Team Bolliger Switzerlandは、FIM世界耐久選手権2023年シーズンにおいて、カワサキチームとして総合5位以内に入ることを目標としており、その目標を成し遂げるためのライダーラインナップをこの度発表した。

オーストリア人ライダーのニコ・トゥーニ選手(27歳)は、Team Bolliger Switzerlandの一員として、2シーズン目となる2023年シーズンにフル参戦する。また、2021年、フォーミュラEWCカテゴリーでカワサキマシン#8を駆り、エストリル12時間レースに参戦したスイス人ライダーのマルセル・ブレナー選手も2023年シーズンにフル参戦することになった。FIMスーパースポーツ世界選手権のトップライダーであり、過去にIDMタイトルを獲得したドイツ人ライダーのパトリック・ホベルスベルガー選手が、このTeam Bolliger Switzerlandのラインナップを完成させる。なお、パトリック・ホベルスベルガー選手、24時間レースを初めて体験することとなる。

マルセル・ブレナー選手(25歳)とパトリック・ホベルスベルガー選手(26歳)は、ケビン・ボリガー監督との話し合いの結果、Team Bolliger Switzerlandから離脱するイアン・ビューン選手とイエスパー・ペリイエフ選手の後任となる。

「イアンやイエスパーと同様、ニコは、2022年に本当に良い仕事をしてくれた。だから、彼がチームに残ってくれることを、とても嬉しく思っているよ。」とケビン・ボリガー監督は語った。「ニコは、流れに乗ることができれば、予選でもいいタイムを出せるし、ウェットコンディションでもすごく速いんだよ。2022年シーズンでは、彼の耐久レースに対するモチベーションの高さを見せてくれたしね。彼は、自分自身の考えを変えることにもとても前向きで、そういうことから、彼が我々と一緒に目標を達成したいと思っているということが伝わってきたんだ。」

「マルセルは、ワールドスーパースポーツ出身の若いライダーで、2021年、我々のチームからエストリル12時間レースに参戦したんだ。彼は今年のボルドール24時間レースに参戦する予定だったんだけど、マニクールで行われたワールドスーパースポーツで転倒して、手を骨折してしまい、走行することができなくなったんだよ。24時間レースは未経験だけど、今回我々は、3つの大きなレースで彼の底力を求めているよ。でも、彼は本当に興奮しているし、これから何が起こるかわからないとも思っているようだね。彼は強くて速いよ。スイス人ライダーがチームにいることは、我々にとってもとても重要なことなんだよ。」

「パトリックは、耐久レースの経験は浅いけど、Kallio Racingから参戦していたワールドスーパースポーツでは、力強いレースを見せてくれた。だけど、彼は昨シーズン、激しいクラッシュで肘を痛めてしまったんだ。彼はドイツスーパーバイク選手権を戦うチームとも契約していて、EWCでも我々と契約してくれたので、彼をチームに迎えることができて、とてもうれしく思っているよ。また、ドイツ語を話すライダーが3人になったことで、コミュニケーションも円滑になると思うよ。」

また、ボリガー監督は、イアン・ビューン選手とイエスパー・ペリイエフ選手についても、我々に次のように語ってくれた。「イエスパーはもっとスプリントレースに集中したいようなんだ。でも、『ライダーが必要なときはいつでも呼んでくれ』って言ってくれているんだよ。イアンにはEWCのパドックで良いシートを見つけてほしいね。彼は最も経験豊富なライダーの一人だから、安定感があって、本当にうまいライダーなんだ。彼と一緒にチームを組めたことは、本当にありがたかったと思っているし、本当にうれしかったんだ。我々の間では何も問題なかったんだけど、今回、変更することに決めたんだ。」

1982年に元ライダーのハンスペッター・ボリガー氏が設立し、現在は息子のケビン氏が監督を務めるこのチームは、チャンピオンシップをリードするプライベートチームのひとつであり、EWC随一の古参チームとして、42年目のシーズンを迎えることとなった。EWC2022年シーズン最終順位では7位、プライベートチームとしては3位という好成績を収めている。

「2023年はトップ5が目標になる。」と、ボリガー監督は続けた。「この目標はトップチームがいる中、とても大きな目標であることは承知しているよ。その他にも、チーム内やサプライヤーにいくつかの変更を加えたんだ。今のところ秘密にしておくよ。というのも、フルオープンで勝負するのは好ましくないからね。でも、僕らが持っているパッケージで、僕が思っているような安定した走りをすることができれば 、我々はこのライダーと共に、きっと多くのことを成し遂げられると確信しているんだ。これからのシーズンが気になるし、始まるのがとても楽しみだね。」

FIM世界耐久選手権2023年シーズンは、4月13日から16日にかけてフランスで開催されるルマン24時間レースを皮切りに、全4戦が開催される。

情報提供元 [ FIM EWC ]

おすすめの記事