本日8/29正午(CEST)にスタートするルマン24時間レース決勝の前に行われたウォームアップ走行では、優勝候補チームたちがトップグループを独占していた。

晴天に恵まれたとはいえ、まだ気温の低いコースで、ルマン24時間レースに出場する各チームは、スタート直前までセッティングを行っていた。

BMWファクトリーチームのBMW Motorrad World Endurance Teamは、BMWにルマン24時間レースでの初優勝をもたらす決意を見せるがごとく、ウォームアップ走行での最速タイム(1分40秒534)をたたき出した。

その後ろには、Webike SRC Kawasaki France Trickstar、ポールポジションを獲得したYART Yamaha、F.C.C. TSR Honda Franceが1分41秒444から1分41秒876までのほぼ同タイムを記録した。

Suzuki Endurance Racing Teamは、いつものウォーミングアップの方針に沿ってレースに向けて着実に準備を進め、今朝のウォームアップ走行では、ドゥカティファクトリーチームのERCエンデュランスを抑えて5番手のファステストラップを記録した。

スーパーストッククラスでは、ウォームアップを15位前後で終えたチーム(Team Moto Ain,、BMRT 3D Maxxess Nevers、予選でスーパーストッククラス最速タイムを記録したTeam 33 Coyote Louit Moto、GERT56 by GS Yuasa、No Limits Motor Team)の中で優勝争いが繰り広げられそうだ。

第43回ルマン24時間レースは、8月29日(土)正午(中央ヨーロッパ夏時間、日本時間:同日19:00)にブガッティ・サーキットで、ドミニク・メリアン氏によってスターティングフラッグが振られ、開始となる。

FIM EWCのウェブサイト、ソーシャルメディア(fimewc.com、FIM EWCスマートフォンアプリでのライブ配信、Facebook、Instagram、YouTubeでの専用コンテンツ、Twitterでのレースのライブアップデート)で、ルマン24時間レースをフォローしよう。

2020ルマン24時間レース - ウォームアップ走行結果

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
おすすめの記事