズを付けてしまうこともあります。
そのような一般的な使用に伴うサビやキズなどは仕方がないとしても、愛車をより高く売却するコツはあります。

ここではそのポイントを5つに分けてご紹介いたします。

  • きれいな状態で査定を依頼

    同じ状態の車両でも、汚れた状態と、ピカピカの状態では、受ける印象は異なります。これはみなさまの車両を拝見する査定員についても同じです。
    また、きれいな状態が保たれているということは、大切に扱われていた車両だと判断することができます。水洗いをしておいたほうが査定額アップにつながる可能性があります。
    ただ、洗っていないと査定できないわけでも、査定額が下がるわけでもないのでご安心を。お気軽に出張査定をご依頼ください。

  • エンジンがかかる状態にしておく

    バイクの心臓部といえるエンジンの状態は、査定額を大きく影響します。
    そのエンジンがかからないと大きなトラブルを内包していることも推測できます。
    エンジン不動、という状態で査定員を警戒させないためにも、エンジンがかかる状態を維持しておくことが高価な査定額に繋がります。
    単にバッテリーが上がっていてセルスターターが回らないだけであれば、ジャンプスターターをお持ちしてセルスターター・エンジンの動作チェックができます。
    また、最近はフューエル・インジェクションを採用したモデルが増えていますので、長期間エンジンをかけていない場合でも、ジャンプ・スターターで始動する場合があります。お気軽にジャンプ・スターターが必要な旨をお伝え下さい。

  • キズ・へこみ補修は減額のリスクあり

    すりキズを隠すためにコンパウンドで磨いたりする必要はありません。
    慣れない人が作業すると、逆にキズが目立ってしまったりと、必ずしもよい状態になるとは限りません。

    バイク館イエローハットが買取ったバイクは、必要に応じてプロがキズを目立たなくする施工をするなどのリペアを経て店頭に並びます。
    査定前にのメンテンナンスは、洗車程度の作業にしていただいたほうが無難です。

  • ノーマルパーツを用意しておく

    車両に社外マフラーを装着されている場合は、車検が通る製品(JMCA認証)かご確認ください。
    もし車検非対応であっても、ノーマルマフラーがあれば、査定額に響くことはほぼありません。
    また、そのほかの社外パーツであっても、ノーマルパーツがあると、次のお客様に販売する際にスムーズですので、査定額をアップすることができます。
    そのほか、予備部品などがありましたら、査定依頼の際にお伝えください。

  • 純正オプションパーツは査定アップ

    バイクメーカーが用意した、純正オプションパーツは、信頼性・耐久性ともに高いため、装着されていると査定額アップにつながります。
    こちらも社外パーツと同様に、そのパーツを装着する際に取り外したノーマルパーツがあればご用意ください。

PAGE TOP