F.C.C. TSR Honda Franceのライダー、ジノ・レイ選手の家族は、彼が安定した状態を保っていることを確認し、さらに「良い方向に向かっている」という声明を先に発表した。

イギリスのトップライダーであるジノ選手は、1週間前の8月6日(土)、"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会の事前練習走行でクラッシュし、負傷した。

インスタグラムの投稿には、日本の病院でジノ選手の治療に当たっている医師からの言葉も添えられていた。そこにはこう書かれていた。

「今朝の彼の状態は安定していました。麻酔薬の量を減らすと、彼は目を開け、すぐにアイコンタクトを取るようになりました。私たちの指示で、手を握ることもできました。安全のため、もう少しの間、麻酔薬を投与しましょう。これが彼の回復にきっと役立つと思います。」

投稿者のレイとベルディーニの家族によると、ジノ選手(32)は、「短い時間だけど目を開け、足と腕を何度も動かしてくれました。」と付け加えた。良い方向に向かっているようです。皆様の応援に改めて感謝します。」

ジノ、レイとベルディーニの家族やジノの友人、F.C.C. TSR Honda Franceチーム、FIM EWCファミリー全員はいつも君の回復を心から祈っている。#KeepFightingGino

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
未分類の関連記事
おすすめの記事