ホンダ  CB1300スーパーボルドール

  • 車種:CB1300スーパーボルドール 

並び順:
1~20件 / 全48件
  • サイドスタンド・スプリング交換?91100km

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    グレッグ
    車種
    CB1300スーパーボルドール

    少し前にぱいせん号乗って温泉行ったらパンクしまして、改めて新しいタイヤを入れねばと先月に予約を入れてようやく交換してきました。銘柄はピレリ・ディアブロROSSOIIです。初欧州タイヤ!ツーリングメインだしハイスペック過ぎても使いこなせないだろうということで選択。あとブレーキパッドも前後新調したのでしばらくは慣らしをしないとね。ちなみにリアブレーキパッドはほぼ厚さ無しだったそうで…ぱいせんどうやって車検通したんすかwww

    • いいね(2)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    グレッグ
    車種
    CB1300スーパーボルドール

    先日ヘッドライトの球切れを確認して調査したところ、明らかにコネクタが溶けてる…おそらくアースの被覆が擦れたかなにかで露出して短絡したのかな?取り急ぎ新しくH4のコネクタを買い、配線を引き直し。なおプッシュリベットをことごとく破壊してしまったので再購入しております。毎回はずし方がわからん(涙)

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • ホンダドリームスタンプラリーでの経験から、SSTR本番では1台のスマホでは複数経由地の設定からナビを常時起動させる必要があると思い、同じスマートフォンホルダーを取り付けました。更に、経由地を通過した際には通過時のオド距離を入力しなければならないのと、SSTRと同時にホンダドリームスタンプラリーにも参加していたので、スマホ1台運用では難しかったのです。なお、デイトナのスマートフォンホルダー3では、ハンドルパイプホルダーの間にスマホホルダーを2台入れると、ハンドルパイプホルダーを傷付けてしまいます。私の場合、プロトのエクステンションバーをマスタークランプに取り付けて、2台目のスマートフォンホルダー...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • https://www.honda.co.jp/recall/motor/info/221208_5255.html?from=RSS?皆様、如何お過ごしでしょうか。今週はホンダからCB1300SF/SB/P と、3車種のリコール情報が出ておりました。ちょうど来週が6か月点検でしたので、点検と併せてリコール対策作業が可能かお世話になっておりますディーラーさんに確認しました。結論から申し上げますと、まだ部品の準備が整っていないことから、来週の点検に併せてリコール対策作業を行うことは困難とのことでした。また、想定している作業時間は3時間だそうです。部品の準備以上に、1台あたりの作業時間を確保する方...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【サウンドテスト動画あり】TRICK STARからCB1300SF/SB用スリップオンマフラーが新登場!
    【サウンドテスト動画あり】TRICK STARからCB1300SF/SB用スリップオンマフラーが新登場!

    TRICK STARは、CB1300SF/SB用の政府認証スリップオンマフラーを新たに発売した。 最新型式のCB1300専用設計のサイレンサーは、内部構造をストレート構造にすることで、低音が残るエキゾーストサウンドに仕上がっている。カラーはチタンと焼チタンの2色から選択可能だ。 CB1300SF/SB【8BL-SC54】政府認証スリップオンマフラー TRICK STARからCB1300SF/SB用の政府認証スリップオンマフラーが発表された。最新型式のCB1300専用設計したサイレンサーは、内部構造をストレート構造にすることで、低音が残るエキゾーストサウンドに仕上がっている。 サイレンサー位置を全体的に前方に配置し、そこに合わせてパイプレイアウトも変更することで“一番かっこよくみえるマフラー角度、レイアウト”に設計されている。 価格は焼チタンカバーが12万9,800円、チタン素地カバーが11万8,800円だ。 【100×400 焼チタンカバー】 【100×400 チタン素地カバー】 ...

  • 新年、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。皆様はバイクのナビに何を活用されておりますでしょうか?結構、スマホを活用されている御仁が多い様な気がします。私もスマホを活用していたのですが、ここ数年、振動でカメラが壊れるという記事が散見されております。今のところ私のスマホは無事で、実際どうなんだ?とも思いますが、Apple社が現認しておりますので、サブスマホをテザリングしてマウントしていたのですが…テザリングがよく切れるんですよね。その度に接続し直すのも手間で、どうしたものかと思案していましたら、現在メイン機で契約しているギガホプレミア(60GB)をテザリングせずにSIM...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 今年の広島は暖かいのか、この時期でも日中は17℃。 まだ、バイクに乗ることが出来るというのが嬉しいですね!私は、転勤で広島に来ているのですが、その前は北海道に居りました。11月?3月になりますと、降雪と路面凍結によって必然的にバイクは長期保管となりましたから…なんなら峠ではGWに雪が降っていました。誤解を恐れずに言うと、北海道はツーリングに行く場所であって、住んでツーリングをするには活動期間が狭まれる場所なのかも知れません。就職して22?29歳まで東京に居て、29?43歳までは転勤で札幌に居て。なので北海道は今でも大好きな場所なんですけれどね。さて。今日はディーラーで購入後6か月点検を受けてお...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 皆様、CB1300SBのカウルミラーって、どれぐらいの頻度で格納?開いて?おりますか?私は駐輪場から出入庫するたびに格納して、開いております。駐輪場の扉が1mちょうどしか無く、前進ではRがキツくて入らず、スロープをバックしながらハンドル切って出入庫していますので、ミラーを開きっぱなしに出来ないのです。その度に、ミラーの開き具合を調整するのがいよいよ面倒になって参りましたので…白色ペンで調整した位置をマークしちゃいましたwステーの位置が決まれば、毎回はミラー調整はせずに済みますますのでオススメです。ちなみに私が使ったペンは三菱鉛筆ポスカで、「不透明+水性+顔料インク」というものです。下手に書いて...

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • 今年は11月になっても暖かな日が続いておりますね。それでも冬は来るということで、気に入った製品の在庫があるうちに!RSタイチの電熱グローブを購入しました。本当はショートカフが好みだったのですが、最大公約数的にバッテリーを入れられるロングカフを購入しました。本日、日中は20度。電源入れずにお試しで走っておりますが、やはりカフが長いとジャケットの袖に入れ難いです。バッテリーとか入れたら、グローブしてからジャケット着るしかないのかな?既に真冬にしか使わなくなりそうな予感です…

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 6月に納車して、走行距離も2200kmを超えました。最近(先週から?)、路面から振動を拾うと、カウルのビビリ音が気になる様になって参りました。あれ?カウルポケットに何か入れていたっけ?という様な音で、アイドリングによる、特定の回転域でミラーが振動するといった可愛いレベルではない音でした。そして、昨日。ミラーを畳んだ時に、カウルが若干ながら(1?2mmぐらい)上がったのです。整備書に書かれているパーツで言うと、ステーA アッパーカウルを止めているボルトが緩んでおりました。この緩みでカウルが上下に振動してしまい、ビビリ音を出していた可能性から、写真矢印のボルトを増し締め。試走したところ、ピタッとビ...

    • いいね(0)
    • コメント(4)
  • 【新車】CB1300スーパーフォアSP/CB1300スーパーボルドールSPに新色登場!193万6000円で5/23より発売【モーターサイクルショー2024】
    【新車】CB1300スーパーフォアSP/CB1300スーパーボルドールSPに新色登場!193万6000円で5/23より発売【モーターサイクルショー2024】

    ホンダは大型ロードスポーツ「CB1300SF(スーパーフォア)SP」と、ハーフカウルを備える「CB1300SB(スーパーボルドール)SP」にそれぞれ新色を追加して発売する。昨年発売された「30周年アニバーサリー」カラーに似た、ホワイトベースのレッド×ブルーの「パールサンビームホワイト」が新登場となった。 発売は2024年5月23日(木)。価格は変更なく、CB1300SF SPが193万6000円、CB1300SB SPが204万6000円だ。 SPは従来カラーのブルーも継続!2色のラインナップ 1998年登場のCB1300スーパーフォアは、「スーパーフォア」シリーズのシルエットをそのまま、1284ccの水冷並列4気筒エンジンを搭載するビッグネイキッドだ。2005年にはハーフカウルを装備したCB1300スーパーボルドールが追加され、スポーツツアラーとしても存在感を発揮。さらに年を追って装備を更新し続けており、2017年にはLEDヘッドライトやETC車載器を採用、2021年には電子制御スロットル、ライディングモード選択といった、ホンダのネイキッドのフラッグシップらしい充...

  • 西日本はお盆からずーっと雨続きですね。バイクに乗られている方は、雨天対策、防犯対策に、バイクカバーを使用されている方が多数かと存じます。私の駐輪場は鉄扉に囲まれた屋内駐輪場なのですが、それでも防犯対策にバイクカバーを使用しております。使っているものは純正オプションのカバーです。平山産業製なのかな?CB1300というくくりでは無く、SFとSBで専用設計されており、ジャストフィットしております。中はマフラー側に耐熱生地が追加され、後ろにファスナー、前後にロックが掛けられるホールがあります。パニアやトップボックスを装着していない方には使えませんが、オススメですよ!

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    たぱかめ
    車種
    CB1300スーパーボルドール

    フロントフォークガードブランド:K-FACTORY:ケイファクトリー:Kファクトリー 商品番号:000WZAC002Pを装着しました。装着難易度は以外に高いです。アウターチューブを傷つけないよう慎重に作業する必要があります。ドレスアップ効果は大。フォークガードとしての性能は不明。コスパは悪。これを買うなら、キジマ製の安価な物で十分だと思います。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 今日の広島は暑過ぎてバイクに乗る気にならず、日陰の駐輪場でバイク弄りをしておりました。通販でデイトナさんのプレミアムゾーンを購入しましたので早速お取付け。本体色のキャンディレッド?と、レッドに染色したアルマイトと、なかなかマッチしております。汎用的なプラスドライバーでプレートを盗られ難いというのもポイントです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • しまなみ海道?四国カルストの帰りはフェリーで帰って参りましたので洗車しました。このあと新車1ヶ月点検に出掛けて参ります。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • スマートフォンホルダーを選定していたのですが、幾つかのスマホを載せ替える可能性がありましたので、専用ケースが不要なデイトナさんのものを選定しました。なかなか質感が高く、CB1300SBSPのハンドル周りにもマッチしております。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【速報】CB1300に新色の2024年新型が5月に発売か!?これがファイナルの可能性も?【モーターサイクルショー2024】
    【速報】CB1300に新色の2024年新型が5月に発売か!?これがファイナルの可能性も?【モーターサイクルショー2024】

    王道の直4ネイキッド、CB1300SF/SB SPにニューカラーが登場する模様。伝統の白×赤に金ホイールをあしらい、前年の30周年記念モデルに近いカラーをまとうらしい。次期規制が適用されるまで存続する見込みだが、これが最終型となる可能性もゼロではない!? シンボルの白×赤を与えたSP仕様が5月に発売される? 丸1眼ヘッドライトに直列4気筒、リヤ2本ショックとテールカウルを備え、まさに和製ネイキッドの代表格であるCB1300スーパーフォア(SF)。「プロジェクトBIG-1」のコンセプトを基に、1993年型で初代CB1000SFが生まれ、31年目に突入したロングセラーだ。 1992年に登場した弟分CB400SFは2022年10月末で生産終了したが、兄貴分の1300は現役でラインナップ。2023年モデルとして30周年記念の特別仕様が発売されたことは記憶に新しい。 そして新たに2024年型SF/SBが登場するとの噂。オーリンズ製の前後サスとブレンボ製ブレーキキャリパーを奢るSPグレードに新色のパールサンビームホワイトが導入されるようだ。 発表は東京モーターサイク...

  • どちらもタンクの美しさを引き出すクリアカラー。タンクパッドはデイトナのワンピース。ニーパッドはONE Design。どちらも気泡入っていません。惚れ惚れ?笑

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • 投稿日
    投稿者
    TOM
    車種
    CB1300スーパーボルドール

    SPEEDRA タンデムステップ交換

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TOM
    車種
    CB1300スーパーボルドール

    TSR バックステップに交換

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    たーし
    車種
    CB1300スーパーボルドール

    ノーマルマフラーからLCI GPマフラーに交換ノーマルから野太い音なので負けない爆音仕様のこのマフラーにしましたまだ家の周りで試運転しただけなので深くは分かりませんが音は確かにノーマルよりうるさい様です。追伸300キロ程乗車してみた所、トルクの落込みは出だしの低速が少し落ちたかなー位で判らない程度でその反面5000回転辺りからの加速が良くなった様です。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • カスタムの定番、フルエキマフラーそのメリットは音、軽量化、出力アップ、そして「好きなサイレンサーをつけられる」ことですね!ワイバン取り付け後、某吹雪型駆逐艦みたいな名前のサイレンサーにあこがれて購入、取り付けようとすると… つかない…大型バイクは一般的に60.5パイ(だと思ってます)ですね、買ったサイレンサーも入り口径は60.5、なぜつかないのか…?なんとCB13002018年適合ワイバンのサイレンサーとの接合部の集合管出口には触媒がみっちり詰まっていてそのせいで径が61.5くらいまで太くなっていました、そらつかないです…バイク用で売っている変換パイプもそんな径は売っているわけもなく、探しに探...

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • スポーツツアラーとはどんなバイク?おすすめ人気車種を紹介!
    スポーツツアラーとはどんなバイク?おすすめ人気車種を紹介!

    ヨーロッパなどで昔から非常に人気が高いカテゴリーがスポーツツアラーです。 その理由はツアラーとしての性能を高いレベルで満足しているだけでなく、走り自体も楽しむことができるから。 荷物の積載性に優れていて長時間の高速巡航も快適にこなし、出先で出てきたワインディングも満喫できてしまうという欲張りな人に最適なバイクなのです。 そんなスポーツツアラの魅力を詳しく説明していくことにしましょう。 スポーツツアラーとはどんなバイク? スポーツツアラーとは、文字通りスポーツバイクとツアラーの性格をあわせ持ったバイクのことです。 エンジンは高回転パワーだけでなく、低中速も重視して乗りやすい性格になっているマシンがほとんど。 ハンドリングにも高い安定性が与えられているので落ち着いて走ることができます。 高速走行時やコーナーリングで安心感があるので、ベテランライダーたちからも高く評価されるバイクが数多くラインナップされています。 →全文を読む 情報提供元

PAGE TOP