クアラルンプールに、これまで見たことのない光景が広がった! 8台のFIA WTCR/Oscaro マシンと、FIM EWC に参戦する14台のバイクが、マレーシアの首都中心部でパレードを行ったのだ。

今週末、セパン・インターナショナル・サーキットで開催されるFIA / FIMのダブルヘッダーイベントに参戦するチームも、パレードを多いに楽しんだ。セパン8時間とWTCRの最終戦に参戦するチームが火曜日の夜、クアラルンプールの市街地でSICとマレーシア観光局が主催したペトロナス・ツインタワーから、サルタン・アブドゥール・サマッドビルまでの大パレードに参加した。

行き交う交通の中で(一時的に警察が封鎖)、日曜日のFIA WTCR/OSCAROの最終戦レース・オブ・マレーシアに参戦する8台のマシンと、セパン8時間のスターティンググリッドに並ぶ14台のバイクが市街地に登場すると、人々の目は釘付けとなり、その場は一気に盛り上がりを見せた。参加者も、暑さと渋滞の中でオーバーヒートに気を払いながら、同様に沸き立った。

マシンは、レース・オブ・マレーシアのPRの一環として、この日の終わりに市街地に登場、その後、セパン・インターナショナルサーキットに戻っていった。

セパン8時間に参戦する51台の1回目のプラクティスは、明日の午前にセパンで行われる。

情報提供元 [ FIM EWC ]

関連キーワード
トピックスの関連記事
おすすめの記事