イチオシ > インプレ > 動画

投稿者:

takoagenotako

2019年04月09日

トリックスターのオリジナルパーツをご紹介!-レースからフィードバックされたパーツをご堪能あれ!-

トリックスター製品をご紹介!レーシングパーツはやはりカッコイイ……

 

世界耐久選手権 EWCを中心に、様々なレースに参戦している「TRICKSTAR(トリックスター)」

「ライダーが本当に求めているモノをつくる。」という信念のもと、レースでのハイレベルなバトルの経験を活かして、

つねにライダーの立場に立った「ものづくり」や「各種サービス」を提供しています。

 

目次

 

トリックスターレーシング

 

 

2001年に設立されたレーシングチームで、「世界耐久選手権(EWC)」をはじめ、「アジアロード選手権」「全日本ロード選手権」など様々なレースに参戦しています。

2018年8月に2018-19 EWC世界耐久ロードレースシリーズへのフル参戦を発表した後、初戦となるボルドール24HではSSTクラス2位総合8位を獲得!

また、鈴鹿サーキットで行われる「鈴鹿 8 時間耐久ロードレース」では「EVAカラー」が特徴の「EVA RT 初号機 Webike TRICK STAR」として参戦しています。

『勝ちに拘ったレース』、『憧れるカッコいいレース』、『次世代に繋げるレース』をコンセプトに、モータースポーツへの挑戦をし続け、バイクの魅力を日々発信し続けています。

 

また、トリックスターの代表・鶴田竜二氏は元ワークスライダー。1984年ロードレースデビューし、2009年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで、プライベーターでありながら表彰台2位獲得をしているなど、数々の輝かしい戦歴を積み上げてきています。

そのようなバリバリのライダーの方がパーツの開発に携わり、人よりも多くバイクに関わってきた経験を活かし、「リアルレーシングスペック」としてすべてのパーツに魂を注いでいます。

 

イカヅチ(IKAZUCHI)サイレンサー

トリックスターレーシングが「実際にレースで使用しているサイレンサー」

六角形が特徴的なサイレンサーですが、この形は流体解析から導き出されたもので、最大24時間を戦う過酷な耐久レースにも耐えうる耐久性と性能を追求し、たどり着いた形です。

この形により、適度な排圧をかけながら排気の流速を上げることで「高回転域では圧倒的に伸び」、「低中速域では厚いトルクを確保」することに成功したサイレンサーなのです。

ラインナップは車種専用のほかに、汎用サイレンサーとしてもラインナップがあります。

 

【イカヅチサイレンサーでの実績】

●ボルドール24時間耐久ロードレース(2016)で3位表彰台を獲得。マシン(ZX-10R)の最高速は343km/hを記録!他のマシンより約10km/h速い記録を打ち出しています。

 

●日本自動車研究所にて行われたKAWASAKI H2R最高速アタック(ライダー:鶴田竜二氏)において、385km/hを記録

 

 

また、管楽器にも似たサイレンサー形状によって、回転数全域で迫力のあるサウンドを響かせます。

気になる方は動画をご覧ください!動画内では「KAWASAKI H2(スリップオン)」「KAWASAKI Z900RS(フルエキ)」の”イカヅチサウンド”が聞けます。

他にも「レバーガード」「コアガード」など、トリックスター仕様となっている車両のディティールにも注目です!

 

▼TRICKSTAR製パーツを纏ったH2 & Z900RS!イカヅチサイレンサーの排気音とオリジナルパーツを眺めてみた【Webike TV】

 

・イカヅチ(IKAZUCHI)サイレンサー商品ページへ

・イカヅチ(IKAZUCHI)汎用サイレンサー商品ページへ

▲目次に戻る

 

モーターアーマー

 

万が一転んでしまったときにエンジンへのダメージを保護してくれる2次カバー。特徴はアルミ総削り出し(アルミの塊からカバーの形に削って作る製法)。

この削り出しによって「強度」「軽量化」の両立に成功しています。

保護性能はもちろんのこと、“魅せるパーツ”としてスタイリングにもこだわったパーツです。

本来削り出しのものには削った痕(切削痕)が残るのですが、モーターアーマーはこれをすべて取り除き、ブラックアルマイトをかけています。

滑らかなカバーにブラックアルマイトをかけることで、純正品と見紛うほどの圧倒的な品質と、大人の気品を兼ね備えたハイセンスな仕上がりとなっているのが特徴です。

 

▼削った痕(切削痕)のある商品の例。削り出しの風合いを魅せることで、カスタム感を醸し出しています。

 

▼モーターアーマーはこの切削痕を消すことで、エンジンカバーに溶け込み、一体感とともに高級感も演出します。

・モーターアーマー商品ページへ

▲目次に戻る

 

レーシンググローブ(ショート&ロング)

素材は牛革を使用。はじめから柔らかい革の作りで、買ったその時からストレスなくアクセル・ブレーキ操作が行えます。

ラインナップはショートグローブとレーシンググローブの2タイプ。ツーリングやサーキット走行にも対応します。

 

▼左がショート、右がレーシンググローブ

 

 

【ショートグローブ】

 

●サイズ:S/M/L/LL

●カラー:ホワイト・ブラック・グリーン・レッド・ブルー

 

 

 

▼カラーは左から「レッド・グリーン・ブルー・ブラック・ホワイト」を展開

 

【レーシンググローブ】

●サイズ:S/M/L/LL

●カラー:ホワイト・ブラック・グリーン・レッド・ブルー

 

 

 

▼カラーは左から「レッド・グリーン・ブルー・ブラック・ホワイト」を展開

・レーシンググローブ

・レーシンググローブ(ショート)

▲目次に戻る

 

【レバーガード】

TRICK STAR Racingからのフィードバック製品。

最大24時間を戦う世界耐久ロードレースで実際に使用されており、その耐久性は折り紙付き!

実際にTRICK STAR Racingが「EWC世界耐久選手権 ルマン24時間レース」でZX-10Rに装着し、レース中の接触、耐久レースという過酷な環境下でも耐えることのできる性能を証明しています。

素材は耐久性を重視したアルミ削り出し。また、レバーとの干渉も加味してガード部分は15mmまで幅の調整が可能です。

 

▼EWC世界耐久選手権 ルマン24時間で実際に使用

 

・レバーガード商品ページへ

▲目次に戻る

 

【チタンラジエーターパイプ】

熱伝導率の高いチタンを使用し高い冷却効果を発揮!
チタンパイプも焼き加工を入れてあることで、冷却効果だけでなくドレスアップパーツとしてもお勧めできます。

特に今回お借りしたNinja H2については、スーパーチャージャー搭載車として、

実際スーパーチャージャーの機能とは無関係ながら、純正ゴムホースから金属パイプになる事で、スーパーチャージャー搭載車である印象を強めてくれます。

 

・チタンラジエーターパイプ商品ページへ

▲目次に戻る

 

【フレームスライダー】

転倒時の衝撃を車体を滑らせることでやわらげ、ダメージを最小限にする為に装着します。
スライダーはジュラコン®製で、トリックスターロゴ入りとなっています。

形状はオーソドックスなコーンタイプをはじめ、流線形のTYPE-E(タイプE)三角形でエッジの効いたTYPE-D(タイプD)をラインナップ!

万が一の時の保護と同時に、車体をスタイリッシュに仕上げることが出来ます。

また、メーカーから正式なコメントはありませんが、一般的なフレームスライダーと異なるその形状は、間違いなく空力を意識した物!

実際に空力の効果を体感できるかどうかはともかく、車体の保護とともに空力を意識する点で「リアルレーシングスペック」を感じることが出来る商品です。

 

【TYPE-E(タイプE)】商品ページ

 

【TYPE-D(タイプD)】商品ページ

 

▲目次に戻る

 

【ご紹介した商品はこちら】

・イカヅチ(IKAZUCHI)サイレンサー

・イカヅチ(IKAZUCHI)汎用サイレンサー

・モーターアーマー

・レーシンググローブ

・レーシンググローブ(ショート)

・レバーガード

・チタンラジエーターパイプ

・フレームスライダー

・フレームスライダー TYPE-E(タイプE)

・フレームスライダー TYPE-D(タイプD)

 

▲目次に戻る

 

【関連記事はこちら】

新型Ninja250には世界で戦うトリックスターのIKAZUCHI(イカヅチ)マフラーがおすすめ!

PAGE TOP