JMA Racing Action Bikeは、来月開催されるFIM耐久世界選手権のベルギーラウンド、スパ8時間EWCレースに出場する3人のライダーを発表した。

フランス人ライダーのシャルル・コルトー選手、イタリア人ライダーのマッテオ・ジャコマッゾ選手、オランダ人ライダーのミラン・メルケルバグ選手は、ダンロップがタイヤを単独供給するFIM耐久ワールドカップのスーパーストッククラスに、このスズキチームのマシン #34を駆り、参戦する。

ジャコマッゾ選手の復帰は、右手の負傷により先月開催されたEWC2024年シーズンの開幕戦となったルマン24時間レースに出場できず、その代役としてジュリアン・レノチ選手が招集されたことからも注目された。

ルマン24時間レースで転倒し、鎖骨と指の粉砕骨折を負ったベルギー人ライダーのブラム・ランブレヒト選手は、スパでのJMAライダーラインアップに含まれておらず、負傷からの回復を続ける場合は、EWCの母国レースに参戦できない可能性がある。

JMA Racing Action BikeのFacebook投稿にはこうある。 「スーパーストッククラスのトップ10を守る準備はできている。Suzuki Moto FranceとAction Bike、そして冒険を続けさせてくれるすべてのパートナーに心から感謝したい。ルマン24時間レースから1ヵ月後の今、我々はスパ8時間EWCレースに向け、準備万端だ。」

FIM EWCの規定では、8時間レースのフォーミュラEWCとスーパーストックの両クラスに3人のライダーのみをエントリーさせることができる。スーパーストックチームが24時間レースで認められているリザーブライダーを指名したり、4人目のライダーをエントリーさせることはできない。不可抗力の場合に限り、チームはFIM国際審査委員会の許可を得てライダー・ラインナップを変更することができる。

スパ8時間EWCレースは、6月6~8日に開催される。最新のチケット情報はこちら

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
おすすめの記事