イチオシ > バイク初心者特集

投稿者:

Web!keスタッフ

2018年05月22日

【レイン特集】突然の雨でも安心!防水バッグ、防水スマホケース 9選!

梅雨なんか怖くない!
今回は雨でも走り続けるライダーに、防水バッグとスマホケースをご紹介します。
 
日常で使えるバッグから、ツーリングに使える大型のシートバッグまで、
おすすめのアイテム9選をピックアップしました!
 

【この記事の目次】
■普段使いにも便利な防水ウエストポーチ・バッグパック!
■ツーリング中の突然の雨でも安心!防水シートバッグ・タンクバッグ
■!大切なスマホを雨と塵からしっかりガード!簡単取付のスマホホルダー
 
 

■普段使いにも便利な防水ウエストポーチ・バッグパック!

コストパフォーマンスに優れるシームレスバッグ!

ROUGH&ROAD/AQA DRY ヒップパック

サイズ:W30×D9×H15cm
容量:5L
と、手ごろなサイズ感です。
程よいサイズ感なのでライディング時には、風に煽られたりすることなく、運転の邪魔にもなりません。
バイク乗りであればこのようなサイズ感のバッグを一つは持っておきたいところですよね?
突然の雨にも対応できるこの防水バッグが便利です!

縫い目のない加工(シームレス)で防水性抜群となっています。
水をよく弾くので多少の汚れであれば拭き取るだけで綺麗な状態を維持できます!

ROUGH&ROAD/AQA DRY ヒップパック Web!keの掲載ページはこちら!

車載もショルダー掛けもでき、使わないときはコンパクトにしてしまえる万能防水バッグ

GIVI UT801 防水ドラムバッグ

本体サイズ:直径260×横510mm
容量:30L

サイズ感は30Lと大き目です。
長期のツーリングなどにも対応できるサイズです。

こちらの商品は装備、内容物が優れています!
・ショルダーベルト
・ゴムコード×2

フックの付いたゴムコードが付属していますので画像のように車載用に使うこともでき、
ショルダーベルトを使用すれば、バイクを降りた後も盗難など心配することなく持ち運びができます。

エア抜き用のエアバルブもついているので、バッグのサイズ感を調整したり、使わないときは畳んでしまうこともできます。
様々な用途に対応することができる大変便利な防水バッグとなっています。

防水性もIP66相当の防水防塵性を持っています。
この【IP66】とはJISなどで決められた基準があり、
前の数字が固形物に対する保護等級、いわゆる防塵性です。
後ろの数字は水分に対する保護等級、つまり防水性となっています。

どちらの等級も数字が大きくなるほど、その効果が高いことを表します。

こちらの商品では防塵性6段階中の“6”と一番大きい値となっています。
埃や塵が全く侵入することはありません!

防水性では8段階中の”6″になります。
いかなる方向からの強い雨でも影響を受けることなくしっかりと中の荷物を守ってくれる優れものとなっています。

ロングツーリングにも最適なUT801 防水ドラムバッグおすすめです!

GOLDWIN GIVI UT801 防水ドラムバッグ Web!keの掲載ページはこちら!

人間工学に基づいたストレスフリーな防水リュックサック

GIVI 防水バッグパック [GRT701]


サイズ:底部縦220×底部横230×高さ440(mm)
容量:25L

上でもご紹介したGIVI製品
こちらの商品はIP65相当の防水防塵性を持っています。
防水性の等級”5″ではいかなる方向からの雨でも影響を受けることはありません!

特にオフロードライダーにオススメの商品となっています。
人間工学に基づいて開発されたリュックサックとなっています。
通気性を高めたメッシュ仕様パッドが付属されていて、ショルダーストラップ部分と背面の部分に装着が可能となっています。
ショルダーストラップがあらゆる激しい動きにも耐えられように開発されました。
特殊な方法で、継ぎ目の無いように作られており、グローブをしたままでも扱いやすいようにロールトップ式の開閉口が設定されています。

激しい動きのオフローダーにも安心して使いやすい防水リュックサックとなっています!

GIVI 防水バッグパック [GRT701] Web!keの掲載ページはこちら!

見た目もスタイリッシュに決めていける防水バッグ

SW-MOTECH BACKPACKS トリトン


【サイズ】35×66×14cm
【容量】20L

雨天走行を想定したライダーの為に開発されたバッグです。
縫い目など細かい部分にもしっかりと防水加工を施し、取り出し口はロールクロージャーシステムを採用。
中身の容量によって、再度の厚みを調整することができ、ノートパソコンを安全に収納出来るパッドも付いています!
普段使いや出勤時などにも使える優れものです。

一番のポイントとしてはこのデザイン!
SWモテックはドイツの会社であり、オシャレな欧州のデザインがスタイリッシュな製品となっています。
大学や会社の出勤時にSWモテックのバッグからノートパソコンを出す自分の過去良い姿を想像しちゃいます……
ロゴデザインはバッファロー(水牛)のマークとなっており、昔は水牛のレザーを使用した商品を作っていたそうです。
このロゴデザインもかっこいい!

普段使いからツーリング時でもオシャレに使用することができるSW-MOTECH BACKPACKS トリトン一押しです!

SW-MOTECH BACKPACKS トリトン Web!keの掲載ページはこちら!
 
 

■ツーリング中の突然の雨でも安心!防水シートバッグ・タンクバッグ

コストパフォーマンスに優れるシームレスバッグ!

ROUGH&ROAD AQADRYシートバッグ


サイズ:32×28×30cm
容量:28-30L

上でご紹介したラフロのウエストポーチと同じAQADRYシリーズ
週末のツーリングに丁度良いサイズ感となっています。
中央のメインスペースが防水性が備わっており、サイドの小物入れは防水性はなく、晴天時に使いやすいように設計されています。
雨が降ってきたら、サイドの小物入れを切り離し、メインスペースに収納することもできる優れものです!
晴天時の使いやすさと防水性を両立した使い勝手の良い全天候型シートバッグとなっています。

ROUGH&ROAD AQADRYシートバッグ Web!keの掲載ページはこちら!

 

長期ツーリング向け大容量65L防水シートバッグ

GIVI UT806 防水シートバッグ


【サイズ】420×680×340(mm)
【容量】65L

長期のツーリング向け大容量防水シートバッグのご紹介です。
4泊以上はできる内容量65Lとなっています。
キャンプなど大荷物になってしまうような際にも使えます。
底部は型崩れしづらく、形を保てるようセミハード素材を採用しています。
シートの形状に合わせて中央部をへこませることで安定感を増しています!

荷物が中でごちゃごちゃしないよう小分けポケットが付いている為、荷物整理にも大変便利です。
ショルダーベルトも付いている為、宿泊時の持ち運びもできるようになっています。
固定ベルトも4本付属しているのでがっちりと固定することができ、長距離走っても、バッグがずれることもなく安心して走行することができるでしょう。

この夏はGIVI UT806 防水シートバッグを使って北海道を目指すのも良いかもしれませんね!

GIVI UT806 防水シートバッグ Web!keの掲載ページはこちら!

バイクのデザインを崩さない洗練されたスタイルのシートバッグ

SW-MOTECH テールバッグ スリップストリーム

こちらの商品は防水性と同時に大変強度の強い素材でできたシートバッグとなっています。
通常の5倍の強度を持つ1680デニールのバリスティックナイロンという素材でできています。
しかしソフトバッグとなっている為、しっかりと美しい形状を保ちながら積載性も良く走行時も気持ちの良いライディングに集中することができます。
車体の外観を大きく崩すことなくオシャレなデザインとなっています。

サイズ的にも内容量13Lと通勤や一泊ツーリングなんかにも使用できる便利なシートバッグとなっています。

SW-MOTECH テールバッグ スリップストリーム Web!keの掲載ページはこちら!

シンプルに使いやすい防水タンクバッグ

GIVI 防水バッグ PTB01


サイズ:縦約430×横約210×高さ約170mm
容量:15L

シンプルに使いやすいタンクバッグとなっています。
タンクへの取り付けはマグネットとなっており、付属の固定ベルトを使用すれば安定したシートへの取り付けも可能です。
シートに取り付けた際、リフレクターも付いていますので、周りからの視認性も上がり、安全に走行することができます。
圧縮できる設計となっていますので、荷物もコンパクトにまとめるができます。

タンクバッグとして使用する際には上部が透明になっていますので、地図などを見ながら目的地まで旅することができますね。

GIVI 防水バッグ PTB01 Web!keの掲載ページはこちら!
 
 

■大切なスマホを雨と塵からしっかりガード!おすすめスマホホルダー

防水、防塵、簡単取り付けで実用性抜群!

LEAD工業 冒険大陸 スマホケース&アダプター

今やツーリングの必需品となっているスマホホルダー&スマホマウント
LEAD工業 冒険大陸 スマホケース&アダプターは全天候で使える実用的なアイテムとなっています。

スマホケースはブラックで目立つことなく、車体の雰囲気を壊すことなく取り付けることができます。
専用ステー、アダプターに簡単ワンタッチで脱着ができます。
防水記事と止水ファスナーをなっていて、同時に高い防塵機能も備えています。
落下防止ストラップの取り付けもできるので、安心してスマホを守ることができますね。
ダブルファスナー式となっていますので、配線の取り込みも可能。
雨天時でも電源ソケットがあればスマホ充電しながら走行することができます。

中の厚みを調整できるウレタンが3種類付属している為、スマホケース内でスマホ本体がズレてしまうこともありません。
サイズは3種類から選べます。
【収納可能サイズ】
・約70×140×15mm
・約80×155×15mm
・約140×90×35mm

また、バイクへのマウント方法も3種類選ぶことができます。


 

・クランプタイプ
バーハンドル車などに向いているクランプタイプ。
直径15mm~30mmのバーハンドルに対応し、工具いらずで取り付けることができます。
前後左右自由に動かせる自在ヘッドを採用している為、角度の調整も簡単に行うことができます。

・ミラータイプ
ネイキッドなどに適合するミラータイプステー。
ミラー部とジョイント2か所、自在ヘッドで向きや角度が広く調整できます。
標準ステーを抜き取り、ショートステーとしても使用することができます。
高さ調整用スペーサー(8,10mm)が付属しています。

・ペーストタイプ
スクーターやカウル車に向いているタイプ。
自在ヘッドで自由な角度調整ができます。
3M製の強力な両面テープにより、取り付けることができます。

LEAD工業 冒険大陸 スマホケース&アダプター Web!keの掲載ページはこちら!

2018年レインアイテム特集 総合ページはこちらから!

PAGE TOP