イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年11月06日

【初心者必見】ブレーキパッドの交換時期や費用、オススメ商品をわかりやすくご紹介!

ブレーキパッドの残量=命の残量です

ディスクブレーキのバイクになくてはならないブレーキパッドですが、結構交換スパンが長いので、

今の残量がわからない!なんて人結構多いのではないでしょうか。

ブレーキパッドは左右からディスクを押さえ込むことで制動力を発揮しますが、

押さえ込むパッドの残量がない状態で乗っていると、最悪の場合、制動力を失って重大な事故につながりかねません。

事故にならなくてもブレーキディスクにダメージが及んでしまいディスクの交換という高額な出費になってしまうかもしれません。

そうなる前に!適切なタイミングで交換しましょう!

ということで、今回はそんな放置しがちなブレーキパッドの残量の確認方法と、きになる交換費用をご紹介します!

 

ブレーキパッドの残量の確認方法

ブレーキパッドの厚さで確認する

実はブレーキパッドの確認はとっても簡単なんです!

多くのバイクの場合ブレーキキャリパーを覗いてみると画像のようにミゾが見えます。

一般的にはこのミゾがなくなったら交換時期といわれています。

走行距離の目安は?

交換の目安を距離で表すと5,000㎞から10,000㎞ぐらいです。

ただし使用するパッドによっては消耗が早く5,000km走る前に寿命が来てしまう場合もあるので、

実際にブレーキパッドを見て厚さを確認することが重要です。

 

ちなみに新品の純正ブレーキパッドが画像の状態になるまでの距離は9,684㎞でした!!

この状態はすでにディスクにダメージを与え始める段階なのでこうなる前に必ず交換しましょう!!

ブレーキパッド交換の費用は?

気になる交換費用ですが、安心と信頼の性能でオススメのデイトナのゴールデンパッドχ(カイ)の場合

 1つで定価¥4,600(税抜き)¥5,100(税抜き)ぐらいとなっています。

一般的なフロントダブルディスク、リアシングルディスクのバイクのブレーキパッドを交換しようとする場合は

 

合計で定価¥15,300


となります。これが安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれですが、Webikeではこれよりもずっとオトクな価格で販売中です!

デイトナのゴールデンパッドχの価格や詳細はこちら!

もし、お店で交換する場合はここに工賃が加算されます。

キャリパー3つで、工賃約4,800円くらいでしょうか

合計:約2万円……!!

結構しますね…。

 

※ブレーキパッドは重要保安部品に当たります。ご自分で交換する際は十分に注意するとともに、交換作業に自信がない場合は無理せずバイク屋さんにお願いしましょう!

 

 

ブレーキパッドの交換方法

工賃を節約したいけどどうやって交換すればいいかわからないというライダーの皆さん!

安心してくださいこちらの動画を見れば誰でも簡単にブレーキパッドの交換ができます!

 

Webikeおすすめブレーキパッド!

どのブレーキパッドを選べばいいかわからない!

そんな皆さんのためにWebikeオススメのブレーキパッドを紹介します!

DAYTONA デイトナ:ゴールデンパッドχ

 

シンタードメタルパッドの常識を覆す素直なコントロール性で長年支持されてきたゴールデンパッドの進化版!
コンセプトはそのまま、コントロール性と効力をさらに高くなっています。
ブレーキパッドをカスタムパーツとして押し上げ、ブレーキの恐怖から解放された快感を是非体感してください!!

 

SBS エスビーエス:ブレーキパッドシリーズ

街乗り用のコストパフォーマンスに優れるモデルから、峠用、レース用、オフロード用と用途に応じて、適切なブレーキパッドが選べる!

制動力もなんちゃって高性能ブレーキパッドにありがちな「最初からガツンと効く感じ」ではなく、コントロール性を重視しているため握り込み量に応じた安定したブレーキングが可能です。

パニックブレーキの時には違いがはっきり分かります!

 

RK アールケー TAKASAGO CHAIN:メガアロイX ブレーキパッド

チェーンでおなじみのRKのメガアロイXシリーズ。

高精度で成型、焼結(シンタード)されたメガアロイXはレバー入力に対して忠実でよどみなく協力な制動力を発揮します!

さらに、ディスク摩耗がすくなく経済的です!

 

 あなたのブレーキパッドは大丈夫ですか?

本当は怖いブレーキパッドの摩耗。皆さんも忘れないうちに愛車のブレーキパッドを確認してみてください。

もしも、愛車のブレーキパッドが摩耗しきっていたときは、事故やディスクを削ってしまう前になるべく早く交換するようにしましょう!

 

関連記事はこちら

【期間限定】SBSブレーキパッドお得なキャンペーン開催中!

 

バイクのブレーキディスク大径化その気になるメリットとデメリットとは?

PAGE TOP