イチオシ > インプレ > 動画

投稿者:

chikafuuu

2016年03月25日

準備はできてますか?これからの季節にピッタリ!春のツーリングアイテム特集!

まえがき

どうも、chikafuuuです!
去年のこの時期は、学生生活最後の春休みだったため、
タイに一人旅に行ったり「廃墟」「廃道」「廃線」巡りをしたりと、社会人になってから後悔を残さないように全力で遊んだ覚えがあります!

そして今年もあと一週間で4月!
入学式や入社式も目前で新生活の準備をしている方も多いと思います。
少しずつ気温も上がり、どことなくワクワクしてしまう、これぞ『春』です!!!!
気温が上がるとバイクに乗って出掛けるのが楽しみになりますね~

今回のバイヤーズコレクションでは、ライダーのツーリングに役立つ”便利アイテム”や”頼れる相棒的なアイテム”を紹介しちゃいます。
中には、今大注目のフリースタイルカメラ「EX-FR100」なんかもありますよ!

それでは、最後までどうぞお付き合いください!!


先ず初めはこちら!!

B+COMビーコム:SB5X シングルユニット

https://www.webike.net/sd/21955810/


こちらは役立つ便利アイテム、みんな大好きビーコムSB5X!!
以前、来夢先生記事にて紹介してくれたものになります!
今回は、インカム初心者の私が素直な気持ちでご紹介致します。

インカムってあれば便利なんだろうな~くらいの感覚だったんで、今まで使おうと思ったことがなかったんですよね。。
だから今回は、お馴染みのツーリングマスター来夢先生B+COM最新モデルSB5Xを借りて実際に使用してみました~!


※DOCTORステッカーは来夢先生の好みになります。商品に付属するものではありませんので予めご了承ください。

なんだか、取り付けがめんどくさそう・・・。
とか思いながらも、ささっとヘルメットに取り付けます!

ベースプレートの取り付けは一瞬です!挟み込むだけ。
粘着テープも付属するため、落下が心配な方は固定しても良いかもしれませんね。
こちらのベースプレートを取り付けることによって、SB5X本体をヘルメットに装着できるようになります。


メーカー推奨の取り付け方は、チークパッドや各内部パッドを取り外して配線をしっかり収納させてあげるやり方です。
来夢先生はそのやり方で10分弱掛かったそうです。
ちょっとめんどくさいな~と思った私は、パッド類を一切外さずに取り付けました。掛かった時間は1分!!
隠す配線はイヤホンくらいしかありませんし、ヘルメット内部にあるパッドの隙間に挟み込めるので、
面倒くさがり屋の人でも、なんとなくで取り付けはできると思いますよ。※メーカー推奨ではないので自己責任で行ってくださいね!
フルフェイスヘルメット用のマイクも付属しますが、取り付けの簡単さから、ジェットヘルメット用のマイクをチョイスしました。
風切り音が入らなければ、正直どっちでもいいかなって私は思います。


SB5Xは最新モデルなだけあって、前モデルからの改良も最大限行われております。
写真の赤丸部分のようにケーブルを固定することで風圧によるバタつきを防止してくれます。
バタつきとかのストレスって乗る時間に応じて積み重なっていくものなので、このような気遣いはとてもありがたいです!!

初めての取り付けでしたが、説明書を見ながら行って5分ほどで終わりました(ペアリング含む)!
使用した感想は「便利!」の一言。

掛かってきた電話に出ることはもちろん、こちらから掛けることも可能。
iPhoneをお使いの方はSiriを上手く使うことで、SB5X以上のポテンシャルを発揮します!
「○○に電話っ!!!」って叫べば、簡単に繋がりますよね!
グーグルマップと連動してナビの仲介にも入ってくれることでしょう。
方向音痴には心強いです。

前回の記事「インカムがツーリング革命を起こす!!」はこちら

お次は、頼れるツーリングバッグのご紹介です!

GOLDWINゴールドウイン:シートバッグ 16

https://www.webike.net/tab/parts/br/267/?sc=GSM17603

このシートバッグを使用してみた感想は、、
「最高!!」っす。

普段はバックパックを背負ってバイクに乗っているため、このようなバイクに取り付けるバッグはあまり使ったことがなかったんです。
それに正直、「あまり好きじゃなかった」というのが素直な感想でした。
なぜかというと、「脱着が面倒くさそう」とか「バイクのフォルムが崩れる」など、私の中でメリットよりもデメリットが打ち勝ってしまっていたんです。
しかしながらツーリング等のある程度距離を移動する時は、バックパックを背負っていると少々疲れが増します。

そこで今回、モノは試しと思い使ってみました!!


なんとMacBook Pro(13インチ)が入るじゃないですか!!
これには驚きました。

しかもですよ、
欲張りな私は、MacBook Proの下にも詰め込んじゃってます!

ティッシュボックスと一眼レフを入れてもまだ余裕があります!
恐れ入った!降参っす。。
ここに着替えとタオルさえ入れておけば一泊二日くらいのツーリングには使用できるでしょう。
しかも、上から被せるタイプの防水カバーも付属するので突然の雨にも対応してくれます。
「ツーリング先で購入したお土産を入れる」そんな場面を考えると、着替えは一泊二日分が限界かもしれません。
なので、逆にロングツーリングのようなシーンには不向きだと私は思います。

気になる車体とのフォルムマッチはこちら!

シートバッグ初心者の私には、足を上げてバイクに跨るのが大変でした。
日頃の柔軟体操は大切ですね!


シンプルなデザインのお陰でシートバッグの主張感があまりない印象です。
そして私が苦手意識していたバイクとのフォルムですが、装着して使用しているうちに「大人っぽくて良いかも!」と思うようになっていました。
バイクの色もブラックであることから、玄人感漂う風格にグレードアップしたように感じますね!!


ゴールドウィンのシートバッグの特徴は、安定性を意識して開発された「X型装着ベルト」となります。
2本のベルトが交差しており、このクロス部で縫い付けていることで、
テンションの掛かり具合や装着時のベルト落下を妨げ、4方向に引っ張り合うことで装着時の安定感が従来のタイプよりも増しているそうです。
ベルトにて長さが調節可能なため、幅広い車種への取り付けが期待できます!
オフロードやネイキッドタイプ等の一体型シートにも安定した取り付けができるのは、とても嬉しいですね!


私は外側ポケットに車載工具を入れて使用しています。
いざって時、すぐに工具を取り出せるのがお気に入りです。

しかもこのポケットには仕掛けが用意されております!


ファスナーを開放することで、容積が拡張します。
やっほぉ~~~い!!

お次は、”取り外し”の容易さをチェックっ!


取り外しはワンタッチロックを外すだけ!
スムーズに外せるため、手間も掛からず気持ちが良いです。
これならツーリング先で持ち運ぶこともできますし、脱着が容易に行えるのはどんなシーンでも有難い!

んんん~、ファッションアイテムには、まだ当分ならなさそうですね。。。

さあ~て、お待たせいたしました!!
カモ~~~ンっ!!

CASIOカシオ計算機:【Webikeオリジナル】EX-FR100 アクションカムセット

https://www.webike.net/sd/22606369/
EX-FR100YW_set_50per

前々回のバイヤーズコレクションに続き、今回もEX-FR100を紹介しちゃいます!
なんてったって、今話題の製品ですからね!
今のうちにどんどん前面に出しますよ~っ
事細かい内容は、前々回の「今話題のフリースタイルカメラEX-FR100!楽しいバイクライフを提供します!」で紹介したので、
今回は実際に私がツーリングで使用した時の、撮りたてホヤホヤの映像をお届けしま~す!

あなたのバイクライフにEX-FR100を加えてみませんか?

様々なシーンで使える、まさに「フリースタイルカメラ」!

ツーリングの記録や旅の思い出を、”記念”として残していきませんか?
私はこのEX-FR100をかれこれ4ヶ月ほど使用しておりますが、これ一つで旅の充実感が大きく増加するアイテムだと感じております!
Webike社員の間でも遊びやツーリングに使用したりと、どこにでも持っていけるタフな相棒となっておりました。

前回の記事「今話題のフリースタイルカメラEX-FR100!楽しいバイクライフを提供します!」はこちら

まとめ

今回の記事では私自身も初めて使う製品が多く、新鮮な気持ちで皆様に紹介することができたと思っております。
「インカム」って自分とは疎遠の製品だな~って今まで思っていたんですが、今回を機に覆されました!
電話ができたり、複数人との会話ができるなど、ツーリングでの楽しみが増しますね~。

そしてツーリングバッグに関しては、装着しているだけで遠出したくなりました(笑)
ツーリングの際は、持っていける物が多い程、旅の安心感に繋がると思います。

そして!
ツーリングの思い出を自分の心の中に留めておくのも良いですが、それが映像や写真になって残ったらもっと良いと思いませんか?
私は一緒にツーリングに行った友人にツーリングの映像を編集してプレゼントするのが好きなので、
EX-FR100のようなツーリング中はもちろん、ツーリングが終わってからも楽しませてくれるようなアイテムはとても魅力的だと思います!

これからの季節、みなさんは楽しいバイクライフを送る準備は整っていますか?

御愛読頂きましてありがとうございました。

PAGE TOP