バイク用ヘルメット Webike 特集

バイク用ヘルメット


バイク用ヘルメット

ライディング中の快適性や、転倒時の安全に大きく関わるヘルメット。
用途に合った種類や、頭の大きさに合ったサイズの測り方など、ヘルメットの選び方の基準となる基本的な知識をご紹介いたします。

ヘルメットの種類

「ヘルメット」と一口に言っても、様々な種類があります。

  • フルフェイスヘルメット
    ・頭の全てが覆われるので安全
    ・空気力学を取り入れた形状で高速走行時の疲労を軽減
    ・サーキットから街乗りまで走行シーンを選ばない
    ・エアベンチレーションを搭載しているものの、夏は暑い
    ・ヘルメット自体が大きいので、持ち運びには不便
    ・視界が狭い
  • システムヘルメット
    ・フルフェイスヘルメットとジェットヘルメットの良いとこどり
    ・メガネを着けたままでも脱着可能
    ・ヘルメットを被ったままでの飲食が可
    ・フルフェイスと比べると防護性能に劣る
    ・ジェットヘルメットと比べると重たい
    ・サーキット走行は不可の場合がある
  • ジェットヘルメット(スポーツタイプ)
    ・顎部分が空いているので涼しい
    ・視界が広く開放的
    ・メガネを着けたままでも脱着可能
    ・ヘルメットを被ったままでの飲食が可
    ・顎部分の防護性が低い
    ・ヘルメット自体は大きいので、持ち運びが不便
    ・サーキット走行は不可の場合が多い
  • ジェットヘルメット(カジュアルタイプ)
    ・凝ったデザインのものが多くファッション性が高い
    ・シールド取付可能モデルであれば、雨でのライディングもOK
    ・帽体が小さ目なものが多く、持ち運びしやすい
    ・フルフェイス、ジェットヘルメットと比較して安全性に欠ける
    ・シールドの固定方法が3点ボタン式の物が多く、外れてしまう事がある
  • 半帽タイプヘルメット
    ・ヘルメット自体が小さいので、持ち運びに便利
    ・頭部のみの形状なため、脱着がとても簡単
    ・頭部しか守る事が出来ないため、安全性が低い
    ・衝撃を受けた際に、ヘルメットが脱げてしまう事があり、危険な可能性がある
    ・排気量125cc未満でしか使えないモデルがあるので、購入時に注意が必要
  • オフロードヘルメット
    ・前走者の巻き上げた泥が視界を塞がないようにバイザーがガードしてくれる
    ・チンガードが張り出ていて、呼吸がしやすい。また、転倒時に顎が直接当たりにくい
    ・オフロードジャージと同じシリーズのカラーリングが用意されている事が多く、デザインを統一する事ができる
    ・シールドの無いモデルが多く、ゴーグルも必要となる事がある
    ・公道使用不可のモデルがあるので、購入時に注意が必要
    ・オフロードでの使用を前提にしたモデルが多く、耐衝撃性がフルフェイスヘルメットに比べて低い場合がある

サイズの測り方

サイズが大きすぎると、転倒時衝撃が正しく吸収されず危険です。逆に小さ過ぎると頭が圧迫されて長時間のライディングに支障をきたします。頭の大きさに合った正しいサイズを選びましょう。

メーカー別 参考サイズ (単位:cm)
Arai
XS S M L XL
53-54 55-56 57-58 59-60 61-62
SHOEI
XS S M L XL XXL
53 55 57 59 61 63
OGK
XS S M L XL XXL フリー
53-54 55-56 57-58 59-60 60-61
61-62
63-64 57-59
57-60

カラータイプ

主にフルフェイスヘルメット・ジェットヘルメットに該当するカラータイプです。

  • ソリッド
    ソリッドカラータイプとは、ヘルメットのカラーリングが一つの色(単色)で構成されているものを表します。
    例えば、真っ白なヘルメット、真っ黒なヘルメットなどが該当します。
    色が単色、つまりシンプルです。ネイキッドからスーパースポーツ、ミニバイクなど車両の外観やカラーリングと合わせやすいのが最大の特徴です。
    また、単色にピンストライプを描いてもらって楽しむという事も可能です。
  • グラフィック
    グラフィックカラーとは、ヘルメットのカラーリングが複数の色(複色)で構成されているものを表します。
    広義には、後述のレプリカカラーもこのグラフィックカラーに含まれます。
    Webikeでは、レプリカカラーを含まない複色のヘルメットをグラフィックカラーとして定義しています。
  • レプリカ
    レプリカカラーとは、MotoGPや全日本ロードレース選手権などのレーサー(選手)がかぶっているヘルメットのカラーリングを模したカラータイプです。
    憧れのレーサーがかぶっているヘルメットのレプリカカラーをかぶる事で、テンションが上がること間違いなし!
    派手めなカラーリングが多いので、バイクの外観やカラーリングと合わせるのが少し難しいかもしれません。

安全規格

ヘルメットの安全規格。これらのマークがヘルメットの安全性の指標になります。

  • SG
    SGマークは一般財団法人である「製品安全協会」が定めた規格に認められている製品であることを表しています。
    この規格は日本でヘルメットを販売する上で、ほぼ強制的に通すことが必要になっているのが現状です。
    なので、「強制規格」と呼ばれることがあります。
    また、SGマークと並列して、PSCマークという規格も存在しています。
    このPSCマークは、消費生活用製品安全法における基準を満たしている事を表しています。
    つまり、政府がヘルメットとして販売して良いという事を示しています。
  • JIS
    JIS規格(日本工業規格)は経済産業省が定めた安全規格です。 規格の審査内容は、耐衝撃性・耐貫通性など多岐に及んでいます。 ただし検査内容に関しては、JIS規格よりもSNELL規格の方がより厳しい内容となっています。 また、2016年時点では、JIS規格は1種・2種の二つに区分されており、それぞれ、1種が125cc以下、2種が排気量無制限向けの審査となっています。 安全面を重んじるのであれば、このJIS規格はもちろんの事、更にSNELL規格もパスしているヘルメットを選ぶ事をおすすめします。
  • SNELL
    スネル記念財団によって制定された規格です。SNELL規格は5年に1回、規格内容の見直しを行っています。
    特に耐衝撃性に対する強度を重視した規格設計になっていて、この規格にパスしているヘルメットは強度面において、とても安心できるヘルメットだと言えるでしょう。
    SNELL規格は、進化したバイクに対応するための、5年に1回の規格内容の見直し、強度の対するとても厳しい審査は、まさにヘルメットの安全性において信頼できる規格だと言っても過言ではないでしょう。
  • MFJ
    「MFJ公認」は上述の規格とは毛色が異なり、厳密には安全規格ではありません。
    MFJ公認のヘルメットは、MFJ公認のレースに参加する場合に重要になってきます。
    またMFJ公認ヘルメットの中でも、白・銀・金など色による種類わけがあり、その種類により参加できるレースが異なってきます。
    MFJ公認のレースへ参加を検討している方は、ヘルメットにMFJ公認ステッカーが貼付されているか、その種類はレギュレーションに適しているものかを必ず確認するようにしましょう。
PAGE TOP