イチオシ > インプレ > バイク初心者特集 > 新商品

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年07月06日

忖度無し!?デイトナのフラッグシップインカム『DT-01』レビュー!

今年登場したデイトナ本気のフラッグシップインカムをがっつり使ってみました!


3月の東京モーターサイクルショーで先行公開された「DT-01(ディーティオーワン)」
Gセンサー搭載の他、複雑なボタン配置を排除したその洗練されたデザインに多くの人気を集めています。
1000m通信やスマホとの接続、他社インカムとの接続など今や当たり前となっている昨日は勿論のこと
COOLROBOシリーズから定評のある高音質スピーカーもしっかり継続採用されています。
また、他社高スペックインカムの2/3程度の価格というのも嬉しいところです。

機能紹介

01.必要な機能、全て集約


音楽/電話/レーダー/ナビ/グループトーク等、ツーリング時にやりたいことが全て可能です。

02.かんたんグループトーク


集まった仲間と、みんなで一斉にペアリングモードにするだけでグループトークが始まります。
距離が離れて通信が切れても、通話可能圏内に戻れば自動的に復帰。

03.直感的なボタン操作


走行中、分厚いグローブをしたままでも簡単に操作が出来るよう絶妙なボタン配置。
また、Gセンサー搭載の為、操作ボタンを押さなくても、デバイスやヘルメットを叩くだけで電話の受話、終話、音楽の再生、停止などが可能です。
・メイン動作→手の平でワンタッチ
・音量増減→親指で上下

04.他社インカムと接続可能


DT-01とだけでなく他社インカムと接続しグループ通話が可能です。
▲デイトナ:DT-01のご購入はこちら

本気で使ってみました!

取り付け編

各社インカムと同様に取り付け方法はクリップ式と粘着テープ式があります。
また、ヘルメットの種類によってマイクも貼り付けタイプとアームタイプの使い分けが可能です。
内装が外すことが出来るSHOEI ショウエイ:GT-Airと内装を外すことが出来ないDAMMTRAX ダムトラックス:ザ・ブラスターの2つに取り付けましたが、どちらもクリップ式で5-10分程で取り付けることが出来ました。
インカムの性能とは関係ありませんが、最新のツーリングヘルメットはスピーカー用にイヤーパッドが外れるなど素晴らしいですね!笑

操作性編

他社インカムに比べ、ボタンが少ない印象を受けるDT-01ですが、実際に使うのは確かにこれで十分だと感じました。
ちなみに、ボタンの数は大きく分けて3つ+Gセンサーによるヘルメット全体です。
ご購入いただいた方のインプレにもありますが、本体上側のボタンが少しコツがいる印象です。
個人的に掴んだコツはインカムの上から真下に押す感じよりも、外側から内側向きに斜め下の方向に力を入れるとスムーズでした!

音質編

メーカーの謳い文句通り、音質も期待通りでした。
ただ、iPhoneのsiriで濁点が入る言葉が上手く認識出来ていない様子……。
話しているときは全く気にならなかったので、私の滑舌の問題かもしれません涙

距離編

メーカー公称値は1,000mですが、こちらも大きく変わらずといったところ。
2名で使用しましたが、トンネルを挟んで700m程でもノイズ無く会話が可能でした。
「距離が離れる程にノイズが少しずつ増える」と言うよりも、
「限界の手前でノイズが突然入りそれ以上離れると途切れる」そんな感じです。
ただ、一度途切れたとしても範囲内に来れば自動復帰するので特に手間は有りません。

バッテリー編

気にする方がいるか分かりませんが、個人的に驚いたのでバッテリーの持ちも書いてみます。
満充電後、およそ半日会話をしっぱなしで使用しました。
その後、電源を切り忘れてましたが、待機状態(青いランプがついた状態)で2日経ってもまだ使えました。
偶然ポカをしただけですが、意外とバッテリーが持つんですね。
これならお泊まりツーリングでも充電いらずかもしれません。

カラーリング編


別売りのフェイスパネルに付け替えると、ヘルメットやウェアに合わせたコーディネートが可能です。
元々のブラックを合わせると嬉しい全8色。
値段もそれほど高くないので、飽きたら交換もよし!傷が付いたら交換もよし!全色制覇もよしです!
プラスチック製なのでステッカーチューンや自分で塗装したりするのも面白いかもしれませんね!
ちなみにSHOEIのGT-Air WANDERER(レッド/ブラック)との組み合わせはこんな感じでした。

ココ注意事項です!

ヘルメットによって取り付け方法が異なります

殆どのヘルメットはクリップ式で固定可能ですが、ヘルメットのふちゴムが下のような形状だったり、首元のパッドが完全に固定されている場合は粘着テープでの固定になります。

※画像のヘルメットはLS2:DIABLOです

ベースクリップ破損に注意!!

取り付けについてはまず問題なく付けられるかと思います。
が!やっぱり粘着テープ式にしたいなど、ベースからクリップを外す時は力加減にご注意ください。
きつめの取り付けなので、ペンチを使いたくなるところですが、そこは我慢。
マイナスドライバーなどを引っ掛けて、てこの原理で外すことをお勧めします。

今回ご紹介のデイトナ:DT-01の詳細と価格はこちらから

クリップの取り外しなど諸々ありましたが、総合的に判断するとコストパフォーマンスが高い一品だと感じました。
私のようなインカム初心者やお手頃だけれど性能も安心も欲しい方に是非ともおススメしたいです!
▲デイトナ:DT-01はこちら

PAGE TOP