イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2019年12月02日

Honda公式動画にも出た 新型クロスカブのカスタム車両に注目!

あれ?レッグカバーに靴紐がついてる…!

“オシャレは足元から”なんて言葉がありますが、レッグカバーはここでいう足元に含まれるのでしょうか。

今回はそんなクロスカブのレッグカバーにワンポイントを映えさせるドレスアップアイテムをご紹介します!

カスタムショップのソニッククラフィティが仕上げたクロスカブ

 

この発想はなかった!“クロールトレッキングカバー”お洒落カスタム

2018年にフルモデルチェンジを行い、LEDヘッドライトの採用、レッグシールドの廃止、そして国内生産と……、

「俺達が待っていたデュアルパーパスカブこそこれだ!」と言わんばかりに、カブ好き達により事前予約が埋め尽くされた新型クロスカブ。

クロールトレッキングカバーは、そんな新型クロスカブの見た目を一層アウトドア感あるものにしてくれるドレスアップアイテムです。

レッグカバーに付けられたハトメには靴紐が通されていて(靴紐は解ける心配もありません!)、紐を変えればさらにオリジナリティ溢れる車両へと早変わり。

たった一つのアクセントなハズなのに、周りのカブ乗りからは注目を集めること間違いなしなアイテムとなっています!

カラーは純正カラーに合わせたバリエーションと、マットブラックもあり愛車にマッチしたドレスアップが可能です。(くまモンバージョン用も用意されている周到ぶり!)

なんで靴紐が付いているの?と野暮なことは聞いてはいけません、

だって付いていた方がなんかいいじゃん!

色とりどりなカラバリが揃う。この他つや消し黒もあり

 

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

 

造っているのはカスタムショップ「ソニッククラフィティ」

刺さる人にはとことん刺さる素敵なアイテムを作ったのはスクーター専門のカスタムショップ「Sonic-Crafty(ソニッククラフィティ)」。

オリジナル製品を販売しているほか、フレーム製作、エンジンスワップ、ワンオフマフラーなども相談可能なショップです。

ホームページやインスタグラムにて製作車両のポートフォリオが確認できるのですが、完成度は高く、どこか海の風を感じるような仕上がりとなっています。

 

公式プロジェクト「Honda GO」にも登場してます!

この蛍光イエローが輝るクロスカブのカスタム車両は、「バイクは、すべての旅を冒険に変える。」をキャッチコピーに始まったHonda公式プロジェクト「Honda GO」のプロモーションビデオにも登場しているんです。

バイクがある日常を切り取ったような素敵な内容となっていて、見終わった後はバイクで出かけたくなってること間違いなしですよ!

Honda GOの動画をチェック

 

 

関連記事

新型スーパーカブ110/50(JA44/AA09)カスタムパーツ続々と登場中!

カブで履けるハイグリップタイヤ『ロッソコルサ II アンダーボーン』をインプレッション!【カブに絶対オススメ】

【新着情報】新型クロスカブグッズが続々登場!【数量限定】

PAGE TOP