イチオシ > インプレ > バイク初心者特集

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年08月21日

初めてのサーキット走行におすすめ レーシングブーツ フォーマ[FORMA]

突き刺すような日差しと喧しいとさえ感じる蝉の合唱が終わりを告げ、

朝晩の涼しさと鈴虫の音色が耳に届き始めると、秋のバイクシーズンの到来です。

秋の夜風や味覚を楽しむキャンプツーや紅葉狩りに繰り出すのも一興ですが、

今年こそ愛車と共にサーキットデビューを飾るのはいかがでしょうか?

▼目次

    1. 1.【敷居の低い】サーキット走行会のすすめ
    2. 2.サーキット走行に【最低限】必要なもの
    3. 3.おすすめのレーシングブーツ 【フォーマ アイス プロ[FORMA ICE PRO]】
    4. 4.まとめ

1.【敷居の低い】サーキット走行会のすすめ

大きなサーキットを思う存分走ってみたいとは思うものの、

「速い人しかいないんじゃないか」

「どうやって申し込んだらいいのか分からない」

「バイクや装備で色々規則があるけど、何をしたらいいのか分からない」

など、様々な不安よりなかなか参加に踏み切れない方も多いはず。

そんな方にまずおすすめしたいのはサーキット走行会への参加です。

走行会をおすすめする理由として、下記のような配慮が充実しているからです。

  • ・サーキットライセンスの取得が不要
  • ・サーキット走行時のルール説明など必ずブリーディングある
  • ・排気量、もしくは走行経験ごとのクラス分けがある
  • ・安全に走行出来るようにコース上でサポートしてくれる先導/イントラがいる
  • ・走行会によっては装備のレンタルサービスや昼食付だったりする

 

ツーリング同様、これから各種走行会が多くなるシーズンに入りますが、

大きく分けて以下のような主催者のサーキット走行会が開催されています。

基本的な走行会の内容にはほとんど違いはありませんが、

出展ブースの内容が異なったり主催メーカーの製品を使用していると、

割引が受けられたりするので、そのあたりを考慮しておトクに参加しましょう。

▲目次に戻る

2.サーキット走行に【最低限】必要なもの

バイクを運ぶためのトランポはあるに越したことはないですが、

最近は自走で来場される方向けのホスピタリティも充実しているので、

今回は自走での参加を前提に話を進めます。

他のまとめサイトでも紹介されているアイテムはだいたい以下と思います。

色々揃えなければいけないものが多いなと、ゲンナリする必要はありません。

実際はわざわざ購入しなくても何とかなる場合が多いです。

  • ・工具/エアゲージ → 主催者が貸出してくれる。
  • ・テープ/レバーなど補修部品 →レバーとシフトペダル程度で十分。
  • ・フルフェイスヘルメット→お持ちのモノがあればそれで結構です。
  • ・レーシンググローブ→手首まで覆う皮製であればOKです。
  • レーシングスーツ購入orレンタル
  • レーシングブーツ購入orレンタル

 

ということで、

走行会参加までに準備が必須なのは、レーシングスーツとレーシングブーツです。

 

まずレーシングスーツに関してですが、

  • ・どのメーカーのものを購入するのか
  • ・既製品かオーダーメイドか
  • ・エアバッグなどオプションの有無

で値段がおそろしく変わってきます。

安いものですと~10万円くらいで購入出来ますが、

有名メーカーのフルオーダーになると、40~50万円にもなります。

とりあえず始めは安いものからで、と考える人が多いと思いますが、

正直安いレーシングスーツは、特に革の質や縫製などが値段相応で、

買ったはいいけど着づらいとかすぐに破損するといった問題が出やすいです。

ただ最近は走行会主催者やレーシングスーツメーカーが、

レンタルサービスを行っているのでこちらをまず利用することをおすすめします。

 

そしていよいよ本題のレーシングブーツこれだけは是非とも購入してください!

バイクを操縦する上で足が担う役割はとても大きいので、

レーシングブーツは自分専用のモノを準備した方が楽しく走行出来ます。

 

近所のお店やネットショップでは多くのレーシングブーツが並んでいます。

ただ現在見れるそれらのほとんどは海外(特にイタリアメーカー)製です。

どのメーカーも以下のように、使用するシーンに応じて2~3種類をラインナップしています。

  • ・ツーリング~スポーツ(エントリーモデル)
  • ・スポーツ~レース(ミドルモデル)
  • ・レース(ハイエンドモデル)

 

ただしことサーキット走行用のブーツという事であれば、

予算の許す限りハイエンドモデルを購入した方が良いと思います。

価格帯的には少々高くなりますが、操作性やプロテクションが段違いです。

ハイエンドモデルのブーツは見た目がゴツイですが、

実際バイクに乗っている時は、ブーツの存在を意識せずにペダル操作に集中出来ます。

▲目次に戻る

3.おすすめのレーシングブーツ 【フォーマ アイス プロ[FORMA ICE PRO]】

定価:¥44,000-(税別)※蛍光イエローのみ¥46,000-(税別)

サイズ:25~28.5まで0.5刻み ※蛍光イエロ―のみ25~28まで

 

様々なブーツメーカーがある中で今回はフォーマ[FORMA]をおすすめします。

フォーマは他のメーカー同様にイタリアのフットウェアメーカーで、

日本での取扱いは比較的新しいメーカーです。

今回フォーマをあえておすすめする理由としては、以下が挙げられます。

  • ・比較的とっつきやすい手の届く価格帯
  • ・MotoGPなどトップライダーを実際にサポートしており性能は折り紙付き
  • ・初期からの馴染みやすさとフィット感にこだわった機構を採用
  • ・カラーバリエーションが多くオシャレ

個人的にも1年近くフォーマのICE PROを使用していました。

履いた瞬間の印象は若干硬いなと思い、古いブーツと交互に使用していましたが、

馴染めばむしろ操作性の良さと、フィット感の良さが気に入っていました。

甲の部分を締め付けるためのラバーストラップがあるんですが、

これが実にいい仕事をしてくれるんです。

逆に気になった点としては、(今後改良して欲しいのでそっと記載します)

他のインプレにもあるように、アンクルプロテクターが車体に引っかかりやすい点です。

▲目次に戻る

4.まとめ

これから過ごしやすい気候になり、ますますバイクが楽しくなるシーズンです。

この秋にサーキットデビューを予定している方は、

是非フォーマのブーツと共にコースインしてみて下さい。

■FORMAレーシングブーツ一覧はこちら

▲目次に戻る

PAGE TOP