バイク用品&インプレッション ウェビックへようこそ

 年
    適合パーツを見る Myバイクを登録 ×

    イメージ01Webike TEAM NORICK YAMAHAは、現在全日本ロードレース選手権J-GP2クラスに参戦している野左根航汰選手をサポートしようと、2010年3月に設立されました。
    J-GP2クラス参戦3年目となる2013年は、9月29日の岡山ラウンド終了時点で6戦中3勝しており、ポイントランキングでも首位に立っています。
    チームと野左根選手は、J-GP2クラスでチャンピオンになることはもちろんのこと、MotoGP日本グランプリのMoto2クラスワイルドカード参戦を足がかりに、最高峰であるMotoGPチャンピオンを目標としています。

    2010年にウェビックが全面的にチームをサポートする以前、野左根選手をはじめとする将来を担う若手ライダーは、チームノリックジュニアのもとで実戦的な育成を受けてきました。
    チームノリックジュニアは、その名の通り、世界に愛された故阿部典史選手(通称ノリック)が2006年に世界に通用するライダーを育成しようと発足させたレーシングチームです。
    日本人ライダーも、世界のトップライダーたちと互角に戦える。世界グランプリで3勝し、17回表彰台に立ったノリックは、そのことを実証しました。世界の舞台でよい成績を残すことが話題性を呼び、ひいては日本の2輪モータースポーツ発展につながる――――。
    だからこそノリックは、後進の育成に積極的に取り組んでいました。
    ジュニアのライダーの中でも野左根選手は、「世界を狙える選手」になる将来性と素質を見込まれました。
    そして、2010年にチームとウェビックとの出会いをきっかけに、サポート体制も一新して、Webike TEAM NORICK YAMAHAが誕生しました。
    しかし、今、全日本でのチャンピオンはもちろんのこと、世界を相手に戦う日本人ライダーをMotoGPに送り出すという私たちの夢は、決して夢で終わらないものへとなっています。

    ■阿部典史選手についてイメージ021975年、東京都世田谷区生まれ。オートレーサー選手であった阿部光雄氏(現Webike TEAM NORICK YAMAHA監督)を父に持ち、幼い頃からバイクレースに親しんできました。
    15歳で単独渡米し、ダートトラックやモトクロスの経験を積んだ後、18歳で全日本ロードレース選手権にフル参戦し、最高峰の500ccクラスで史上最年少チャンピオンとなりました。
    翌年、1994年には当時の世界最高峰であるロードレース世界選手権WGP500ccクラスにスポット参戦して、日本GPでデビュー。1995年からはフル参戦し、1996年には、日本GPで日本人としては1982年の片山敬済選手以来となる初優勝を飾りました。
    その後、WGPがMotoGPへと改変され、ノリックも2004年シーズンまでMotoGPに参戦し、2005年からはスーパーバイク世界選手権に舞台を移して第一線の選手として活躍していました。
    しかし、2007年10月、交通事故により32歳の若さで急逝しました。
    9回の世界チャンピオンを獲得したバレンティーノ・ロッシは、ノリックの大ファンであることを公言しており、ロッシのマシンにある「ろっしふみ」のステッカーは、ノリックがロッシの敬愛するライダーであることを意味しています。

    イメージ03

    ■近年のレース成績

    2010年 J-GP3クラス ランキング9位
    2011年 J-GP2クラス ランキング7位
    2012年 J-GP2クラス ランキング3位
    2013年 J-GP2クラス ランキング1位 3勝(9月29日現在)

    ■生年月日

    1995年10月29日 17歳(2013年9月現在)

    ■身長 / 体重

    ■出身地

    170cm / 60kg千葉県柏市
    3歳の頃、父親の友人の子供がバイクに乗っており、一緒に練習に誘われたことがバイクとの出会いでした。ミニバイクレースは早くも5歳の時から始めています。10歳の時、自宅近くのミニサーキットでいつものように練習をしていたところ、チームノリックジュニアのライダーとなる逸材を探しにきていたノリックと光雄氏に走りを見込まれて声をかけられたことが、ライダー野左根航汰の将来を変えることとなりました。
    小学校5年生の頃、テレビでMotoGPを観てバレンティーノ・ロッシに憧れ、プロのライダーになろうと決めました。彼の目標とするライダーは、ノリックとバレンティーノ・ロッシです。ライダーとしての目標は「MotoGPのチャンピオンになること」。

    ■ファンへのメッセージ去年のMoto2 は残念な結果になってしまいましたので、今年はシングルフィニッシュを目標にしています。
    モタードの特訓やレースをするなど肉体面のトレーニングも欠かしていませんし、今年の全日本ロードレース選手権ではトップで周回することが多かったのでメンタル面も鍛えられました。 今年のMoto2ではシングルフィニッシュ、全日本ロードレース選手権ではシリーズチャンピオンを獲りますので、引き続き応援よろしくお願いします!

    イメージ04

    ■監督

    阿部 光雄

    ■ライダー

    野左根 航汰

    ■チーフメカニック

    永安 公造
    ■ヘルメットとマシンカラー 野左根航汰選手が被るヘルメットは、ノリックが現役時代に使用していたノリックシグネチャーモデルで、マシンカラーもヘルメットに合わせたものとなっています。ゼッケンナンバーは31。

    イメージ05「ウェビックの社員はバイク好きのライダーであり、ライダーであるお客様と同じ目線で、バイクライフをより楽しんでもらおうとウェビックを運営してきました。私達のビジネスは、単に商品やサービスを販売するだけではなく、日本のバイク業界全体がより活性化し、多くのライダーにもっとバイクを楽しんでもらいたいという信念にもとづいています。
    私自身も学生時代はレースに没頭し、原田哲也選手に憧れていました。ご縁があって、阿部監督に出会い、世界で活躍する日本人ライダーを送り出したいという思いに共感しました。以来、スポンサーとしてだけではなく、メカニックなどの人的面からも全面的にチームをサポートし、私たち自身もレース活動を通じて成長しました。
    当時、中学生だった野左根選手は現在、全日本のチャンピオンを獲得できるポジションに立っています。彼もまた、この3年間でライダーとしても人間としても本当に成長しました。
    日本には世界に誇れる素晴らしいバイクメーカーやパーツメーカーがあります。しかし、世界の舞台で戦うライダーは欧米勢に席巻されています。
    今回のワイルドカードでの参戦は、チームにとっても野左根選手にとっても世界に挑戦する重要な試金石となります。日本人ライダーがかつてのノリックや現在のマルケスと同じように世界を沸かせる活躍をする、という夢を一緒に応援してください。」