その他 > イチオシ

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年06月14日

ヨシムラのGROMグロム用マフラーを激しくおすすめしたい件【JC61/JC75】

GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』


2013年の発売以来、世界で30万台以上販売されているホンダのグロムGROM
カスタムパーツも多く、通勤からツーリング、レースもこなせる万能バイクとして愛されてますね。

今回はそんなグロムの魅力を更に引き出すヨシムラのマフラーをご紹介します。
 

▼ヨシムラのグロム用マフラーは4タイプのサイレンサーをラインナップ!

4種類のタイプから好みのサイレンサーを選べる

・SSC(ステンレスカバー):ステンレス素材のべーシックなタイプ(重量/2.8kg)
・STBC(チタンブルーカバー):チタン素材に陽極酸化処理を施したタイプ(重量/2.6kg)
・STC(チタンカバー):チタン素材のベーシックなタイプ(重量/2.6kg)
・SMC(メタルマジックカバー):ステンレス素材にブラック塗装とカーボン調の模様を施したタイプ(重量/2.8kg)
 

▼年式により『スリップオン』『フルエキアップタイプ』『フルエキダウンタイプ』からマフラーを選べる

▼スリップオンマフラー編  グロムGROM(JC61)13-15年用

グロムGROM(JC61)13-15年用 ヨシムラ Slip-On R-77S サイクロンカーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証


※現在、スリップオンマフラーのラインナップは『2013-2015年 グロムGROM(JC61)』用のみ。
16年以降のモデルには適合しないので注意が必要です。
 
▼走りの良さを感じさせる質の高いデザイン
グロム用のR-77Sサイクロンは、特長的な変形四角の形状に、カーボンのエンドキャップを装着し、
レーシーかつ迫力のあるデザインに仕上がっています。
 

グロム用R-77Sスリップオンマフラー 気になるその性能は?

 
▼非常に軽量な仕上がり
ヨシムラのR-77Sスリップオンは、純正マフラーに比べて48%もの軽量化となります。
グロムのような小排気量車で、これだけの軽量化は大きなメリットですね。
 
【重量】
純正:5.0kg
ヨシムラR-77Sチタンカバー:2.6Kg
ヨシムラR-77Sチタンカバー:2.8Kg
 
▼トルク、パワーともにほぼ全域で純正を上回る性能
パワーグラフをみると純正マフラーを、5,000rpm以降で大きく上回り、ピークパワーからレブ付近までパワーが持続しています。
4速ミッションのGROMが高速域の走行や、ロングツーリングでもパワフルかつ快適となりますね!
 
【パワーグラフ】

 

気になるサウンドと仕様をチェック!

 
▼排気音をチェックする!(ヘッドホン推奨)

 
・近接排気騒音:84db/3500rpm
・加速走行騒音:77db
 
・政府認証マフラー
・平成18・19年排出ガス規制および平成22年騒音規制適合
・製品2年保証
・オプションの「エキゾーストパイプ」を組み合わせることで、フルエキゾーストへのバージョンアップも可能。
 
・適合:2013-2015年 グロムGROM(JC61)
 
グロム(JC61)用 ヨシムラSlip-On R-77S の価格や詳細をチェックする!
 

グロム(JC61)用 R-77Sスリップオンマフラー 画像ギャラリー


 

▼フルエキゾーストマフラー編 その1  グロムGROM(JC61)13-15年用

グロムGROM(JC61)13-15年用 ヨシムラ機械曲 R-77Sサイクロンカーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証


 
▼スリップオンとフルエキで迷っているならフルエキがお得!
 
上でご紹介したスリップオンマフラーにエキパイがセットになったフルエキゾーストマフラーがこちら。
 
スリップオンマフラーにエキパイを追加するよりも、約5000円ほどお得!
迷っている方は、初めからフルエキを選ぶのもありですね。
 

 
▼フルエキならスリップオンからさらにパワーアップ!
 
緑色の線がフルエキの値になります。
赤い線がヨシムラのスリップオンマフラーとなっており、青が純正です。
6000rpm~8500rpmで、スリップオンマフラーを大きく上回るパワーが出ていますね!

 

グロム用フルエキゾーストマフラーのサウンドと仕様をチェック!

 
▼排気音をチェックする!(ヘッドホン推奨)

 
・近接排気騒音:84db/3500rpm
・加速走行騒音:77db
 
・政府認証マフラー
・平成18・19年排出ガス規制および平成22年騒音規制適合
・製品2年保証
・オイル交換:可能
 
・適合:2013-2015年 グロムGROM(JC61)
 
グロム(JC61)用 ヨシムラ機械曲 R-77Sサイクロンカーボンエンド の価格や詳細をチェックする!
 

グロム(JC61)用 R-77Sフルエキゾーストマフラー 画像ギャラリー


  

▼フルエキゾーストマフラー編 その2  グロムGROM(JC61/JC75)13-17年用

グロムGROM(JC61/JC75)13-17年用 ヨシムラ機械曲R-77S サイクロンカーボンエンド TYPE-Down EXPORT SPEC 政府認証


 
フルエキゾーストマフラーの『ダウンタイプ』は、モデルチェンジ前・後(13-17年)どちらのグロムにも適合します。
サイレンサーを可能な限り前方向、内側に寄せてバンク角を確保しつつ、マスの集中化を実現し、車体との一体感が高まっています。
 
▼ダウンタイプも純正マフラーより大きくパワーアップ!
3000rpmからレブリミットまで淀みなくパワーが上がっているのが分かります。

  

グロム用フルエキゾーストマフラーダウンタイプの仕様をチェック!

 
【音量】
・近接排気騒音:85dB/3500rpm
・加速走行騒音:78dB
 
・JMCA認証マフラー
・排ガス規制適合品、騒音規制適合品
・製品2年保証
・オイル交換:可能
 
グロム(JC61/JC75)用 ヨシムラ機械曲 R-77Sフルエキゾーストマフラー ダウンタイプの価格や詳細をチェックする!
 

グロム(JC61/JC75)用 R-77Sフルエキゾーストマフラーダウンタイプ 画像ギャラリー


 
 

自分のグロムに付けるマフラーに迷ったら?

 
▼2017年モデルは『フルエキダウンタイプ』一択!
2017年のモデルチェンジ後のグロムは、今のところ『フルエキ/ダウンタイプ』一択となります。
サイレンサーについては『見た目』と『重さ』で選べばOKですね!

▼2013-2016年モデルは『フルエキアップorダウン』『スリップオン』の三択!
2016年までのモデルチェンジ前のグロムの場合、『スリップオン』『フルエキ/アップ』『フルエキ/ダウン』から選べます。
重さや価格など考慮すべき点はありますが、どれも性能に間違いはないので最後は『見た目』で決めるのがイイかもしれません。
 
あなたのグロムにもヨシムラのマフラーを装着して『I’ve Got The Power!』
 

▼関連記事

愛車の声が聞こえる!? ヨシムラ プログレス2 マルチテンプメーターのススメ

PAGE TOP