【3,000円以上で完全送料無料!】
3月1日(日)「ウェビック在庫品」当日出荷停止について【Webikeショッピング】
DIABLO ROSSO II【120/70 ZR17 M/C (58W) TL】ディアブロ ロッソ II タイヤ

PIRELLI:ピレリDIABLO ROSSO II【120/70 ZR17 M/C (58W) TL】ディアブロ ロッソ II タイヤ

商品番号
2291900
価格
¥16,937(税込)
商品情報
チューブレスタイヤ
ラジアルタイヤ
フロント用
リム径(インチ):17
公道走行:◯
タイヤ小分類:オンロード・スポーツ
タイヤ幅(mm):120
荷重指数:58
扁平率(%):70
スピードシンボル:W
対応タイヤサイズ:120/70 ZR 17 M/C (58W) TL
★★★★★ 3.8 (5)
星5つ

1件
星4つ

3件
星3つ

0件
星2つ

1件
星1つ

0件
コストパフォーマンス 5.0
ハンドリング 5.0
ドライグリップ 5.0
良い点
  • グリップとライフのバランスが良い(1人)
  • グリップはいい(1人)
  • コストパフォーマンス(1人)
  • 最高のオールラウンダー(1人)
悪い点
  • ケースが硬い(リアよりも)(1人)
  • 感触が伝わって来ない(1人)
  • 走り始めでは全くない(1人)

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

PIRELLI ピレリ:DIABLO ROSSO II【120/70 ZR17 M/C (58W) TL】ディアブロ ロッソ II タイヤのインプレッション一覧

インプレッションを車種で絞る 新機能
インプレッションの並び順を変える
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 23件 / Myバイク: ZRX1100  |  アドレス125 )
適合車種と関連したインプレッション
5.0 [ コストパフォーマンス:5  | ハンドリング:5  | ドライグリップ:5 ]
取付車種:
ZRX1100
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後
  • 最高のオールラウンダー
  • 走り始めでは全くない

M(メッツラー).M5からの交換です。

スポーツツーリング系なら、どの銘柄を選ぼうとも大差なく皆優等生タイヤだと思う。

自分には前のM5とロッソ?の大きな違いは分からなかった。

ひとつ明確に思ったのは、タイヤは最後まで使い切るのではなく、いくらか手前の距離、期間での早めの交換が良いという事。前のM5は7千200KM乗ったが、6千KM前には交換しておいた方が良いと感じた。

なにせフレッシュタイヤは止まる曲がる加速するについてはユーズド末期とは比べ物にならない性能が発揮される。イコール安全走行に繋がる。余裕を持って走れるからだ。

ワインディングのコーナーは回転弧が小さく自由度のあるライン選択ができる。ユーズド末期は同じコーナーでも弧が大きくなって外にはらんでしまう事があった。うっかりセンターを割りそうになった事多々あり。

タイヤ交換で走るのってこんなに楽しかったんだと思い直した。

ロッソ?とM5の違いをあえて挙げるなら、全体的に硬いのはM5。路面の凹凸を良く拾う。コーナリングはM5はシャープ、ロッソ?はそれよりかはマイルド。路面に張り付いてる感を感じる。乗ってラクなのはロッソ?。ライダーが仕事してる感が強いのがM5。また乗ってスグの温まりが早いのはM5かな?。ただ性能に差はないと思う。どちらも優秀なタイヤには違いない。

まあもう少し走るとロッソ?に慣れるから、違いは分からなくなるだろう。後はライフだけど、二年半で、6千キロ走ってくれれば良いかな。この2つの銘柄以上に楽で軟らかく路面に張り付いてる感を多く感じたのがD.ロードスポーツ。ライフは4千と短めだったけどこちらも良いタイヤ。

3銘柄それぞれ後継モデルが出ているが、この度交換したロッソ?で自分は充分満足している。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 3件 )
4.0
取付車種:
WR250X
  • グリップとライフのバランスが良い
  • ケースが硬い(リアよりも)

自分でタイヤ交換したのですがとにかくタイヤ全体が硬めです。結局片側はビード硬くて知り合いのプロに機械で嵌めてもらいました。自分で組もうとしている人は頑張って下さい。

ロード2を以前に履いていたのでそちらとの比較になります。
・ケースが硬め
・サイドウォールも硬め
・ビードが凄くしっかりしている。
・250の車両ですがZR規格でも問題はないと感じた

こんな感じです。ケースが硬めと記載しましたが個人の感想です。ケース等硬めなのはどうもロッソ2の性格のようで他のピレリのタイヤはロッソ2に比べると軟らかいと感じました。ですので、自分はタイヤの空気圧はロード2よりも落としています。
しかしグリップ感はしっかりと感じますのでピレリタイヤの構造が優れているのだと思います。
自分はサーキットをたまに走りますがそれ程磨耗が早く感じませんでした。4000~5000km位は持つのではないでしょうか?
参考になれば幸いです。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった3人/3人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 95件 )
適合車種と関連したインプレッション
4.0
取付車種:
CBR600RR
  • コストパフォーマンス

    フロントタイヤに使用。5月にナンカンのローディアックより交換して、6、000km走行後のインプレになります。
    使い方としては街乗り、ワインディング、ジムカーナとミニサーキットと幅があるのですが、どのシチュエーションにおいても申し分ないグリップを発揮しています。溝の本数も結構多いので、ウエットでもタイヤが浮いて不安に……ということは今のところなし。

    温まりは街乗りでゆったり乗っている分には少し遅いような気もしますが、ミニサーキットなどではブレーキでしっかり揉んでやるとすぐにグリップしている印象です。元々がツーリングタイヤからの交換ということもあり、その豊富なインフォメーションに満足しています。

    タイヤのラウンドが結構あるという印象を受けましたが、実際に中々エッジの方まで行きませんので、実際にタイヤの扁平率はキツめのようです。以前履いていたBT-003だとエッジ付近までかなり簡単に寄っていましたが、ロッソ2は同様にはいきません。

    ミニコース走行後などのタイヤに負荷を掛けた後に触ってみると、ねちっこい感触です。表面の荒れ方は極端に酷くなく、持ちはかなり良い感じです。現時点でまだスリップサインまで少し余裕がありますし、1000kmロングツーリングやストッピー練習でのスリップ等もあってのこのライフですから、フロント荷重のキツいSSに履かせるスポーツタイヤとしては、十分ロングライフではないでしょうか。完全にサーキットユースではもちろんもっと寿命が短くなるでしょうが、街乗りもしつつサーキットやワインディングを楽しむというのであれば、かなりコストパフォーマンスは高いと思います。今のペースだと8000kmまでは普通に持ちそうですし、現時点でのグリップ低下は特に感じません。

    美味しい時期が長く続いているということを考えると、価格は少々高いものの、結果としてPIRELLIの方が他社よりもコスパは優れるかと思います。サスをある程度合わせてやれば、100キロオーバーからのコーナー進入でもしっかりとタイヤがグリップし、安心して減速しながらスムースに寝かして侵入していけます。ツーリングタイヤでもグリップ自体はするものの、路面からの情報量が圧倒的に違いますので、スポーティにバイクを使いたい、かつ街乗りでも使用したいというのであれば、このタイヤはかなり満足度が高いと思います。

    ※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

    参考になった8人/8人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    さん (インプレ投稿数: 22件 / Myバイク: NS-1  |  RG250ガンマ  |  1098 )
    2.0
    • グリップはいい
    • 感触が伝わって来ない

    サスが硬いと評判の1098Sに納車時に付いてました
    初めてのピレリでしたが、前愛機に履かしていたパワーパンと比べると硬い印象で、BSの様な感じでした

    サスのセッティングを出す前に交換したので一年くらいしか履いてませんが、接地感に乏しくグリップしてるのかどうか不安でした

    現在はセットも決まったのでこの状態でまた履いてみたいですね

    ※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

    参考になった3人/4人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    さん (インプレ投稿数: 0件 )
    4.0

    Ducati Monster1100EVOの新車時に付いていたタイヤが、7700kmでフロントのみスリップサインが出たため、同じDIABLO ROSSO II にフロントタイヤのみ交換しました。
    用途はツーリングと街乗りで、峠やサーキットを攻めたりはしません。

    タイヤからの情報が手に伝わってくる感触がする、グリップ感あふれるタイヤで、ドライだけでなく濡れた路面での安心感も高いと思いました。
    手で触るとペタペタするため、グリップ力も高いと思います。
    新品に交換したところ、すごく寝かしやすくなったので、スリップサインが出る前に交換しておくべきタイヤだなと感じました。

    パワーが100馬力程しかなく車重も180kg台のMonster1100だとフロントとリアの減り具合が極端に異なることから、車重が200kgを超え馬力も200PS近い、リアへの負担が大きいメガスポーツやSSにちょうどいいような気がします。

    素人の測り方なので参考にならないかもしれませんが、新品フロントのスリップサインまでの溝が3.8mmあり、7700km走ったリアはスリップサインまでの溝が2.5mmも残っていました。
    Monster1100への装着はフロント交換2回の間にリアは1回ですむので、ある意味経済的ともいえます(タイヤの賞味期限と言われている2年程の間にリアを1回交換するという前提で)。

    ※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

    参考になった6人/6人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    PIRELLIDIABLO ROSSO IIシリーズ商品一覧

    すべての商品を見る

    PAGE TOP