イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年07月17日

摩耗しても最後まで安定したグリップ性能を発揮!進化したダンロップ「ロードスポーツ2」をご紹介!

ツーリング先でワインディングを楽しむユーザーにオススメ!耐摩耗性だけでなく最後までグリップが長持ちする「SPORTMAX Roadsport2」!


大人気だった前作「SPORTMAX Roadsport」の進化系「SPORTMAX Roadsport2」。
今回紹介する「SPORTMAX Roadsport2」では「SPORTMAX Roadsport」で好評だったリニアなハンドリング性能はそのままに、
接地感の向上、タイヤが摩耗しても最後まで楽しめる新開発コンパウンドの採用など大きく進化した点をご紹介します!

進化その1 新開発のコンパウンドで最後までグリップ性能を発揮

一般的にタイヤは摩耗によって厚みが減っていくごとに発熱しにくくなり、グリップも低下していきます。
しかし今回紹介する、Roadsport2では2種類のコンパウンドを上下に重ねる2層トレッド構造、「パフォーマンス・コンパウンド・レイヤーズ(PCL)」を新採用しています。
「PCL」は表面はグリップ力を向上、中身はゴムが発熱することで、ハイグリップ&ロングライフはもちろん、摩耗によるグリップ性能の低下も抑制しています。

トレッド表層はシリカ系コンパウンドで接着グリップ強化!

タイヤ表装のゴムはグリップ力に優れるシリカと結合性の高い「新ポリマー」を採用しています。
これにより路面と密着性が向上。グリップ力と耐摩耗性が向上しています。

トレッド深層はカーボンコンパウンドで発熱量UP

深層コンパウンドはレース用微粒子カーボンを採用しゴムが発熱することによりグリップを向上。
新品時から摩耗時まで優れたグリップ性能を発揮します。

余談ですが、すり減ったハイグリップタイヤや一度サーキットで使用し熱が入った後に冷えたタイヤより、新品ツーリングタイヤのほうがグリップするといわれています。
すり減ったタイヤやサーキット落ちのタイヤをお使いの皆さんは早めの買い替えをオススメします。

進化その2 新開発構造採用で「接地感」と「長いライフ性能」を実現

新開発UFS-JLB構造で接地感と耐摩耗性を向上!

素材のスチール構造をあえて緩く編むことで伸びを大きくし、フレキシブルな特性を実現。
接地感と耐摩耗性を向上しています。

進化その3 大好評だったリニアなハンドリングがさらに進化!

前作「Roadsport」で大好評だったリニアなハンドリングはそのままに、プロファイルを新設計することでよりさらにリニアな特性を実現。
スポーツ走行にターゲットを絞ったハイグリップタイヤと違い急に切れ込むようなクイックな乗り味ではないので、乗りやすいタイヤに仕上がっています!

気になるサイズ展開はこちら!

大型バイクを中心に多くの車種に対応!
公道走行メインのライダーにはオススメのタイヤです!

DUNLOP ダンロップ:SPORTMAX Roadsport 2 はこちら

【関連記事】

知ってるようで知らない?タイヤサイズの表記の意味と見方!これを見れば愛車のタイヤサイズがわかる!

 

 

,

PAGE TOP