ケビン・マンフレディ選手は、ダンロップ・スーパーストック・トロフィーとFIMエンデュランス・ワールドカップのポールポジションを獲得し、チームメイトのダニー・ウェッブ選手のタイムトラベルがいかに彼をトップへと導いたかを明らかにした。

ダニー選手は、スパ・フランコルシャン・サーキットで開催されるさまざまなデモンストレーション走行やレースイベントにクラシックバイクで参加した経験があった。イタリア人のケビン選手は、EWCのために改修される前のこのサーキットのことをまったく知らなかったので、非常に厳しいレイアウトに慣れるためにウェブの知識を頼りにした。

Wójcik Racing Team STK 777 Yamahaでイギリス人ライダーのダニー選手とポーランド人ライダーのマレク・シュコペック選手とライダートリオを組むマンフレディは、「ダニー(・ウェッブ)には、バイクのこともコースのこともたくさん助けてもらった。」と語った。「彼は、クラシック・バイクレースでこのコースのことを熟知していたから、それが僕のトップタイムにつながったんだ。
それでも、まだ限界だと思っていないんだ。僕は2つのコーナーでもっと責められると思っているし、もしかしたらもう少し速く走れたかもしれないな。
今はただ、決勝でチームのために最高の結果を出したいと思っているけど、どのチームにとっても新しいレースだし、何が起こるかわからないからね。これが最大のチャレンジになるだろうね。」

ベルギー人ライダーのロリス・クレッソン選手を擁するBMRT 3D Maxxess Neversは、スーパーストッククラスで2番手となり、National Motos Honda、Team 18 Sapeurs Pompiers CMS Motostore、Team LH Racingがそれに続いた。

情報提供元 [ FIM EWC ]

おすすめの記事