イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年02月15日

バイク用のバッテリーチャージャーはオプティメイトがおススメ!

最近ではグリップヒーターや優れた電熱ウェアが手ごろな価格で手に入るようになり、冬場のライディングもかなり快適になりました。
しかし、雪が積もる地域では乗りたくてもさすがにそれは難しく愛車は冬眠に。。。

今回はそんな冬眠中バイクのバッテリーを最適な状態でキープしてくれる最強バッテリーメンテナー「OptiMate6 ver.2」をご紹介!

TECMATE:OptiMate商品ページはこちら!

オプティメート社の特許技術 『アンプマティック機能搭載』

毎秒バッテリー内部の抵抗値をチェックし、バッテリーに最適な電流を供給します。
また、最短・最適な電流で充電する最新技術を搭載!
バッテリーの負荷をかけることなく、全自動で充電が可能です。

充電プログラム



<初期診断機能>
バッテリーに接続後、現状のバッテリー電圧を計測し、5段階で診断します。
バイクに乗る前にバッテリー電圧の確認としても活用できます!

<回復充電>
16V、22Vとさらにパルス充電を加えた強力サルフェーション溶解機能。
放電したバッテリーはサルフェーションが発生している可能性が高いです。
OptiMate6は発生したサルフェーションを強力溶解できます。

<パルス充電による均一充電>
バッテリー内部のセルの充電状態を均一にし、100%満充電状態に近づけます。
サルフェーション溶解と通常充電プログラムの最後に行います。

<通常充電と確認>
14.3Vになるまでバッテリーを充電します。その後、バッテリーが電圧を維持できて
いるかをテストし、メンテナンスモードへ移行します。

<メンテナンスモード+診断>
1時間の内、30分間電流を止めます。次の30分で13.6Vになるように充電します。
接続している間はこの作業を繰り返し行い、常に満充電状態を維持します。
この作業はサルフェーション発生を防ぐ効果もあります。
メンテナンスモード中は、バッテリーの状態を常に診断します。

 

バッテリーに繋ぎっぱなしでOK!

長期間メンテナンス機能搭載で繋いだら後は放置しておくだけ。

生活防水(IP54取得)なので軒先での使用もできます。(※完全防水ではありません)

TECMATE:OptiMate商品ページはこちら!

 

対応バッテリー


アイドリングストップ(ISS)バッテリーにも対応!!
※リチウムイオンバッテリーには使用出来ません。

原付からトラックまで対応

自動車にも対応しているのでこれ1台であなた&家族全ての愛車をバッテリー上がりから守ります!

安心の3年間の保証付!

長期保証が付いている事も「オプティメート」が支持される大きな理由。

インプレでも高評価!!

旧モデル『オプティメイト4 デュアル』でも期待通りの性能との高評価を獲得!

商品詳細を動画でご紹介!


「オプティメート」で春からのバイクシーズンのスタートをスムーズにきりましょう!!

TECMATE:OptiMate商品ページはこちら!

PAGE TOP