華やかで熱い戦いだったルマン24時間レースとエストリル12時間レースの2戦を終え、2021年FIM EWCシーズンタイトルレースは予測不能な展開を迎えている。2021年9月18日、19日にポール・リカール・サーキットで開催されるボルドールは、暫定ランキングの上位にいる有力チームのポイント差が僅かなため、非常にプレッシャーの掛かるレースになりそうだ。

ボルドールでの優勝チームには、最大65ポイントが与えられるため、2021年のFIM EWC世界ランキングは、ル・キャステレで再び荒れる可能性がある。

ルマン24時間レースでは、Yoshimura SERT Motulが勝利を収め、エストリル12時間レースでは、F.C.C. TSR Honda Franceが優勝。しかし、ルマン24時間レースとエストリル12時間レースをともに表彰台2位でフィニッシュしたWebike SRC Kawasaki France Trickstarは、F.C.C. TSR Honda Franceと2戦ともに3位を獲得したBMW Motorrad World Endurance Team、そして、Yoshimura SERT Motulを抑え、暫定ランキングのトップを走っている。
この4チームは、その差11ポイントと接近している。そして、そのすぐ後ろにVRD Igol Experiencesが控えている。このプライベートチーム陣の最上位チームは、開幕からの2戦で7位、8位となったERC Endurance-Ducatiや、常に上位に食い込むパフォーマンスを見せつつも、不運に見舞われているYART–Yamaha Official EWC Teamの順位を上回り、ファクトリーチーム陣に挟まれながらも奮闘を続けている。

有観客開催で活気あふれるボルドール
9月18日、19日にポール・リカール・サーキットで開催される24時間レースは、各チームがそれぞれの目標に向かい、激戦を繰り広げるだろう。

カワサキチーム、Webike SRC Kawasaki France Trickstarは、トップの座を守るために戦う。F.C.C. TSR Honda Franceは、世界ランキングでの上位進出を目指す。BMW Motorrad World Endurance Teamは、FIM EWCでの初優勝を目指し、準備を進める。エストリルで2度のクラッシュを喫したYoshimura SERT Motulは、全力で失ったポイントを取り戻しに来るだろう。VRD Igol Experiencesは、表彰台に上る可能性を持つプライベートチームのトップチームとして、そのポジションをキープし続けている。ERC Endurance-Ducatiは、パニガーレを完璧なエンデュランスマシンにするため、開発を続けている。YART-Yamaha Official EWC Teamは、何としても優勝という戦略のみで、ル・キャステレの戦いに臨むであろう。

他にもWójcik Racing Team、Moto Ain、Tati Team Beringer Racing、Bolliger Team Switzerlandなどのチームが上位争いに食い込んでくることが予想され、非常に見応えのあるレースになりそうだ。

ファンからの声援も力となる。2021年ボルドールは、2021年9月18日-19日に開催され、2020年初頭にコロナウイルス問題が始まって以来、初めて有観客レースとなる予定だ。

チケットは、boldor.comで購入できる。

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
おすすめの記事