ヤマハ  RZ250

  • 車種:RZ250 

RZ250のカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全28件
  • 投稿日
    投稿者
    てる+FZR250R
    車種
    RZ250

    ブロンコにつけて味をしめてRZにもつけました。ブロンコと同じようにアクセルのオンオフ時のエンジン&車体の動きが全体時に滑らかになりました。ただ・・・パワーバンド前に入る時の・・・・ぱぁぁぁあああああ!!!!って加速感も柔らかになりました。あとは気のせいのレベルかもしれませんが振動が減った気がします。エンジンをかけて、暖気するのにアクセルをあけた時から拭け上りの軽さは感じた。あまり暖気しすぎるのもよくないのでシリンダーが人肌くらいになったら発進。エンジンが温まってなくてもそこそこ走る気がする。取付前はもうちょっと神経質に乗っていたと思う。アクセルをわざと多めにあけても滑らかに走る。暖気後。パワー...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    おーこ
    車種
    RZ250

    皆さん、こんにちわ。ここ数週間、RZばっかりイジっています。まぁそれだけヤレて来てるんですが。近々に長距離を走る予定があるので、今回はチェーンを洗っておくことにします。メインはRZですが、作業は3兄弟まとめてやってみました。

    • いいね(2)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    おーこ
    車種
    RZ250

    皆さん、こんにちわ。告白します。実は気付いてはいたのです。気付いてはいたのですが、気付かないフリをしていました。しかしコレ以上気付かないフリは出来ません。今回はソレと対峙します。

    • いいね(1)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    おーこ
    車種
    RZ250

    皆さん、こんにちわ。既にご承知の通り、3台同時進行です。自分では効率的にヤっていると思っていますが、そうじゃないかも知れません。そんなトキはコッソリご連絡下さい。ワタシもアナタも幸せになれるかも知れません。(笑)

    • いいね(2)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    k2☆初心者2stライダー
    車種
    RZ250

    どうもk2です。本当は250TRの作業を進めていきたいところではありますが、RZ250に軽い不具合が見つかったので今回はRZのメンテ日記になります。先週アップしたソロツーの前に行ったチェーンメンテもあわせて紹介していきます。見つかった不具合は排気漏れです(爆)先日天気がよかったので日曜日にツーリングに行こうと走り出したところ、なにやら聞き慣れない音が足元から聞こえてきました。音の感じ的に排気漏れの音だったので、チャンバーを確認したら案の定漏れてました。2番シリンダーからのオイル漏れ方がひどかったので転倒のダメージによるものだと思われます。ガスケットが限界を突破したようですが、オイルにじみの量的...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【ホットアンドクールRZ250(ヤマハRZ250)】オリジナルコンプリートの足まわりが進化した最新作【ザ・グッドルッキンバイク】
    【ホットアンドクールRZ250(ヤマハRZ250)】オリジナルコンプリートの足まわりが進化した最新作【ザ・グッドルッキンバイク】

    機能も加えたブラックのトーンでも精悍さアップ 1980年のヤマハRZ250登場時の頃は高校生で、これに大きな衝撃を受けたというホット&クールの松原さん。好きでRZに乗り、ショップもオープン。それからしばらくして、2012年頃からは受注生産による前後17インチのRZコンプリートカスタム車の製作・販売を手がけてきた。この車両もその1台で、2020年夏の最新作となる。 「今回はトシテックさんとアドバンテージさんがコラボして販売しているEXACT(イグザクト)ホイールを使ったんです。そのおかげもあって、全体的にシャープで格好良く仕上がったと思います」と、松原さん。鍛造による細身10本スポークホイールが醸し出す現代的なルックスや必要最小限の機能美といったものが、確かに効いているようだ。 同時に3MA(後方排気TZR250)を流用したフロントフォークのインナーチューブにもDLC(ダイヤモンドライクカーボン)加工が施され、足まわりをブラックで統一することによるシャープ感は一気にアップ。 丁寧な組みのエンジン、ノーマルを踏襲したカンチレバーリヤサスによってRZが本...

  • 投稿日
    投稿者
    k2☆初心者2stライダー
    車種
    RZ250

    どうも、k2です。今回はメンテ日記になります。最近また少し始動性が悪いなと感じていて、何気なくバイクの写真を撮っていたら気づいてしまいました。右キャブ、油面狂ってしまっていたようです。ゴミを噛んだか、ニードルバルブが磨耗したのかわかりませんが、ガソリンの滲みがありました。どうせならと左右とも掃除もかねて分解清掃+調整を行いました。結論を先に話すと、右のフロートだけ1ミリメートル油面が高い状態でした。一応基準値の21ミリメートル±1の範囲内の22ミリメートルでしたが、フロートは新品ではないので規定値以上になっていたのかもしれません。左は基準値ぴったりの21ミリメートルでした。ただ、どちらのキャブ...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    モコモコ
    車種
    RZ250

    por-15使って穴埋めコーティング暖めてーの、かき混ぜてーの、いれるーのぬくぅーの安いのでおすすめです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    モコモコ
    車種
    RZ250

    張り替えて見ました。デイトナの皮ダイソーのタッカーとカインズの針

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    モコモコ
    車種
    RZ250

    綺麗なタンクを落札したけど・・穴空いてた・・ あうぅ  ( ノД`) [悲]

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    RZ250

    オーバーサイズピストンに併せてシリンダーをボーリングして頂いたので、腰上オーバーホール開始です。先ずはクランクシャフトにピストンを装着!

    • いいね(4)
    • コメント(2)
  • 史上空前のバイクブームはやはりスゴかったッ! 昭和時代250ccバイク販売台数ベスト10
    史上空前のバイクブームはやはりスゴかったッ! 昭和時代250ccバイク販売台数ベスト10

    史上空前のバイクブームはやはりスゴかったッ! 昭和時代250ccバイク販売台数ベスト10 史上空前といわれた、1980年代のバイクブーム。 ピークの1983年には328万5000台の販売台数を記録したほど売れに売れたバイクであったが、ここで疑問に思うのが「いったい昭和の時代にはどのバイクが一番売れていたのか?」ということ。 昔の資料を調査すれば出てきそうな気がするが、実のところ車種別に「そのバイクが実際に売れた数」を把握するのは非常に困難。 工場出荷台数、登録台数などが入り乱れ、当時の各バイク雑誌は独自ルートで得た情報から数値をはじき出していたのが実情だ(特に原付は分かっても東京都のみ)。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    taiko
    車種
    RZ250

    ほとんどツーリング用に使用していたRZですが、走行距離が伸びないので通勤に使用することにしました。走るのが最高のメンテナンスと教えてもらったし、会社の地下駐車場は雨露や直射日光が防げますので・・・。今まではRZ350用のマフラーだったんですが、サイレンサーだけRZ250用に交換してもらいました。すると、あーら不思議。弾けるような2サイクルサウンドが、ルルルルルっといったモーター音に変わりました。拍子抜けするくらい静か。6000RPM付近にパワーバンドの谷が出来たけど、静かさ優先です。会社の同僚はともかく、会社の近所から苦情が出るのが怖い。地下駐車場に響き渡った爆音?が無くなりました。ところで3...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    やってしまった。フロントフォークを痛めつけてしまった。ブレーキをかけるとカコッと音がすることがあるので、どこから音がするのかと何回もやってしまった。きっとそれが原因だ。休眠前からフルボトムさせるとオイル漏れがあったから。でもこんなにダラダラは初めてだ。バイクショップで相談し、フロントフォークを交換することにした。まあいい、これで異音がフロントフォークからかステムベアリングからかはっきりする。

    • いいね(1)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    サイレンサーにグラスウール巻いてみました。マフラー後部が絞れて本来の充填効率になるかなと、思って。

    • いいね(0)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    前回の日記までで油分落としに根負け。水酸化ナトリウム含有洗剤でのカーボン落としにかかる。いりいろ調べたが、カーボンを落とすのに水酸化ナトリウムがどう作用するのか分からない。そもそも水酸化ナトリウムが洗浄に作用しているのか?よくわからないけど、とにかくやってみよう。説明書には15分~30分となっているが、2時間そのままにしてみました。

    • いいね(3)
    • コメント(9)
  • 投稿日
    投稿者
    masa
    車種
    RZ250

    今日は早起きしたのですが風が強いのでRZRの洗車を・・・・。ビールパーティーの景品で貰ったスチームクリーナーまで引っ張り出し、気合充分です!外装外してスチームの電源ON・・・・・、ここでドラゴンパパさんからLINEが、ツーのお誘いです(泣既に徹底抗戦の構えで洗車を始めたので、今回はご遠慮しました。それを予期したかのように職場から電話が...(泣一時中断で職場に向かいます。

    • いいね(2)
    • コメント(8)
  • クラッチレバーを握ってローギアに入れた途端にエンスト……。長期不動車はクラッチの張りつきに要注意
    クラッチレバーを握ってローギアに入れた途端にエンスト……。長期不動車はクラッチの張りつきに要注意

    原付からビッグバイクまで、マニュアルミッション車の大半が採用しているクラッチはエンジン内でオイルに浸った状態で作動する湿式多板式です。オイルが付着していても保管状態によってはスチールプレートが錆びることもあり、サビが発生しなくてもスチールプレートとフリクションディスクが張りつくこともあります。シフトペダルを1速に入れるとガクン!とエンストする場合は、クラッチカバーを外して内部を点検してみましょう。 2種類のプレートで動力を断続しているクラッチ [fontsize size="2"][color color="#555555"] クラッチ部品の中で、最も外側にあるのがプレッシャープレート。クラッチスプリングがプレッシャープレートを押すことで、フリクションプレートとスチールプレートが圧着されてエンジンの動力がミッションに伝わり、後輪を駆動する。本来、ボルトとスプリングを取り外せばプレッシャープレートは手で取れるはずだが、長期放置中にスチールプレートを張りついてしまい、工具で剥がさなければならない状態になってしまった。[/color][/fontsize] ...

  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    オイル漏れがひどいのです。本当はクラッチ側のオイル漏れの方がひどいのですが、キックシャフトだと自分でもできそうなので、やってみました。

    • いいね(3)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    ブレーキがあまりにも効かなかったので、改善策を検討。底付きするまで握っても聞かないので、これはブレーキホースが劣化して膨らんでいるからだと断定。ステンレスメッシュホースに交換しました。効果はてきめん。しっかり効くようになりました。パッドも代えるとベストでしょうが、それはお金の余裕ができてからです。とりあえず普通に乗れるようになりました。

    • いいね(1)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    ようやく時間が取れたので、レストアしたメーターを取り付けました。

    • いいね(0)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    休眠させる前から感じていたが、RZらしい加速をしない。これはチャンバーが詰まっているからだ。サイレンサーを抜き取り清掃を試みることにした。

    • いいね(0)
    • コメント(3)
  • 投稿日
    投稿者
    旅人S
    車種
    RZ250

    レストア完成!と喜んで走り初めしていた前回のレポート。実は帰りにモーターの歯車が唸るような異音が発生していた。異音はメーターからと判明。ケースは新品なので綺麗にみえるけど、中はオイルが切れ、メタルが焼きついた音でした。早速レストア・修理に出しました。予算は底をついているけど、仕方がない。

    • いいね(2)
    • コメント(4)
  • 個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’80年代#1〉カタナ/RZ250/CBX400F/XJ400D/XJ750D
    個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’80年代#1〉カタナ/RZ250/CBX400F/XJ400D/XJ750D

    ●まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:YM/BM ARCHIVES 造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。本記事では、歴代の個性派&傑作メーターのうち’80年代を紹介する。丸型2眼が主流ではあったものの、角型メーターも登場。燃費計や電圧計が追加され、一部に小型液晶パネルも増設された。 スズキGSX1100Sカタナ[’81-]:メーターまでも革新的だった ’70年代にほぼ消滅したコンビメーターだったが、名車カタナで復活を遂げた。ヤマハYDS-1やホンダCB72と異なり、速度と回転計の指針はともに時計回りだが、配置が絶妙。速度計の針がタコを追いかけ、シンクロするかのよう。全体の造形はもちろん、メーターの動きまでもが美しい。 →全文を読む 情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP