オイルの基礎知識を学んで、愛車に適したオイルを選ぼう!

バイクのエンジンオイル交換は、バイク本来の性能を発揮するだけでなく、愛車の寿命を長く保つ上でも重要な作業です。
ここでは、「もはや当たり前?」「実は知らなかった?」 なオイルの基礎知識についてまとめました。
仕組みが分かれば選ぶオイルも管理の仕方も変わってくるかもしれません。もう一度、オイルについて再確認してみましょう。

ココは知っておきたいオイルのアレコレ

エンジンオイルの役割

そもそもエンジンオイルの役割って何?
エンジン内部でのオイルの働き

エンジンオイルはエンジン本来の性能を維持するために下記の役割を持っています。

【1】潤滑作用

エンジン内部の金属の接触面に油膜を作る事で、摩擦を少なくしエンジンをスムーズに動かします。

【2】洗浄作用

エンジン内部を循環しながら、ごみや金属粉などの汚れを取り込み、エンジンをキレイに保ちます。

【3】冷却作用

オイルがエンジン内部を通ることで、エンジンで発生した熱を奪って冷却します。

【4】密封作用

シリンダーとピストン、ピストンリングの間には動くためのごくわずかな隙間があります。オイルはこの隙間を密封してガスの吹き抜けを防ぎ、エンジン本来の出力を維持します。

【5】防錆作用

オイルがエンジン内部の金属面に薄い油膜を作ることで、空気や水分を原因とする金属面の錆を防ぎます。

エンジンオイルの品質

オイルの品質規格って何?

エンジンオイルは酸化安定性や防サビ・防食、磨耗防止性など、その品質のグレードを示すために品質規格が設けられています。よく目にする例としてはAPI規格適合マーク(通称ドーナッツマーク)があり、その規格に承認されているオイルの缶に表示されています。
API規格は品質により現在12段階でグレードされており、SAからSNに向かって高グレードとなっています。

オイルの品質

エンジンオイルの粘度

オイルの粘度って何? 5W-30とか10W-30とか何のこと?

エンジンオイルの粘度は、5W-30や10W-30といったSAE規格(米国自動車技術者協会)によって表示されます。
左側に表示される数値が低温時の粘度となり小さいほど気温が低い時の始動性に優れます。一方、右側の数値は高温時の粘度となり、高いほど硬いオイルとなり、強い油膜を保持します。
車種によって推奨のオイル粘度が違うので、サービスマニュアルやメーカーHP等で確認しましょう。

オイルの粘度

ベースオイル

鉱物油とか化学合成とか、それって何が違うの?

エンジンオイルはベースオイルの違いによって「化学合成油」「部分合成油」「鉱物油」3種類に大きく分けられます。
もっとも普及しているのは鉱物油でコストパフォーマンスに優れます。化学合成油は化学的に合成されたオイルで高い品質を誇りますが、コスト高となります。部分合成油は両者を混合したもので、その混合比率によってコストも品質も変わってきます。
予算や目的に合わせて自分にベストなオイルを選びましょう。

オイルの種類

エンジンオイルの交換時期

オイルの交換時期っていつ?

オイルフィルターオイル交換時期の一般的な目安としては、前回のオイル交換から走行距離が3,000km~5,000kmの場合または6ヶ月毎が挙げられます(オイルフィルターの交換はオイル交換2回に1回)。
使用頻度も高く、距離も走る方は走行距離での管理。使用頻度が低く、さほど距離を走らない方は期間で管理。という管理方法も分かりやすくて良いかもしれません。自分にあった管理方法を決めるのも楽しみのひとつです。

※例外として新車の1回目の交換、レーサーエンジンの早い交換サイクルがあります。

エンジンオイルのトラブル

オイルの管理ができていないとどんなトラブルがあるの?

オイルの管理によるエンジンのトラブルは

【1】オイル量の管理ミスによるトラブル

エンジンオイルは規定量から、多すぎても少なすぎてもエンジンの故障や不調の原因となります。
少なすぎる場合、十分な潤滑や冷却が行われないため、最悪の場合、焼き付きなどの重大なトラブルを招くことになります。
一方、多すぎる場合はエンジン内部の抵抗が大きくなり、大幅なパワーロスや始動性の低下などを引き起こします。また白煙が出たり、オイルのにじみなども多く入れ過ぎた場合に見られる症状です。

【2】オイルの劣化によるトラブル

エンジンオイルはその役割の性質上、徐々に汚れや粘度の低下といった劣化症状を起こしていきます。もちろん劣化したオイルを交換せずに走り続けることで、エンジンに悪影響を及ぼします。例としては

【洗浄作用の低下によってエンジン内部に汚れが蓄積してしまう】
【粘度の低下によって金属摩擦を軽減できなくなってしまう】

など本来の性能を発揮できない状態になります。
これを放置するとエンジンの不調だけでなく、最悪の場合、焼き付きなどの大きな故障に至ります。定期的なオイルの交換はバイク本来の性能維持だけでなく、結果としては大きなトラブルを防ぎ、無駄な出費を出さないための必須メンテナンスなのです。

【3】オイルのセレクトミスによるトラブル

ここで気をつけたいのはオイル粘度の選択です。エンジンはその特性により推奨のオイル粘度があります。その粘度から大きく離れたオイルを入れて走行する事はエンジンを傷める原因となります。
柔らかすぎるオイルの場合、油膜が切れやすくなり、金属同士が直接摩擦する状態を作り出し、エンジン内部の傷や焼き付きを引き起こしてしまいます。では硬ければ良いのかというと、こちらはエンジン内部に想定外の抵抗を生むことになり、エンジン本来の性能を損なってしまいます。
オイルを選ぶ際には自分のバイクに適切な固さのオイルを選びましょう。

その他のウェビックおすすめ情報

  • EWC世界耐久選手権第3戦「ボルドール24耐」開催記念!21日までのレースウィーク期間限定で全商品+3%、対象ブランドなら最大+8%ポイント還元!
    9月18日・19日はボルドール24耐!ウェビックではオフィシャルパートナーとして、参戦チームが使用しているブランドを対象に最大+5%ポイント還元!さらに期間限定で全品最大+3%ポイント還元も同時開催!期間をお確かめの上、お得にお買い物を!
  • ボルドール24耐、9/18(土)開催!レース情報を随時更新中!
    レース情報をチェックしてEWCボルドール24耐を応援しよう!開催に伴い、大人気企画「順位を当ててポイントゲット」もやります!予選・決勝の優勝チームとメーカーを予想してポイントをゲットしよう!奮ってご参加ください!
  • 毎日乗るバイクだからこそいいタイヤ!ミシュランスクータータイヤ+10%ポイント還元中!
    ミシュランのスクータータイヤは天候や路面の変化に強く、どんな路面でも安定した性能を発揮します!通勤通学にはコストと性能のバランスが取れた安心安全のミシュランがおすすめ!
  • ドッペルギャンガー製品 秋のツーリング応援セール開催中!
    秋といえばツーリングにキャンプ!そんなライダーを応援してドッペルギャンガーの対象商品を大幅値引き&エントリーで+10%ポイント還元セール開催中!あの話題の人気テントも大特価でご提供。このチャンスをお見逃しなく!
  • ブレンボ 対象商品最大+10%ポイント還元中!さらに一定金額以上ご購入いただくと抽選で非売品タンブラープレゼント!
    ブレンボの「UPGRADE」シリーズ登場でさらに選びやすく買いやすく!Webikeでは期間中、対象商品を最大+10%ポイント還元いたします!さらに、非売品のブレンボオリジナルタンブラーがもらえちゃうかも?
  • アプリからバーコード検索をして、商品を購入すれば最大+10%ポイント還元!
    Webikeアプリでバーコード検索を行った商品をWebikeでご購入いただくと全品ポイント+5%還元!さらにキャンペーン対象カテゴリの商品は最大ポイント+10%還元中です!セール・キャンペーン対象商品にもご利用いただけます♪