ボルドールとルマン24時間レースに続き、ポーランドのヤマハプライベートチーム、Wójcik Racing Teamが、エストリル12時間レースでのEWC ダンロップ・インディペンデント・トロフィーで優勝し、総合でも表彰台を獲得した。Team AviobikeとWójcik Racing Team 2の前にゴールしたWójcik Racing Teamは、EWC ダンロップ・インディペンデント・トロフィーの優勝者に与えられる€4,000の賞金を手にした。

Wójcik Racing Teamは、FIM世界耐久選手権において、間違いなく注目すべきプライベートチームである。Wójcik Racing Teamは、エストリルで今シーズン3度目のEWC ダンロップ・インディペンデント・トロフィーの優勝を果たし、優勝者に与えれる賞金€4,000を獲得した。また、総合でも、シーズン最終戦となったエストリル12時間レースで、ジノ・レイ選手、ブロック・パークス選手、シェリダン・モライス選手のライダートリオが3位入賞を果たし、表彰台に上った。これは、ボルドールでの2位入賞と合わせ、Wójcik Racing Teamは、2019-2010年FIM世界耐久選手権において、最速のファクトリーチームと対等に戦いあい、実力で4位を獲得したことを意味する。

また、エストリルでのEWC ダンロップ・インディペンデント・トロフィーでは、スーパーストッククラスの2チームが、表彰台を獲得した。総合11位でゴールしたTeam Aviobike(ジョバンニ・バッジ選手、アンドレア・ボスコスクロ選手、クリスチャン・ナポリ選手)は、EWC ダンロップ・インディペンデント・トロフィー準優勝と賞金€3,000を獲得。

スーパーストッククラスに参戦するWójcik Racing Teamのサテライトチーム、Wójcik Racing Team 2は、3位に入賞、賞金2,700ユーロを獲得した。ヤマハマシンに乗るマレック・シュコペク選手、エイドリアン・パセック選手、クリストファー・バーグマン選手は、12時間レースを12位でゴールした。

また、今回のレースでは、EWC ダンロップ・インディペンデント・トロフィーの4〜8位までの5つのプライベートチームにも、2,300ユーロから1,250ユーロの賞金が手渡された。

EWC ダンロップ・インディペンデント・トロフィーは、FIM EWCのプロモーターであるEurosport EventsとFIM世界耐久選手権の各レースの主催者、タイヤメーカーのダンロップにより、5年連続で開催されているもので、コンストラクターから直接サポートを受けていないダンロップタイヤを使用しているプライベートチームを支援するものだ。2019-2020シーズンの2つの24時間レースでの賞金は、1万ユーロ増額され、ダンロップタイヤを使用するプライベートチームを支援するための賞金総額は、12万ユーロとなった。

2020エストリル12時間レース - EWC ダンロップインディペンデント・トロフィーランキング

Cl Team Nat Bike Model Cat Prizes
1 77 Wójcik Racing Team POL Yamaha YZF-R1 EWC  4 000  €
2 101 Team Aviobike ITA Yamaha YZF-R1 SST  3 000  €
3 777 Wójcik Racing Team 2 POL Yamaha YZF-R1 SST  2 700  €
4 34 JMA Motos Action Bike FRA Suzuki GSX-R1000 SST  2 300  €
5 44 No Limits Motor Team ITA Suzuki GSX-R1000 SST  2 000  €
6 199 Artec FRA Kawasaki ZX-10R SST  1 750  €
7 12 LCR Endurance FRA Yamaha YZF-R1 SST  1 500  €
8 31 British Endurance Racing Team GBR Suzuki GSX-R1000 EWC  1 250  €

情報提供元 [ FIM EWC ]

おすすめの記事