CSVを使用して商品を更新する

更新用のCSVファイル作成方法

※ここではCSVを使用し出品中状態の「商品の更新」について解説します。

1.出品管理画面から「CSVをアップロードする」をクリックします。

 

2.「掲載している商品をCSV形式でダウンロードする」を探します。

 

3.更新を行いたい商品を出品した期間を選択します。

1度目にクリックした日付が期間の初日、2度目にクリックした日付が期間の最終日となります。

特定の1日を選択する場合は、希望する日付をダブルクリックします。

 

4.ダウンロードを行う対象の商品を選択します。

(今回は出品中の商品を更新するので「出品中の商品データをダウンロード」を選択します。

 

5.「ダウンロード実行」をクリックするとダウンロードが開始されます。

ダウンロードされたCSVを開いて準備完了です。

 

 

CSVを書き換えて出品中の商品を更新する

 

1.ダウンロードしたCSVを開くと1列目にヘッダー、2列目以降には商品データが入力されています。

更新したい欄だけを修正し、変更しない欄はそのままにしておきます。

たとえば、中古用システム品番:20008(4列目)の「販売価格」を、33,333円から10,000円に変更します。

1.更新しない商品をCSV上から削除し、更新したい商品だけにします。

 

2.販売価格の33333を10000に変更します。

【注意点】

※変更しない欄(カラム)も全て含めてCSVファイルにしてください。

※商品情報の更新を行う場合「コントロールカラム」の文字を u 以外に変更しないでください。

※商品情報の更新を行う場合「中古用システム品番」に入力されている数字は変更しないでください。

変更を行うと更新しようとした商品と別の商品が更新されてしまう恐れがあります。

※変更しない欄(カラム)はダウンロードしたままの状態にしておいてください。

※「在庫数(販売する数)」のカラムは1以外に変更しないでください。アップロード時にエラーとなります。

使用している画像を変更せず商品の更新を行う場合は画像1~20に入力されている画像名は絶対に変更しないでください。

 変更したり空欄でアップロードを行うと画像が表示されなくなります。

※JANコードなどのカラムで桁数が多い数字を入力された状態のCSVをエクセルなどで開くと、文字化けをしている場合があります。

 

3.商品データを変更したCSVを保存します。

・ファイルをクリックします。

 

・名前を付けて保存をクリックします。

 

・CSVファイルの保存先を選択し、適当な名前を入力し、保存するファイルの種類の中から「CSV(カンマ区切り)(*.csv)」を選択します。

・「保存」をクリックし、CSVファイルの作成は完了です。

 

4.作成したCSVファイルをZIPファイルに圧縮します。

・作成したCSVを右クリックし、「送る(N)」にカーソルを合わせます。

 

・圧縮(zip形式)フォルダーを選択し、CSVをZIPファイルに圧縮します。

 

・zipファイルが作成されたら完成です。

 

完成したZIPファイルをアップロードします

1.トップページから「CSVをアップロードする」をクリックします。

 

2.CSVアップロードの選択肢の中から「商品データの新規掲載/更新」を選択します。

 

3.「参照」をクリックします。クリックするとウィンドウが開きます。

 

4.開いたウィンドウから作成したZIPを探し、選択します。

選択すると「ファイル名」欄に選択したファイルの名前が表示されるので、選択したものが正しいか確認します

誤りが無かったら「開く」をクリックします。

 

5.アップローダーにファイルが選択されます。選択したファイルが.ZIPになっている事を確認したら「確認する(エラーがないかチェックします)」ボタンをクリックします。

 

6.ZIPファイルが仕様を満たしている場合はCSVファイルのチェックの結果が表示されます。

アップロードを実行し出品を完了する場合は「アップロード実行」をクリックします。

・「全商品データ数」は、CSVファイルで作成された商品数(ヘッダーを除いた行数)が表示されます。

・「エラー商品数」は入力された商品データにエラーがあった商品の数が表示されます。エラー商品はアップロード実行をクリックしても掲載/更新されません。

 CSVファイルのエラーを修正して再アップロードする必要があります。

「アップロード可能商品数」アップロード実行をクリックすると商品が掲載されます。警告と表示されている商品はアップロードされます。

 

7.無事にアップロードが完了すると、アップロードした件数とメッセージが表示されます。

 

 

正しく完了しているかアップロードした商品を確認しましょう!

CSVで出品中の商品更新作業は以上で終了です。

 

 

~画像を変更する場合~

CSVを使用して使用する画像の変更もできます。

1.画像を変更したい商品CSVの画像1~20のカラムを変更します。

画像は最大で20枚まで掲載できます。

画像1~20のカラムに変更したい画像名を拡張子までつけて入力します。

 

2.新しく使用したい画像をimagesフォルダに全て格納します。

 

3.CSVとimagesフォルダを同じ場所(フォルダ内等)に置きます。

 

4.ZIPファイルに圧縮したいファイルを選択します。

 (キーボードの「Ctrl」キーを押しながら二つをクリックすると二つとも青くなり両方の選択ができます)

 

5.選択したファイルを右クリックします。すると表示されるメニューの中から「 送る(N)」 にマウスカーソルを合わせます。

更に表示されるメニューの中から「圧縮(zip形式)フォルダー」を選択し、クリックします。 

6.下記のようにZIPファイルが作成されます。(名前は適当に付けて構いません)

末尾に.zipと書かれたファイルが作成されていれば完成です。

 

作成したZIPファイルをアップロードする

 

1.トップページから「CSVをアップロードする」をクリックします。

 

2.CSVアップロードの選択肢の中から「商品データの新規掲載/更新」を選択します。

 

3.「参照」をクリックします。クリックするとウィンドウが開きます。

 

4.開いたウィンドウから作成したZIPを探し、選択します。

選択すると「ファイル名」欄に選択したファイルの名前が表示されるので、選択したものが正しいか確認します

誤りが無かったら「開く」をクリックします。

 

5.アップローダーにファイルが選択されます。選択したファイルが.ZIPになっている事を確認したら「確認する(エラーがないかチェックします)」ボタンをクリックします。

 

6.ZIPファイルが仕様を満たしている場合はCSVファイルのチェックの結果が表示されます。

アップロードを実行し出品を完了する場合は「アップロード実行」をクリックします。

・「全商品データ数」は、CSVファイルで作成された商品数(ヘッダーを除いた行数)が表示されます。

・「エラー商品数」は入力された商品データにエラーがあった商品の数が表示されます。エラー商品はアップロード実行をクリックしても掲載/更新されません。

 CSVファイルのエラーを修正して再アップロードする必要があります。

「アップロード可能商品数」アップロード実行をクリックすると商品が掲載されます。警告と表示されている商品はアップロードされます。

 

7.無事にアップロードが完了すると、アップロードした件数とメッセージが表示されます。

 

 

正しく完了しているかアップロードした商品を確認しましょう!