Indian:インディアン

ユーザーによるIndian:インディアンのブランド評価

Indian:インディアン Indian:インディアン

Indian Motocycle Company は1901年、アメリカのスプリングフィールドで創業者のジョージ.M.ヘンディとチーフエンジニアのカール.オスカー.ヘッドストロームによって設立されたオートバイ生産メーカーである。二人の憧れは自分の手足のごとく馬を操るインディアンのようにオートバイを乗りこなすこと。その魂を込め、社名を<INDIAN>と命名したと言われている。鉄の塊に魂を、その想いは今では当たり前となったチェーン駆動という技術でオートバイの歴史に革新をもたらした。その後、映画にもなったHARLEY社とのスピードをかけた熾烈な争いが10年余り続くのである。1911年マン島のレースで新型エンジンを登場させ、1.2.3.を独占し、アメリカ全土、全世界にINDIANの名を知らしめ、熱烈なファンを獲得していくのであった。代表的なモデルはSCOUTとCHIEFであり、共にSVエンジンを搭載していた。時代の流れの中で惜しくも会社は解散したが、鉄の塊の魂には二人のネイティブスピリットが受け継がれている。まるで強敵を称えるようにHD社のライダーがINDIANロゴを着ている姿にその証を感じる。

総合評価: 5.0 (インプレ6件中)
買ってよかった/最高:
6
おおむね期待通り:
0
普通/可もなく不可もない:
0
もう少し/残念:
0
お話にならない:
0
  • ブランド:Indian:インディアン 

Indian:インディアン

すべての商品を見る

Indian:インディアンのカタログ


Indian(インディアン) −
Indian Motocycle Company は1901年、アメリカのスプリングフィールドで創業者のジョージ.M.ヘンディとチーフエンジニアのカール.オスカー.ヘッドストロームによって設立されたオートバイ生産メーカーである。
二人の憧れは自分の手足のごとく馬を操るインディアンのようにオートバイを乗りこなすこと。
その魂を込め、社名を<INDIAN>と命名したと言われている。
鉄の塊に魂を、その想いは今では当たり前となったチェーン駆動という技術でオートバイの歴史に革新をもたらした。
その後、映画にもなったHARLEY社とのスピードをかけた熾烈な争いが10年余り続くのである。
1911年マン島のレースで新型エンジンを登場させ、1.2.3.を独占し、アメリカ全土、全世界にINDIANの名を知らしめ、
熱烈なファンを獲得していくのであった。
代表的なモデルはSCOUTとCHIEFであり、共にSVエンジンを搭載していた。
時代の流れの中で惜しくも会社は解散したが、鉄の塊の魂には二人のネイティブスピリットが受け継がれている。
まるで強敵を称えるようにHD社のライダーがINDIANロゴを着ている姿にその証を感じる。

Indian:インディアン新着インプレッション 全6件

Indian:インディアンの商品を車種から探す

PAGE TOP