イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年03月13日

こんなのあったんだ!身体に優しい おすすめツーリング用品6選!

春はもうすぐそこまでやって来ています。
桜前線を追いかけロングツーリング♪なんて計画を立てて、わくわくしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、どんなに楽しいツーリングでも長時間走ると体のあちらこちらが痛くなったり、不快になってきたりするものですよね。
そこで今回は体にやさしい、ツーリングにおすすめのサポート用品をピックアップしてみました!

これがあればロングツーリングをより快適に楽しめること間違いなしです!


 

ツーリング時のこんな悩みをバッチリ解消!

その1. 高速道路巡行時の手首の疲れ、握り疲れに「グランツァー:アクセレーターロックシステム エボ」
その2. ハンドルの振動による痺れ、手の平の痛みに「アチェルビス:パームプロテクター」
その3. ヘルメット着用時の不快なムレ、髪の潰れに「エアーヘッド:ヘルメット用ベンチレーションライナー」
その4. お尻が痛い!ライダーにもタンデマーにも「デイトナ:ツーリングサポートゲル」
その5. 辛い腰痛をお持ちの方に強い味方「SK11:極薄快適サポーター」
その6. シフト時のつま先の痛みと靴の痛みに「タツマ:痛くないシフトペダルゴム」

 

その1. バイク用簡易クルーズコントロールで、手首・握力の負担を軽減!

GRANDTOUR グランツァー:アクセレーターロックシステム エボ

ハイウエイでの長距離巡行時に、手首をひねったままの姿勢を保つのは、思いのほか疲れるものです。
「アクセレーターロックシステム エボ」があれば、スロットルの固定が可能になるため、高速走行時も右手はグリップに軽く添えるだけでOK!
手首や握力の疲労軽減に役立つ、アナログタイプのアクセルロッカーです。

国産車に多く使用される22.2Φハンドル用と、ハーレーなどの外車に多く使われる1inchハンドル用の2種類から選べるため、
一般的なオートバイならば、ほとんどの車両で使用可能です!*

*注意点
本製品を装着する位置の、グリップからレバーまでの間隔が、6cm以内かご確認ください。
間隔が6cm以上ある場合は本体がレバーにかからず、ブレーキ操作に支障をきたす場合がございますので、使用しないでください。
 

装着方法と使用方法はとっても簡単!


 

装着方法と使用方法を動画でもっと分かりやすく!

 
■Web!ke グランツァー:アクセレーターロックシステム エボ はこちら!
 
 

その2. ハンドルからの振動を吸収!手の平の疲れと豆防止に!

アチェルビス:パームプロテクター

こちらも使用方法はグローブの下に装着するだけの、とってもシンプルなアイテム。
オフロードライダーが掌のマメ防止や、疲労軽減として使用するアイテムですが、オンロードでももちろん有効です!
手の平に伝わるハンドルからの衝撃や、振動を和らげてくれるため、長時間乗った時にその効果を実感できること間違いなし。
特にシングルエンジンやツインエンジンのバイクを乗られる方には、強くおススメしたい商品です。

薄手の素材ですが、5本の指を通すためずれたりしません。
また、手の甲側はオープンの為ハンドル操作にひびかない作りとなっています。
車両メーカーを意識した、豊富なカラーバリエーションもお洒落ですね!


シンプルなブラックカラーで、“クシタニ”“リスクレーシング” からもパームプロテクターが販売されています!
こちらも是非チェックしてください!

■Web!ke イチオシの パームプロテクター はこちら!
 
 

その3. ヘルメット装着時の不快なムレ、髪の潰れを軽減&快適に!

airhead エアーヘッド:ヘルメット用ベンチレーションライナー

■airheadの特長
柔らかなシリコンパッドをヘルメットの内側に貼り付ける(テープは不要)ことで、ヘルメットと頭皮の間に物理的な空間を作り出し、ヘルメット内部に空気の流れを生みだします。
これによりヘルメット内部のにおい、湿気、汗、そして髪がつぶれてしまうことを軽減します。(特許取得済み)

また、素材には医療用レベルのシリコンを用い、静電気防止、抗菌、アレルギー対策加工を施しております。
ユニークなデザインは、どのようなヘルメットの内側にもぴったりフィットするように工夫された形です。
ヘルメット内部が若干大きい場合にはサイズ調整にもご使用可能です。

実際に使ってみると、ヘルメットのベンチレーションから取り込んだエアーが頭全体を通る感じがあり、とても快適ですよ!
また、ベンチレーションがないジェットヘルメットなどでも、頭部とヘルメットインナーに隙間が出来ることにより不快なムレが軽減します。

【Webike TV】でもご紹介しています!

 
■Web!ke エアーヘッド:ヘルメット用ベンチレーションライナー はこちら!
 
 

その4. 医療用ゲル素材によって体圧分散!おしりの痛みを超軽減!

DAYTONA デイトナ:ツーリングサポートゲル

バイクによって辛いのは、長時間走行時のお尻の痛み。
いくら気持ち良い道を走っていても、痛みでそれどころではなくなってしまいますよね・・・

そんな悩みを解決するのがデイトナの「ツーリングサポートゲル」
医療用のゲル素材を使用したパットをシートに装着することで、快適なロングライドが可能になります!
タンデムシートにも装着可能ですから、タンデムツーリング時のおもてなしに用意すれば、喜んでもらえること間違いなし!

また、通常モデルに加えて、オフロード車の長いシートにも対応するロングタイプも設定!
取り外しも簡単なので、使わないときは外しておけばOKです。

■バックレストサポート機能
脱着可能なバックレストでライディングポジションをサポート!

■取り付け方法
ベルト固定とゴムひも固定が選べるので、幅広い車種にカンタンに取付可能!

■全面ゲル
全面ゲルによって体圧を分散し、痛みを軽減します。


■Web!ke デイトナ:ツーリングサポートゲル はこちら!
 
 

その5. 辛い腰痛に!着圧機能、テーピング固定機能を兼ね備えた高機能サポーター

SK11 エスケー11:極薄快適サポーター

腰痛を悩みに持つライダーの方意外と多いと思います。
そんな方には、高いサポート機能を持つ「SK-11」のウエストサポーターがおススメです。
主な特長は下記の通り。
 
■極薄タイプで通気性に優れフィット感が良く、動きを妨げない。
■メッシュ生地で通気性に優れ、汗によるムレも軽減。
■腰部分には4本のコイルボーンでしっかり腰をサポート。

 
極薄なのでライディングウェアの下に付けてもごわつかないのと、ライディングを妨げないのがライダーには嬉しいポイントです。
これからの季節にメッシュタイプで蒸れないのも良いですね!
 
■Web!ke SK11 エスケー11:極薄快適サポーター はこちら!
 
 

その6. つま先の痛みと靴のダメージを軽減!

TATSUMA タツマ:痛くないシフトペダルゴム


 
■製品特徴
1.長時間のライディングでも足先甲側が痛くなりにくい形状!
2.シフトゴム下部にフッ素樹脂シートを取付ければ、滑らかですばやいシフト操作が可能!
3.シフトペダルによる黒ずみが靴に付きにくい(フッ素樹脂シート使用時)!
(フッ素樹脂シートはユーザー自身での後付けのため、好みにより付けないことも可能です)

 
 
通常の靴で長時間走行をすると、痛みでシフト操作に支障をきたしたり、擦りむけてしまう事さえあります。
ライディング専用シューズではツーリング先での長時間歩行が困難だったり、 後付けプロテクターでは脱着の煩わしさがありました。

そこで、本製品はシフトアップ操作時の面圧を下げるため、シフトゴム底面を足甲の形状に合わせた平板状としました。
その結果、足の甲にかかる面圧を、10分の1以下に引き下げる事を可能としました。
これで、長時間のライディングでも足先甲側の痛みは劇的に軽減します!

また、シフト操作によって発生する靴のつま先の黒ずみも解消!
通勤ライダーにもおすすめしたい商品です!

シフトペダルへの装着は、既存のシフトゴムを取り外し、本製品を差し込み、内側に開けられた2つの穴を利用してタイラップで締めこめば完了です。
シフトゴムの芯棒直径が8mm長さ4cmのペダルに対応していますので、ほとんどの国産車種・バックステップに適合します。
  
■Web!ke タツマ:痛くないシフトペダルゴム はこちら!
 

ぜひ試してほしい商品ばかり

いかがだったでしょうか。
ツーリングを快適にするおすすめグッズ6選、興味が湧いた方はぜひご検討ください。
今までのツーリングがもっと快適に、もっと楽しくなること間違いなしですよ!

【今回ご紹介した商品はこちらから】
■Web!ke グランツァー:アクセレーターロックシステム エボ はこちら!
■Web!ke イチオシの パームプロテクター はこちら!
■Web!ke エアーヘッド:ヘルメット用ベンチレーションライナー はこちら!
■Web!ke デイトナ:ツーリングサポートゲル はこちら!
■Web!ke SK11 エスケー11:極薄快適サポーター はこちら!
■Web!ke タツマ:痛くないシフトペダルゴム はこちら!

PAGE TOP