マーカス・ライターバーガー選手は、先月ルマンで開催された2023年FIM世界耐久選手権の開幕戦を機に、今シーズンEWCでの活躍を目指すBMW Motorrad World Endurance Teamにとって、パトリック・ホーベルスベルガー選手が果たすべき役割を力説した。

ホーベルスベルガー選手は、Team Bolliger SwitzerlandからEWC2023年シーズンに参戦する予定であったが、昨シーズン、このダンロップタイヤを使用するベルギーチーム、BMW Motorrad World Endurance Teamの第4ライダーとして、ケニー・フォレイ選手が果たした重要なバックアップライダーという役割を果たすため、遅まきながらこのチームに合流した。

ライターバーガー選手(写真左)は、同じドイツ人ライダーのホーベルスベルガー選手(写真右)について、こう語った。「僕は彼をIDM時代から知っているんだけど、今回とうとうEWCにステップアップしてきたね。彼は、冬の間にたくさん練習してきたし、僕たちのバイクでも何度か走ったことがあるんだ。十分ではないかもしれないけど、彼は、適応できていたし、良いスペアライダーになれると思うよ。」

ホーベルスベルガー選手は、最近ザクセンリンクで行われたInternationale Deutsche Motorradmeisterschaftレースで4位と2位に入り、先月行われたルマン24時間レースへの参加を素晴らしい経験だったと述べている。

情報提供元 [ FIM EWC ]

未分類の関連記事
おすすめの記事