Team HRC with Japan Postの高橋 巧選手が"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース第45回大会で優勝すれば、最多勝記録の更新となる。

高橋選手(34歳)は、FIM世界耐久選手権の日本ラウンドで5勝を挙げているが、この伝説的なイベントで再び優勝すれば、単独の記録保持者となる。

高橋選手はこう語っている。「今年の鈴鹿8耐にTeam HRC with Japan Postで再び参戦できることをとても嬉しく思っているよ。今年は重要な年で、Team HRCの3連覇とホンダの通算30勝目が掛かっているからね。」

「新しいチームメイトとともに、力強いパフォーマンスを見せて、鈴鹿8耐を盛り上げたいね。個人的には最多勝記録の更新を目指したいね。」

日本の新星、名越 哲平選手(26歳)と、フランス人MotoGPウィナーでEWCルーキーのヨハン・ザルコ選手(33歳)は、高橋選手のパートナーとしてTeam HRC with Japan Postのマシン #30のシートに座る。

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
おすすめの記事