Pitlane Enduranceは、ロブ・ハートッグ選手をエイドリアン・パラッソル選手の後任として、EWCライダーラインアップに加えることを決定した。

エイドリアン・パラッソル選手は、「新しいことを発見する」ため、ライダーを2シーズン務めたPitlane Enduranceを去ることを発表し、その代役として、ロブ・ハートッグ選手が新たにチームに加わる。

ロブ・ハートッグ選手(30歳)は、1970年代にグランプリライダーとして活躍したウィル・ハートッグ氏の甥にあたり、昨年のIDM(Internationale Deutsche Motorradmeisterschaft)ドイツスーパーバイク選手権2022年シーズンで3位に入賞した。

このオランダ人ライダーは、自身のキャリアの早い段階に当たる2012年にヨーロッパ・ジュニア・カップを獲得し、その後、さらに2018年、FIMヨーロッパ・スーパースポーツ・カップで優勝している。

写真:Facebook.com/RobHartog47

情報提供元 [ FIM EWC ]

おすすめの記事