YART Yamaha Official EWC Teamは、スパ24時間EWCレースの予選に向けた練習走行でトップタイムを記録した。

このオーストリアチームは、伝説のサーキット、スパ・フランコルシャン・サーキットで2分19秒663のベストラップを記録し、2022年大会でのリタイアの雪辱を果たそうとしているようだ。

2位にはYoshimura SERT Motulが2分20秒614で入り、2022年のスパ優勝チームであるBMW Motorrad World Endurance Teamは、ベストラップ2分20秒771を記録して3位に着けた。

昨年のEWCタイトル獲得チームであるF.C.C. TSR Honda Franceは、6.985kmという長く厳しいサーキットを2分21秒192で走り、4番手のタイムを記録した。

ダンロップ・スーパーストック・トロフィークラスでは、開幕戦ルマンに続き、Tecmas-MRP BMW Racing Teamが最速タイムの2分22秒621を記録している。

本日の予選1回目は、12:00(中央ヨーロッパ時間)から開始される。

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
おすすめの記事