イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年07月31日

リュックにもなるタンクバッグにUSBポートが付いたら超便利だった!

バックパックを背負ってバイクに乗ってる方けっこう見かけます。

僕もチョイノリであればバッグを背負って乗るのですが、長い距離だと肩がこるし疲れるんですよね。

今回ご紹介するエースカフェのタンクバッグは、移動中はバイクに装着、目的地ではリュックとして使える便利なアイテム。

しかも、バッグの外側にはUSBポートまで付いてるんですよ。

これが、実際使ってみると想像以上に便利だったのでレビューします!

 

タンクバッグがリュックになるのってメッチャ便利!

まずは各部分を写真でご紹介します。

まずは全体像から、エースカフェらしく街中で持っていても違和感のないデザインです。

素材はナイロンPVCで、チャックも簡易止水仕様なのでちょっとした雨でも安心です。(※完全防水ではありません)

また、タンクバッグとして使用する際は脱落防止のベルトも付属するので、大事な荷物を入れても安心です。

 

▼リュックのショルダーは使わないときは収納可能、吸盤も使わないときは収納できます。

 

タンクバッグだけどリュックとして背負っても違和感なし!

実際に背負ってみると、ショルダー部分の裏側がメッシュになっていたりと、リュックとしても充分使えるクオリティです。

ツーリングで目的地についたらリュックに出来るって、想像以上に便利ですよ!

 

バッグにUSBポートがついてるのってメチャメチャ便利!

そしてこのバッグの特徴がバッグのフラップについた“USBポート”

フラップのポケット内に収納されているUSBケーブルにポータブルバッテリーをつないで、外側のUSBポートにスマホの充電ケーブルを刺せば、充電できてしまうんです!

(※ポータブルバッテリーとスマホ用の充電ケーブルは付属しません)

スマホをナビにしたいけど、バイクから電源を取るのがメンドクサイって方には簡単に充電できるので特におススメです。

大容量のポータブルバッテリーを使えば1日中使っても問題ありません。

(※ポータブルバッテリーとスマホ用の充電ケーブルは付属しません)

▼バイクにタンクバッグを装着してスマホを充電

 

気になる収納力やユーティリティは?

見た目は非常にシンプルなバッグですが、収納力は中々のもの。

メイン収納部にはA4の雑誌、13インチのノートPC、キンドル、スマホ、500mlのペットボトルを入れてもまだまだ余裕がありました。

財布やタオルにレインスーツなど、日帰りで出かけるのに必要なものは全部入りそうですね。

さらに、メイン収納部の中には仕切りも付いているなど細かい工夫が嬉しいポイントです。

 

また、メイン収納の他にも、ポケット×1、サイドのファスナーからアクセスできる独立した収納スペース×1、フラップ部にもモバイルバッテリーを入れるスペースがあります。

背中に当たる部分には薄いクッションが入っていますが、PCなどを入れる場合にはケースなどに入れることをおススメします。

 

まとめ!タンクバッグとリュックの2way仕様は想像以上に便利!

タンクバッグとしてもリュックとしても及第点以上の出来映えでした。

USBポートがあれば、バイクからわざわざ電源を取る必要がないのは楽でイイですね。

日帰りのツーリングによく行く人や、通勤でバイクに乗ってる人には特におすすめです!

 

エースカフェロンドンのUSBポート付き2wayタンクバッグの価格や詳細はこちらから!

 

関連記事はこちら

【バイクにおすすめ】海外のスマホホルダーが凄い使いやすい!「Quad Lock(クアッドロック)」

,

PAGE TOP