その他

投稿者:

Web!keスタッフ

2019年02月08日

初心者にオススメ!バイク整備・メンテで使える工具セット特集!

バイクシーズン到来までもう少し……。

愛車の整備をコツコツと進めるライダーも多いことでしょう。

今回は自分で整備・メンテナンスをしていこうと考えている初心者メカニックや、ワンランク上の工具を探しているサンデーメカニックの方に向けて、

KTCのおすすめ工具セットをご紹介いたします!

■目次

その1.高級工具のKTC、勧める理由はここにアリ!

KTC(京都機械工具株式会社)とは、日本が誇る工具メーカーの一つ。

ホームセンターやバイク用品店で見かけて馴染み深い人も多いことでしょう。

“高級”工具のイメージが先行して他メーカーの工具や、ホームセンターのプライベートブランドに目移りしがちですが、

ぜひ初心者やサンデーメカニックにこそ、KTCをオススメしたい。

この記事を読み終わるころには工具はKTCで揃えたくなっているハズ、高級には高級たる所以があるんです!

KTCをおすすめする3つの理由!

●高品質

まず当たり前ながら「高品質」というのが挙げられます。

KTCの工具は製品の品質を維持するために下請けを使わず、生産は一貫して自社工場で行っています。

また“他社が追随できない程の最高級工具”をプロダクトコンセプトに掲げて、ハイエンドブランド「NEPROS(ネプロス)」シリーズを展開しており、

ネプロスで蓄積した技術やノウハウはスタンダードツールにも受け継がれています。

以上がネプロスはもちろん、KTCスタンダードシリーズが高品質であり続けられる理由の一つなんです!

 

●品質保証

KTCで造られる高品質な工具たちは、安心してユーザーが使えるように考えられた

独自の品質保証サービス「KTC Quality Service System(KTCクオリティサービスシステム)」の対象となっています。

材質や工程上の問題で機能が損なわれた工具や、磨耗以外のめっき剥離が発生した工具は、修理または同等の製品と交換できるというもの。

このサービスからも同社の“ものづくり”に対する姿勢や誇りを感じ取れます。

※KTCかNEPROSの刻印が入った製品が対象です。尚、工具使用による摩耗や消耗が見られる製品や、保証規定に則さない製品は対象外となります。

 

●アフターサービス

長く使い続けることで工具にも愛着が湧いてくるものです。

大切にしていた工具が消耗・破損し、調子が悪くなってもKTCの工具ならば、

修理サービス、校正サービス、部品供給サービスの各種サービスを受けることができます。

工具には、トルクレンチなど定期的に校正が必要となるものもあるので、

後々のことを考えてアフターサービスに出しやすいメーカーで工具を揃えるのがオススメです。

 

■その2.初心者はまずここから!持ち運びOKなツールセット

標準でバイクに搭載されている車載工具は、携行性を重視していて整備性は二の次といった感じですよね。

このロールタイプの工具セットには、KTCが厳選したよく使用される工具たちが予め入っているので、

出先でアクシデントに遭ってしまっても、サッとロールを広げてラクラク整備が可能です。

またセット内容に、ラチェットドライバー、ラチェットコンビネーションレンチが含まれているのがポイント。

“ラチェット機構” を備えた工具は、手の往復運動だけで「締付け/緩め」ができるので作業スピードが格段に上がります。

自分もツールバッグを愛用者で、この他にエクステンションバー(75mm)結束バンドをバッグに忍ばせて持ち歩いています。

入れられる工具には限りがあるので、よく持ち歩く工具を見直して自分だけの最適セットを考えるのも楽しいですよ。

【商品備考】
カラー:ブラック
・差込角(sq.):6.3
・入組点数:21点
・質量(kg):1.3

【セット内容】
・6.3sq.六角ソケット(8・10・12mm)
・エクステンションバー(150mm)
・スライドヘッドハンドル
・ラチェットドライバ
・ラチェットコンビネーションレンチ(8・10・12mm)
・ニッパ(125mm)
・モンキレンチ(150mm)
・ロッキングプライヤロングノーズ(100mm)
・ツールバッグ(MCKB-B)

 

■web!ke! KTC:モーターサイクルツールセット SK22119MCはこちら!

 

 

■その3.バイク整備に必要なアイテムがセットになった工具箱タイプ

整備スペースが限られていて、工具の保管場所がとれない人には、

持ち運びができるメタルケースに入ったツールセットをオススメします!

レンチ、ドライバー、ラチェットハンドル、ペンチ、ハンマーといった、ありとあらゆる工具の中に、

早回し作業に向いていて力加減を調整しやすい「9.5sq.T型ハンドル」や、

本締め前の仮締め作業などが格段に早くなる「クイックスピンナ」なども含まれています。

あと必要な工具と言えば、車両ごとの特殊なサイズのソケットや、特殊工具くらいでしょうか。

それらが必要になる頃には、かなりの腕前になっているはず!

【商品備考】
カラー:レッド
・差込角(sq.):9.5
・入組点数:47点
・質量(kg):12.7

【セット内容】
・9.5sq.六角ソケット(8・10・12・13・14・17・19mm)
・六角ディープソケット(10・12・14mm)
・エクステンションバー(75・150mm)
・クイックスピンナ
・ラチェットハンドル
・T形ハンドル
・樹脂柄ドライバクロス貫通タイプ(No.1・2・3)
・樹脂柄ドライバマイナス貫通タイプ(先幅5.5・6.3mm)
・樹脂柄スタッビドライバクロス(No.2)
・樹脂柄スタッビドライバマイナス(先幅6.3mm)
・ボールポイントL形ロング六角棒レンチ9本組セット
・45°x6°ロングめがねレンチ(8×10・10×12・12×14・14×17・17×19・22x24mm)
・ラチェットコンビネーションレンチ(8・10・12・13・14mm)
・ソフトグリップ付コンビネーションプライヤ(200mm)
・ニッパ(150mm)
・スタンダードラジオペンチ(150mm)
・モンキレンチ(250mm)
・コンビハンマ(1ポンド)
・両開きメタルケース(EK-10AR3)

■web!ke! KTC:モーターサイクルツールセット SK34719WZRMCはこちら!

 

 

■その4.品揃えは工具店なみ!?据え置きタイプの工具セット

自宅にガレージや、きちんとしたメンテンススペースを持っている人向けの据え置き型ツールセットです。

入組点数は、今まで紹介したセットの中でも最大の56点!

セットにはスピンナハンドルをはじめ、キャブレターのスロージェット交換に必要なキャブジェットドライバーに、

ボルトやワッシャーの紛失防止にもなるマグネット付パーツトレイも含まれています。

【商品備考】
・差込角(sq.):9.5
・入組点数:56点
・質量(kg):18

【セット内容】
・9.5sq.六角ソケット(8・10・12・13・14mm)
・六角ディープソケット(8・10・12・14mm)
・ヘキサゴンビットソケット(3・4・5・6mm)
・エクステンションバー(75・150mm)
・クイックスピンナ
・ラチェットハンドル
・スピンナハンドル
・T形ハンドル
・樹脂柄ドライバクロス貫通タイプ(No.1・2・3)
・樹脂柄ドライバマイナス貫通タイプ(先幅5.5・6.3mm)
・樹脂柄スタッビドライバクロス(No.2)
・樹脂柄スタッビドライバマイナス(先幅6.3mm)
・割柄ドライバマイナス貫通タイプ(先幅10mm)
・キャブジェットドライバ(先幅3.5mm)
・ボールポイントL形ロング六角棒レンチ9本組セット
・45°x6°ロングめがねレンチ(8×10・11×13・12×14・17×19・22x24mm)
・ラチェットコンビネーションレンチ(8・10・12・13・14・17mm)
・ソフトグリップ付コンビネーションプライヤ(200mm)
・ニッパ(150mm)
・スタンダードラジオペンチ(150mm)
・モンキレンチ(200mm)
・ロッキングプライヤロングノーズ(150mm)
・ロッキングプライヤ曲線あご(175mm)
・コンビハンマ(1ポンド)
・マグネット付パーツトレイ丸形
・チェスト(3段3引出し)(SKX0213)

■web!ke! KTC:モーターサイクルツールセット SK35619XMCはこちら!

 

 

4/20までSKセールを開催中!対象のセットはすべて数量限定品

 

KTCは2019年4月20日(土)まで、「SKセール」を開催しています。

セール中は対象商品がスペシャルプライスで購入できるほか、特典として特性ポーチ&KTC総合カタログが貰えたり、ネプロスのソケットレンチセットが当たる抽選に参加できたりと、うれしい要素が盛りだくさんです。

また今回紹介したKTC工具セットは、セールに合わせて整備・メンテンスのために厳選された数量限定ものなので、購入を考えている人はお早めにどうぞ!

抽選で5名に当たるネプロスソケットレンチセット

■web!ke!では、KTC:ソケットレンチセットを購入することもできます!

 

 

 

■その5.KTC以外にもオススメしたい工具セットはたくさんある!

いろいろな入組で販売されている工具セット。中にはすでに持っている工具と被ってしまう可能性も……。

同じ規格の工具が重複してしまうと、使い道に困って日の目を見ない保管用となってしまったり

勿体無いですよね(ミラー調整などではスパナが2本必要になったりしますが)。

今まではKTCの工具セットを紹介してきましたが、一緒に揃えるとさらに作業性がアップ?する工具セットをピックアップしてみました!

 

MotionPro モーションプロ マルチパーパスツール

続いて紹介するのが、バイク用パーツやモータースポーツ専門工具を手がけるMotionPro(モーションプロ)のマルチパーパスツールです。

キャリングケースの中には、8、10、12、14mmに対応するソケットをはじめ、1/4 &3/8ソケットのドライブアタッチメント、プラス・マイナスドライバー、缶切り機能などが入って重量は約350g!

市販されているソケットレンチやドライバービットとも組み合わせ可能なので拡張性も抜群ですよ!

自分のバイク専用の専用車載工具に仕立て上げるのも楽しそうですね。

■webike! MotionPro :マルチパーパスツールはこちら!

 

 

■その6.追加で揃えたいオススメな工具たち

当然ですがバイクの整備・メンテンスの内容によって、必要な工具は変わります。

また世の中には様々な工具があるので、便利さを追い求めていくとキリがないほど……。

ここでは、Webike!スタッフオススメの工具たちを少しだけ紹介します!

 

タイヤレバー

タイヤ交換をするにあたって必要となってくるタイヤレバー。

ホームセンターでも低価格なものが手に入るので、つい安いものを選びがちですが、

低価格なレバーは高価格なものに比べて、曲がりやすかったり、リムとビードの間に掛かりにくかったりと作業性が全然違います。

曲がってしまうと使い物にならなくなってしまいますし、タイヤレバーは最初から良いものを使って欲しいです。

■web!ke! KTC:タイヤレバーはこちら!

 

トルクレンチ

バイクに付いているボルトやネジの一つ一つには、

各メーカーにより規定トルクというものが定められています。

そこで規定のトルク値で締めるために必要となってくるのが「トルクレンチ」と呼ばれるもの。

規定トルクまで締め込むと“カチッ”と音がするので、締めすぎてしまう心配がありません。

整備不良で、走行中にタイヤなどが外れてしまうと冗談では済まないので、早めに揃えて置きたい工具の一つです。

またトルクレンチは、長期間使用したり過剰な力を加えることで設定が狂ってしまうデリケートな工具です。

その点、KTCのトルクレンチならばアフターサービスとして校正サービスが受けられるので安心です。

■web!ke! KTC:9.5sq. プレセット型トルクレンチ 20-100N・mはこちら!

 

サービスマニュアル

インターネットで、自分が持っているバイクとやりたい整備を調べると他ユーザーの整備記録がヒットしたりしますが、

知りたい箇所の説明が飛んでいたり、ボルトはどれくらいの力で締めればいいの?と情報が不足がちですよね。

そんな時に持っておきたいのがサービスマニュアル。

図説やトルク値、配線図などが詳細に載っているので、バイクをいじる際は予め準備しておくと良いでしょう!

またパーツリストも一緒に用意しておくと、純正部品が必要になった時に便利です。

■web!ke! サービスマニュアルはこちら!

 

 

良い工具でより充実したオートバイライフを!

いかがでしたでしょうか。

愛車のオイル交換やプラグ交換などの整備を自分ですると、グッと愛着が増すものです。

整備するつもりが逆に壊してしまった!なんてことにならないためにも良い工具を使用したいですね。

この機会に一生物の工具をぜひご検討下さい!

 

 

関連記事はこちら

バイクのタイヤ交換のやり方教えます!【DIY完全マスター】

バイク用LEDヘッドライトバルブおすすめ5選!取付け方法も詳しく解説【DIY完全マスター】

 

PAGE TOP