βTITANIUM(ベータチタニウム)のカスタムパーツ・バイク用品を探す | ウェビック

 年
    適合パーツを見る Myバイクを登録 ×

    βTITANIUM:ベータチタニウム

    ユーザーによるβTITANIUM:ベータチタニウムのブランド評価

    βTITANIUM:ベータチタニウム βTITANIUM:ベータチタニウム

    ベータチタニウムで造られるTi-6Al-4V製品は工作機械、精密機器、医療、航空等の分野で採用されているTAB6400規格のマテリアル。超高精度、超美しいボルトをご覧ください!

    総合評価: 4.5 (インプレ27件中)
    買ってよかった/最高:
    17
    おおむね期待通り:
    7
    普通/可もなく不可もない:
    2
    もう少し/残念:
    1
    お話にならない:
    0

    βTITANIUM:ベータチタニウム

    すべての商品を見る

    βTITANIUM:ベータチタニウムのカタログ


    ベータチタニウム (βTITANIUM)ー


    Performance of Your Force
    ボルトの換装で実感する。
    バイクという機械でチタンボルトに求められるものは何でしょうか?
    『軽量化』『錆びない』『ファッション性』と思われる方が多いと思います。
    しかし、ボルトの仕事の一番大事なの事は”繋ぐ”ということ。
    決して軽量化やファッション性を前面に押し出した性質のものでは無いはずです。

    ■引張強度
    ベータチタニウムの基本製品はTi-6Al-4V熱間鍛造−転造螺旋。
    SCM435等に代表されるクロモリ鋼に匹敵し、従来バイク用ボルトに使用される鉄、ステンレス系統の鋼材の1.5倍〜2倍前後あり。
    これから表されるのはバイクに使用される金属としての強さでは最高クラスの性能を有していることを表しています。
    ■ヤング率と0.2%耐力の値
    低ヤング率と高い0.2%耐力の表すのは高いスプリングバック。
    ボルト、ナットに必要な”伸び”に対しての耐性と"戻り"に対する強さを有することがわかります。
    上記の内容から紐解くTi-6Al-4Vボルトの一番の特性は『非常に強く』、『締め付けトルクが安定しやすい』というボルトとして 一番大事な特性を実現することが出来ます。
    もちろん、比重で鉄系統の60%ということで非常に軽量でチタンの耐腐食性という特性もしっかりと保持。 その強さは様々なポイントでバイクに対して効果として現れるのです。

    Bridge Bolt
    Ti-6Al-4V鍛造で拵えたボルトの優位性はやはりその強さ。 右図は2ピースキャリパーに力が掛かった際のブリッジボルトのイメージです。
    基本的に純正の鉄系統の材質とTi-6Al-4V鍛造とは引っ張強度では大きな差があります。 ボルトにおける引っ張強度という区分では、Ti-6Al-4Vはクロモリ鋼と同程度に匹敵。
    鉄系統に比べ倍前後の引っ張強度を持つTi-6Al-4Vでブレーキのブリッジ(橋渡し)をしてやる事により、組込み剛性を上げ、 機械剛性全体の引き上げが可能となり、純正ボルトでの微妙な歪みや開きを抑えられる事になります。
    また同程度の引っ張り強度を有するクロモリ鋼と比べると、Ti-6Al-4Vの特性である"低ヤング率"によって変位に対して堪えながら状態を維持するという能力が付加され、 さらに振動吸収性もあるTi-6Al-4Vの特性によって、単純に硬くなるのではなく強くしなやかでコントロール性も向上できるのです。
    ブリッジボルト

    Material Information
    ■素材(material)
    国内精製メーカー2社が精製したピュアなチタン原材料は世界的にもJAPANブランドとして信頼され多くのシェアを確保しています。 そして、その原材料を国内の製鋼メーカーがアルミニウムと希少金属土のバナジウムをブレンドし丸棒の材料を製造しています。
    この材料はJIS規格でTAB6400と表記され、安易に入手できる海外製のTi-6Al-4Vとは違い宇宙・航空・医療・最先端産業機器に使われています。
    素材
    ■鋳造(forging)
    TAB6400合金は優れた機械的性質を得るために、α-β層域で鍛造を行い等軸α組織を義務付けられています。
    厳密に製造されたTAB6400合金をもう一度β変態点付近に加熱して行う鍛造は非常に微細な針状α組織となり、 破壊靭性・亀裂伝播速度・耐クリープ性における部分で優れていることが認知されています。鍛造の代表的な製品として、 深海6500の耐圧殻・ジェットエンジン部品など採用されています。
    TAB6400ボルトに鍛造の工法を使用し、国内産業向け及び一般消費者に高強度チタンボルトを販売することは日本特殊螺旋工業株式会社が始めての試みです。
    鋳造
    ■切削加工(machining)
    インコネル600・700・800、ハステロイB・C、ジルコニウム、モネル、カーペンターなど特殊な合金鋼の切削技術を利用し、TAB6400を加工しています。
    TAB6400においては、特に加工が困難であるとされる深穴加工に成功。加工実績ではφ6×240L〜φ20×260Lなど穴径の40倍という驚異的な深穴加工をいたします。
    また、製品全般における面粗度はRz3.6以下(実質Rz2.5)を指示しており、意匠性も高く人の心に訴えかける切削加工技術を有しています。
    切削加工
    ■転造加工(form rolling)
    精密研磨された転造ダイスによって高圧で押さえつける為にネジ表面には微細硬化層を形成し、チタンボルトのデメリットである焼き付き・カジリを防ぎます。
    また、転造ネジは組織を分断することがない塑性変形である為に素材の持つ強度を損ないません。反対に切削ネジは組織を分断するための素材の機械的性質よりも破壊靭性が落ち・亀裂伝播速度が上がります。 ベータチタニウム社ネジ製品のネジ部は、JIS B 0205(2級)、JIS B 0207(2級)、JIS B 0206(2A)JIS B 0208(2A)に相当いたします。
    また、M3×0.5〜M42×4.5まで対応可能です。
    転造加工
    ■表面処理(surface condition)
    ○陽極酸化処理(水溶液中で電気を流し、表面に酸化皮膜を形成します。1μ以下)
      青・紫など鮮やかな色が特徴。ピアス・看板・印鑑など意匠性の高い製品に使用。
    ○TiN・DLC・TiAlN・CrN(各種イオンプレーティング膜厚1.5〜5μ・HV2000〜3000)
      工業用に工具・部品等に使用。膜質によって耐熱温度・摩擦係数に違いが生じる。
    ○フレッシュグリーン(表面層20μにてHV700以上の焼入れ硬化処理)
      チタンの新表面硬化技術。TAB6400の素材表面から20μにおいてHV700を実現。
    ○各種メッキ(特に難しいと言われるTAB6400においてメッキいたします。)
      TAB6400はメッキが載らない代表ですが新しいメッキ技術を提案します。
    ○エアロキシー(陽極酸化処理では不可能な色である白・黒の酸化皮膜を形成。)
    黒・青・ピンク・黄色・白など、耐摩耗性に優れた多彩な酸化皮膜を形成可能。
    表面処理

    Other Products
    ベータチタニウム特製 オリジナル手ぬぐいや箸
    箸
    Gopro3用レーシングカメラケース
    Gopro

    βTITANIUM:ベータチタニウムの人気商品ランキング

    売れ筋ランキング ? 注目度ランキング ? 満足度ランキング ?

    1

    フランジ六角ボルト M8

    1

    ナベボルト M6

    1

    フランジ六角ボルト M8

    2

    コンパクトフランジ六角ボルト M6

    2

    フランジ六角ボルト M8

    2

    ストレートキャップボルト M10

    3

    テーパーキャップボルト M6

    3

    ストレートキャップボルト M8

    3

    カワサキ車用ディスクローターボルト M8

    4

    ナベボルト M6

    4

    コンパクトフランジ六角ボルト M6

    4

    カワサキ車用ディスクローターボルト M8

    5

    コンパクトフランジ六角ボルト M8

    5

    テーパーキャップボルト M8

    5

    ストレートキャップボルト M8

    6

    ストレートキャップボルト M8

    6

    コンパクトフランジ六角ボルト M8

    6

    テーパーキャップボルト M8
    売れ筋ランキングの続きを見る 注目ランキングの続きを見る 満足度ランキングの続きを見る

    βTITANIUM:ベータチタニウム新着インプレッション 全27件

    βTITANIUM:ベータチタニウムの商品を車種から探す

    PAGE TOP