配送料一律380円(税込) ※沖縄・離島・島嶼部などの一部地域のみ972円(税込)

H2O Performance:H2Oパフォーマンス

ユーザーによるH2O Performance:H2Oパフォーマンスのブランド評価

H2O Performance:H2Oパフォーマンス H2O Performance:H2Oパフォーマンス

MOTO-GPやWSBをはじめ、世界のトップチームに絶大な信頼をおかれているH2Oパフォーマンスのレーシングラジエター。圧倒的な冷却パフォーマンスを持ち、過酷なハイパワーレーシングエンジンを熱ダレから防止します。

総合評価: 0 (インプレ0件中)
買ってよかった/最高:
0
おおむね期待通り:
0
普通/可もなく不可もない:
0
もう少し/残念:
0
お話にならない:
0
  • ブランド:H2O Performance:H2Oパフ... 

H2O Performance:H2Oパフォーマンス

すべての商品を見る

H2O Performance:H2Oパフォーマンスのカタログ


? レーシングラジエター ?

一般的にレーシングエンジンでは水温85度を超えると次第にパワーが失われていく傾向にあります。
H2Oパフォーマンスでは車種ごとに最適な形状、大きさ、流速を計算、実戦参戦から割り出して設計し、過酷なレーシングエンジンを熱から守ります。 その冷却パフォーマンスはワールドスーパーバイクやMOTO-GPにおいて世界のトップチームからも絶大な信頼を置かれています。
フルレースラジエター、オイルクーラー、サブラジエター各種専用設計となります。
全日本選手権においてエスパルスドリームレーシング、 ドッグファイトレーシング、ミクニ&テリカリ、モトバム、
ファクトリーヒロ、CLUB NEXTをはじめ、数々のトップチームに採用が決定しました。
H2O レーシングラジエターの特徴
H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像1高回転を多用するレーシングエンジンではより高い熱を発生します。
水温が85度を超えた辺りから次第にパワーが失われてくるために、効率良い冷却が必要となります。
そのために大型のラジエターが必要となるわけですが、大容量のラジエターは水の容積が多いため、水温が上昇する時間は若干長いかもしれませんが、その分いったん上昇した温度はなかなか冷えてくれません。水の容量が多ければ多いほど重量もその分増えてしまいます。
H2Oではより薄く広く製作し、走行風が抜けやすく大変放熱性の高い設計となっております。気温35度を超える 猛暑日でも80度以下の水温を保てるキャパシティの広さはH2Oならではの技術力です。
H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像2より容量が必要な車種もあります。そんなとき、H2Oでは左の画像のように対処します。
一体型にせず、あえて2層構造にして走行風が通りやすく、放熱面積を増やし、より高い放熱ができるよう工夫されております。
H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像3世界GP等でメカニックをしていた経験豊富な技術者が最適なサイズやデザインを決定します。 H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像4すべての車種において現車で確認しながら造形していきます。材質は放熱性,耐久性に優れたアルミ材を使用しております。
H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像5その芸術的な造形は計算によって流速を割り出した上で最適な形状となります。 H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像6モトGPで使用される物もすべてH2Oファクトリーにて一つ一つ丁寧に溶接され、組み上げられていきます。
H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像7すべての製品には飛石等からのダメージを軽減させるための防護ネットが標準装備され、耐久性も格段に向上させております。
また、完成品にはGPと同様にH2O Performanceの文字が誇らしげにペイントされる。
H2O レーシングラジエターの特徴イメージ画像8繊細なレーシングエンジンはわずかな差で大きな変化が出てしまいます。
水温/油温管理にてエンジンのコンディションを整えることによって必ず大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。

H2O Performance:H2Oパフォーマンスの商品をカテゴリから探す

H2O Performance:H2Oパフォーマンスの商品をカテゴリから探す

H2O Performance:H2Oパフォーマンスの商品を車種から探す

PAGE TOP