イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2019年10月18日

【バイク用純正部品購入ガイド】 今ならキャッシュレス決済で5%

バイクを修理するにも、カスタムするにも必要になることが多いのがメーカー純正部品です。

エンジンパーツでも、傷んでしまった外装でも、錆びたボルト1つでも、各メーカーに在庫があれば購入できるのが、純正部品の魅力です。

ただ、1台で1,000以上の部品が利用されているバイクで、どうやって必要な純正部品を探して購入できるのか?

そして、できる限り手間なく、必要な時に、なるべく早く、お買い得に買う方法をご案内します!

 

バイク用純正部品とは!?

 

各車両メーカーが、その車両に使用されている部品をストックし販売しています。

外装に使われているボルト1本から、外装のプラスチックパーツ、タンクやマフラーと言った機能部品も購入することができます。

そしてブレーキパッドやタイヤといった消耗品にも純正品番が振られており、まさに「バイク1台分」を作ることができるようになっています。

 

上述したように純正部品には「品番」があり、バイクのカラーバリエーションや、発売年によってもパーツの適合が異なる場合があります。

また、発売から時間が経った車両の純正部品は年々値上がりしていく場合があり、膨大なパーツ倉庫に保管している分の「コスト」が加算されていきます。

ですので古い車両ほど、純正部品の価格が値上がりしている、といったこともあるので注意が必要です。


▲バイクにはカラーコードというものが基本的には設定されています。

 

とある90年代のバイクのセルモーター(エンジンを始動するモーター)を見積もりしたところ4万円という見積もりになったことも!!

純正部品は早めにストックしておく、、、というのも一つの手かもしれません。

 

バイク用純正部品を購入するには?

 

必要な純正部品を購入するには、「品番」を指定しなければいけません。

品番を確認する方法はいくつかありますが、一番確実なのは「パーツリスト」という本で番号を確認するか、ネットで品番を調べることになります。

純正部品の場合は「品番」指定が最も難関と言っても良いかもしれません。その方法を順を追って詳しくご紹介します。

 

バイク用純正部品の購入の流れ ※読みたい部分に飛べます

 

1.必要な純正部品の<品番>を見つける

純正部品の品番を調べるには大きく分けて3つの方法があります。

【パーツリストで調べる】

【ネットで調べる】

【店頭で調べる】

の3つとなります。

 

■品番をパーツリストから探す場合

パーツリストはネットか、バイクの販売店で購入することができます。また、古い車両などはネットオークションのサイトなどで出品されている場合があります。

 


▲ちょっとした部品1つでも必ず「品番」が振られています。

 

メリット・デメリット

メリット:手元にあれば、いつでも探せる。持っていれば、ネットでもかんたんに見積もりが可能。

デメリット:パーツリストが高い!(数千~数万円

 

■品番をネットで調べる場合


▲一部メーカーで行っている閲覧サービス

 

ホンダ(国内現行モデルの一部)、ヤマハ、カワサキはメーカーサイトにてパーツリストが公開されており、品番の検索が可能です。

また海外のサイトなどで一部の車種はパーツリストが公開されている場合があります。しかし海外仕様なので注意が必要です。

その他個人のブログなどで整備方法とともに品番が紹介されている場合もあります。

メリット・デメリット

メリット:24時間いつでもOK。パーツリストを購入しなくても良い場合がある。

デメリット:自分のモデルに関する情報がない場合がある。逆輸入車などの品番の場合、掲載の品番と異なる場合がある。

 

■品番を店頭で調べる場合

バイクディーラー・販売店や用品の量販店にて、一部パーツリストを設置している場合があります。

バイク販売店に於いては、取り扱いメーカーのパーツリストに限られる場合がほとんどです。

そのまま店頭で注文も可能な場合が多いですが、オーダーシート形式で依頼し、後日金額や在庫の有無などの見積もりを確認するために来店する必要があります。

また、基本的にパーツリストから品番を探し出して、オーダーする場合がほとんどです。

メリット・デメリット

メリット:バイク販売店であれば、自分の車両に合うかなどの相談が事前にできる場合がある。

デメリット:開店時間が限定される。見積もりと確認で来店回数が数回掛かる。場合により自分で品番を調べないと見積り依頼もできない。

 

2.いったいいくらになるのか、見積りする

 

■パーツリストから探す場合

パーツリストで探した場合も最終的にはネットか店頭で見積もりが必要となります。

また、パーツリストに記載されている値段は当時の価格となるので、値上がりしている場合があります。

 

■ネットで見積もりする場合

メールでの見積もりやオーダーフォームでの見積もりなどいくつかのパターンがあります。

また見積もり結果も即時結果が出る場合と、何日か必要な場合など様々です。

 

メリット・デメリット

メリット:店舗に行く手間がなく、いつでも可能。

デメリット:特になし

 

[ネット見積もり] Webikeの場合
国内4メーカーの品番なら即時見積もり!改定後の価格や納期、ウェビックでの在庫の有無などがすぐに分かります。
また、純正部品以外のパーツと合わせて注文が可能です。国内4メーカー以外も海外のメーカーも多く取り扱い!
さらに今なら「キャッシュレス還元」で+5%還元!実質安く購入が可能です!
※還元期間2019年10月21日~2020年6月30日予定

 
純正部品をウェビックで探す


▲Webikeでは国内メーカーだけでなく多くの外車メーカーの純正部品を取り扱っています。

 


▲写真はクラッチの部品の一部。こういった緊急で必要になるパーツをWebikeでは特に在庫しています。

 

■店頭で調べて見積もりする場合

オーダーシートなどで見積もりを依頼する場合は、その結果を確認するのに来店が必要で、その後発注した商品をまた受け取る必要があります。

お店によっては見積もりした場合、そのまま購入が必要な場合もあります。

メリット・デメリット

メリット:取り付けなどの作業をお店にすべて依頼する場合は、見積もりから発注まで依頼できる場合がある。

デメリット:開店時間が限定される。受け取りまでに何回か行く必要がある。自分で調べないと見積り依頼もできない。

 

3.バイク用純正部品を注文する

 

さて、見積もりまで終えてその価格で納得できる状態であれば、純正部品を実際に注文するフェーズとなります。

■ネットで注文する場合

品番がわかっていれば基本的に見積もりから注文まではスムーズで、手間も少ないためおすすめです。

ほとんどの場合、履歴も残るため再注文の際にも便利な場合が多いです。

メリット・デメリット

メリット:見積りを出していれば、そのまま注文ができる。どの品番を注文したか履歴が残る。

デメリット:注文に個人アカウントなどが必要になる。

 


▲Webikeは「キャッシュレス還元」事業対象!純正部品も+5%還元です。

※還元期間2019年10月21日~2020年6月30日予定
 

■店頭で調べて購入する場合

オーダーシートで見積もりを依頼している場合、その中で購入するものを選ぶ形になります。

ネックなのはやはり都度来店が必要になることでしょう。

 

メリット・デメリット

メリット:紙による注文履歴が渡される場合がある。

デメリット:注文ごとに手数料が発生する場合がある。店頭で受け取りの場合がある。

 

キャッシュレス決済ならWebikeがお得

ディーラーや店頭は、行く楽しみなどもありますが、なるべく早く、お買い得にバイク用純正部品を買うのなら、クレジットカードなどによるキャッシュレス決済でWebikeで購入するのが最もお得となります。
立ちごけで傷ついてしまったカウルの一部など、数千円の商品でも送料が無料になりますよ。

純正部品の購入はネット完結Webikeがおすすめ!
国内4メーカーの品番なら即時見積もり!改定後の価格や納期、ウェビックでの在庫の有無などがすぐに分かります。
また、純正部品以外のパーツと合わせて注文が可能です。さらに今なら「キャッシュレス還元」で+5%還元!実質安く購入が可能です!
※還元期間2019年10月21日~2020年6月30日予定

 
純正部品をウェビックで探す
 


▲タンクエンブレムなども純正部品で取ることができます。
 


▲古いバイクでも、純正部品がストックされている場合があります。まずは見積もりしてみることをオススメします。

 

純正部品をウェビックで探す

 

HONDAホンダのバイク用純正部品を買うならWebikeウェビックが簡単・便利・早い!

YAMAHAヤマハのバイク用純正部品を買うならWebikeウェビックが簡単・便利・早い!

KAWASAKIカワサキのバイク用純正部品を買うならWebikeウェビックが簡単・便利・早い!

SUZUKIスズキのバイク用純正部品を買うならWebikeウェビックが簡単・便利・早い!

PAGE TOP