イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年11月30日

もう迷わない!あなたのバイクにおすすめのオイルはコレだ【永久保存決定版】

一般的にオイルの交換時期は3000km~5000kmといわれています。

オイルのメンテナンスしてますか??

オイル交換をしないと愛車の寿命を短くしてしまいます!できる限り5000㎞以内で交換するようにしましょう!

そうはいっても、オイルには粘度や、グレードが複数あって何を選べばいいかわからない!という方も多いのでは?

ということで今回はWebikeスタッフが実際に使用した感想やお客様からのインプレッションをもとに、本音でオススメするオイルベスト5をご紹介!

とりあえずオイルは今回紹介する商品から選べば間違いはない!

※今はまだ交換しない!というあなたは、ブックマークにこのページを追加して交換する時に見返すことをオススメします!

 

Webikeオススメオイルベスト7

YAMALUBE:ヤマルーブ:YAMAHA:ヤマハプレミアムシンセティック

 

 

100%化学合成油なのにコスパ抜群!

耐熱性の高さと、寒い時期のエンジン始動性の良さが特徴の化学合成油ですがその性能のおかげで価格も高めというのが一般的です。

このヤマルーブのプレミアムシンセティックはヤマハ純正として二輪車用化学合成油に求められる高い性能を保持しながらも、

ヤマハ純正採用ということで低コストで購入できるという大変オトクなオイルです。

適度なオイル交換サイクルの維持と安心のヤマルーブのプレミアムシンセティックで愛車の性能を維持しましょう!

 

実際にインプレッションでもコストパフォーマンスの良さを評価されているようです

ヤマハプレミアムシンセティックのインプレッションはこちら

 

YAMALUBE:ヤマルーブ:YAMAHA:ヤマハプレミアムシンセティックの価格や詳細はこちら

 

 


HONDA ホンダ:ウルトラG2

バイクのオイル交換に迷ったときはこれ!ホンダ純正オイル

定番中の定番、ホンダ純正オイル。特にG2は多くの車種で純正指定されているだけあってかなりのユーザーに愛用されています。

性能はこれといって体感できる特徴があるわけではないですが、過不足なく価格も抑えめなので安心して使用することができます。

特別何か入れたいオイルがなければホンダの純正オイルG2にしています!という人も結構いますよ。

粘度は10w-3010w-40の2種類があるので気温によって使い分けるのもいいですね

 

もう少し高性能なオイルを入れたい!といった場合はG3、G4がオススメです!

ホンダ純正オイルシリーズはこちら

 

ホンダG2の詳しいインプレッションはこちら

 

HONDA ホンダ:ウルトラG2の価格や詳細はこちら

 

 


KAWASAKI カワサキ:カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴速

エルフオイルがカワサキ車専用に開発した”冴速”

ベースオイルのクオリティが高いのでエンジン始動時のエンジン保護性能が極めて高いことが特徴です。

もちろん走りだしてからも、強靭な油膜特性であなたのエンジンをがっちりプロテクト!

 

オイルの色がライムグリーン!パッケージも個性的!

パッケージは皆さんご存知、有名バイク漫画「キリン」の作者である漫画家・東本昌平先生のイラスト!

オイルの色も個性的で、まるでクーラントのようなライムグリーン色になっています!!

このライムグリーン、オイルの汚れ具合が普通のオイルよりわかりやすいというメリットもあります。

ともかく!見た目のインパクトでこのオイルに勝てるオイルは存在しないのでは?

 

ちなみに商品名のVent Vert(ヴァン・ヴェール)は、フランス語で“緑の風”という意味です。

カワサキ乗りはこのオイルを入れるしかない!!

カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴速のインプレはこちら

 

KAWASAKI カワサキ:カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴速の価格や詳細はこちら

 


RevTech レブテック:エンジンオイル GOLD

ハーレーユーザーに多く支持されているレブテック

ハーレーには鉱物油という意見もあると思いますが、こちらは全合成油です。

このオイルの魅力は100%化学合成油で、純正の化学合成油シンスリーと

同様にエンジン、ミッション、プライマリーすべてに対応できる点です。

多くの場合3種類のオイルが必要になりますが、このオイルなら1種類でオイル交換可能です!

面倒な使い分け必要なし!オイルの入れ間違いもないですね。

 

そしてレブテックのオイルでオイル交換を検討している方にオススメなのがオイル交換セット

オイル交換セットはオイル交換に必要なオイル3本とオイル処理ボックスがついたオトクなセットです!

さらに!オイル交換セットにトランスミッションオイル・プライマリーオイルも付属したオイル交換フルセットもあります!

RevTech レブテック:エンジンオイル GOLDのインプレッションはこちら

 

RevTech レブテック:エンジンオイル GOLDの価格や詳細はこちら

 

 


円陣家至高 エンジンヤシコウ:TCO(ティーコ)

このオイルはカスタムパーツです!

入れるとわかりますが、薄い油膜がエンジンの隅々までいきわたることにより、高い潤滑性能を引き出し、オイルを交換するだけで、

パワー、トルク、燃費を即効体感出来る魔法のオイルです。

またフリクションロスも提言するのでエンジンの持つ本来のパワーを確実に加速につなげることができます!

 

高性能オイルというと、どうしてもレースなど過酷な環境で性能を発揮する商品が多いですがこのTCO(ティーコ)はストリートマシン専用に開発された4サイクルオイルになっています。

 

 

実際に使用したユーザーのインプレッションを見てもエンジンノイズの低減やシフトフィーリングに満足しているユーザーが多いですね!

☟高評価を頂いているインプレッションを見てみましょう。

・いかにも怪しいパッケージ。しかし、某量販店での体験でチェーンオイルを塗布してから「あ、これはマジモンだ」……

 

ただ、大変残念なことに取り扱い店舗が少ないのです…

こんなにいいオイルなのにみんなに使ってもらうことがなかなか難しい!

まだまだ、知らない人も多い円陣家至高 のオイルですがWebikeでは取り扱い中!

商品によっては在庫もあるので、ほしいと思ったらすぐに愛車に入れられます。

※レッドゾーンが14,000rpm以上回るエンジンにはTCOⅡ・TCOⅢをご使用下さい。

ちなみに空冷エンジンやカブや、モンキーなどカスタム4miniにはTCO-AC(ティーコ エーシー)がおすすめ!

 

円陣家至高 エンジンヤシコウ:TCO(ティーコ)の価格や詳細はこちら

 


Castrol カストロール:POWER1 4T【パワー1 4T】

 

「エンジンオイル」という分野で、世界的にも有名なオイルメーカー「カストロール」。個人的に思い浮かぶのがレースで見たあのカラーリング……のレースカーがかなり印象的です…… イギリス生まれのカストロール。創業100年以上の老舗メーカーというだけでなく、あらゆる車・バイクに合ったエンジンオイルを手掛けています。 様々なラインナップをそろえている中で、お勧めするのがPOWER1 4T【パワー1 4T】 オイル成分は部分合成油、粘度はオーソドックスな10W-40。街乗りから長距離ツーリングまで様々なシーンで、エンジン保護という本来のエンジンオイルの役割を果たしながらフリクションを低減し、 スムーズなライディングをサポートしてくれます。100年以上続く「信頼」のメーカー。迷ったら「カストロール」で す!

↓詳細なインプレッションへ

 

Castrol カストロール:POWER1 4T【パワー1 4T】の価格や詳細はこちら

 

 


MOTOREX モトレックス:POWER SYNT 4T

KTMに乗っている方はご存知の「モトレックス」! KTMのエンジンオイルといえばのメーカーですね。開発段階から使用しているために相性も良く、KTM推奨の純正オイルとされています。 こちらも様々なラインナップがある中、お勧めするのが「MOTOREX モトレックス:POWER SYNT 4T」 MOTOREXの4サイクルオイルの中では、最上級グレードオイルです。 100%化学合成油のため、金属表面の油膜形成に優れ、磨耗による抵抗を最小限に抑えることで、パワーロスの低減を実現! 10W-50という少々固い粘度ながら、低温域からもしっかりエンジン内の保護をしてくれます。もちろん高温に達するまであらゆる温度領域で安定した性能を発揮するエンジンに優しいオイルです。 ユーザーインプレッションについてもKTMをはじめ2気筒のバイクに入れている方が多くいますので、2気筒エンジンのバイクにオススメなエンジンオイルなのかもしれません! 基本的なオイルのスペックは非常に高いため、KTM以外のバイクでもその効果を体感することができるでしょう!

↓詳細なインプレッションへ

 

MOTOREX モトレックス:POWER SYNT 4Tの価格や詳細はこちら

 

関連記事はこちら

おすすめバイク用スマホホルダー厳選5アイテム!【超便利】

冬の定番!おすすめグリップヒーター8選!取り付け方法も詳しく解説!

PAGE TOP