Yoshimura SERT Motulのスパ24時間EWCレース優勝への挑戦は、10時間経過した直後に、シルバン・ギュントーリ選手がトップから緊急ピットインしたことにより、大きな後退を余儀なくされた。

FIM世界耐久選手権2021年シーズンチャンピオンチームは、首位を快走していたものの、現地時間の23:15になってもピットに籠っていた。

シルバン選手はEurosportのライブ中継で、「よくわからないけど、あまりいい感じじゃなかったから、今調べているところだよ。」と語った。「残念だけど、大分、時間をロスしてしまったよ。
いい感じでコントロールできていたのにね。早く修復して走れるようにしたいけど、我々にとってはあまりいいニュースではないよね。とにかく、修理して挑みなおすよ。

Yoshimura SERT Motulの遅れにより、F.C.C. TSR Honda FranceがBMW Motorrad World Endurance Teamを抑え、トップを走行している。

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
おすすめの記事