Heatech(ヒーテック)のカスタムパーツ・バイク用品を探す | ウェビック

 年
    適合パーツを見る Myバイクを登録 ×

    Heatech:ヒーテック

    ユーザーによるHeatech:ヒーテックのブランド評価

    Heatech:ヒーテック Heatech:ヒーテック

    バッテリーを使用してヒーターが全身を温めるヒートウエアを提供する「ヒーテック」。アドバイザーの岩城滉一氏もうなずく自信作が多数!

    総合評価: 3.9 (インプレ13件中)
    買ってよかった/最高:
    7
    おおむね期待通り:
    2
    普通/可もなく不可もない:
    2
    もう少し/残念:
    0
    お話にならない:
    2
    • ブランド:Heatech:ヒーテック 

    Heatech:ヒーテック

    すべての商品を見る

    Heatech:ヒーテックのカタログ


    Heatech(ヒーテック)
    Heatech(ヒーテック)のHPはこちら
    Heatech(ヒーテック)

    【10秒発熱】
    エンジンの暖機より早くライダーを暖めるヒーテックシリーズ。その瞬間発熱の秘密は、アメリカveture社独自開発のXCT(メタルファイバーヒーター)です。従来あった電熱線による発熱と違って、ウェアに内蔵された生地が全体的に暖まる為、広範囲を素早くウォームアップします。

    【最高54度発熱】
    ヒーテックは「HI」「MID」「LOW」の3段階の温度調節が可能。「HI」の状態では最高54℃に達します。今までのように“厚着”として着込まなくてもよいので、ファッションやスタイルに拘るライダーにも最適です。

    【タイトフィットパターン】
    ヒーテックシリーズは“インナー”に特化した製品ラインナップです。タイトなライダースジャケットやデニムパンツの中に着用できるよう、また着心地や動きやすさを追求した裁断パターンとなっています。オートバイウェアにありがちな、ルーズなシルエットと違い身体に適度にフィットし、暖かさも感じやすい設計です。

    装着方法
    注意

    ● 使用されるヒーテック製品の消費電流とオートバイの発電能力のバランスに十分注意してください。特にフルセットでご使用になる場合は消費電流が大きくなりますので、特に注意が必要です。また低温火傷を防ぐ為にこまめに肌の状態を確認し、長時間のご使用はお避けください。
    ● オートバイ車載バッテリーが劣化していないかよく確認し、必要であれば新品に交換してください。
    ● オートバイの車種によってバッテリーの搭載位置は異なります。オートバイの取扱い説明書をよく確認してください。
    ● 高年式のコンピューター制御のオートバイへの取り付けには、専門的な知識や技術、設備が必要となる場合がございます。
    ● または、高年式でない場合も専門的な技術を持ったお店で取り付けを行うことをお勧めします。
    ● 取り付けたバッテリーハーネスの「たるみ」により、運転の妨げとなったり、タイヤなどの摺動部分に巻き込まれない よう注意してください。
    ● ヒートインナーパンツは股上が浅く(ローライズ)なっています。無理に腰上まで引っ張り上げると生地や内部パーツ、縫製を痛める可能性がありますので、必ずローライズポジションのまま着用し、無理に引っ張り上げないでください。

    接続手順

    接続手順
    【1】インナージャケット裏地下部に収納されている接続コードと左右の袖口近くにあるファスナーを開けてグローブ用の接続コードを取り出します。

    【2】インナーパンツ左腿に収納されている接続コードと、左右の裾近くのファスナーを開けて裏地にあるスリットからトゥウォーマーの接続コードを取り出します。

    【3】インナーパンツ左右裾から取り出した接続コードとトゥウォーマーを接続します。

    【4】ジャケット左右袖口の接続コードとレザーグローブ(またはカーボンスポーツグローブ)を接続します。

    【5】インナーパンツ付属の「スプリットワイヤー」を介して、インナージャケットの接続コードとインナーパンツの接続コードをバッテリーハーネスにしっかり接続してください。



    接続写真

    接続
    ヒーテックのバッテリーへの接続手順はとても簡単。「電装系はいっさい触りたくない」という方々でも安心してお使いいただけます。
    準備するもの

    ●バッテリーハーネス
    ●工具※右の写真は一例です。
    準備
    準備する

    まず最初に、接続されるバイクのバッテリー位置をご確認ください。
    車種によって異なります。
    バッテリー位置

    準備する

    バッテリーの端子を外します。
    外す順番はいつもと同じ「マイナス」→「プラス」の順番です。
    画像サンプル

    準備する

    繋ぎ終えましたら、配線が何かに触れて断線しないようタイラップ等でフレームに固定します。
    画像サンプル

    準備する

    バッテリーコードのジャック部分はあまり長いと危険なので、10cm程度の突出量で充分です。
    画像サンプル

    準備する

    まず最初に、接続されるバイクのバッテリー位置をご確認ください。車種によって異なります。
    画像サンプル


    準備する

    手順を守っていただければ、誰にでも簡単に接続可能です。あとはヒーテックに繋ぐだけ。
    画像サンプル

    車種別手順

    Z900RS DUCATI

    スポーツスター Ninja400R

    セロー250

    Heatech:ヒーテックの人気商品ランキング

    売れ筋ランキング ? 注目度ランキング ? 満足度ランキング ?

    1

    【オプションパーツ】シガープラグ ...

    1

    ヒートインナージャケット 2015

    1

    ヒートインナージャケット 2015

    2

    【オプションパーツ】スプリットワイ...

    2

    ヒートインナーベスト

    2

    ヒートインナージャケット 3.5A...

    3

    【オプションパーツ】バッテリーハー...

    3

    ヒートインナーパンツ 2015

    3

    ヒートインナージャケット 3.5A...

    4

    ヒートインナーパンツ 2015

    4

    ヒートインナージャケット 3.5A...

    4

    ヒートインナージャケット 2015

    5

    ヒートレザーグローブ

    5

    ヒートインナーパンツ 2015

    5

    ヒートインナーパンツ 2015

    6

    ヒートインナージャケット 2015

    6

    ヒートインナージャケット 1.0A...

    6

    ヒートインナーパンツ 2015
    売れ筋ランキングの続きを見る 注目ランキングの続きを見る 満足度ランキングの続きを見る

    Heatech:ヒーテック新着インプレッション 全13件

    Heatech:ヒーテックの商品を車種から探す

    PAGE TOP