物流業務の遅延に関するご案内【Webikeショッピング】

スズキ  HAYABUSA

  • 車種:HAYABUSA 

HAYABUSAのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全170件
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、ブレーキ・クラッチのフルード交換です!ハヤブサ君は、リアブレーキのフルード、クラッチのフルードを交換する際、外装を外さなくてはなりません。これが面倒で・・・。外装外しというか、組み込みが苦手で、いつも苦労します!パズルとか好きでないんで・・・。

    • いいね(3)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、装着後のエンドレスパッドのチェックを兼ねて、キャリパー清掃をちょこっとしておきました!ローターは新品ではなかったのですが、エンドレスのパッドがキレイにしてくれて、片減りや、当たり面に変な傷もなく、一安心しました!

    • いいね(1)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、訳の分からないHayabusaのSTD キャリパー、スズンボ「黒のスティルマ」?(ブレンボのカタログにない)が気に入らないので、ブレンボキャリパーに換装しました!

    • いいね(5)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    毎日々寒い日が続きますね!コロナや、寒気に負け、引きこもりの毎日で、春までにはやりたかった数件の内の1件の作業を行いました!仮に付けていた、ブレンボの新カニキャリパーを、CNCキャリパーへ交換しました!関東はものすごく暖かかったようですが、わが地域は、雪が舞い、寒くて、午後から少し暖かくなったような気がしたので、作業してみました。フロントのキャリパー交換は、いつになることやら・・・

    • いいね(6)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    ようたん
    車種
    HAYABUSA

    はやぶさのフロントウインカーもLEDに。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • PONTA SPL. HAYABUSA(スズキHAYABUSA)独自ルックス&4本出しの東北BUSA!【ザ・グッドルッキンバイク】
    PONTA SPL. HAYABUSA(スズキHAYABUSA)独自ルックス&4本出しの東北BUSA!【ザ・グッドルッキンバイク】

    他にないBUSAでツーリングも楽しむ 2021年9月20日にスポーツランドSUGOで開いたヘリテイジ&レジェンズ初のカスタムコンテスト、“H&Lバイクビルドオフ”。総勢12台のエントリーの中から上位3台を投票制で決める中、3位に食い込んだのがPONTAさんのハヤブサ。1位750SS、2位NSR250Rで3位がこのハヤブサと、世代が分かれたのと同様、車両の方向性も三者三様。この車両では特に、独特なそのイメージが人気となったようだ。 見ての通りと言うか、初見から他のハヤブサ・カスタムとはひと味異なることがありありと分かるこの車両。ベースは第1世代だが、そこはさておいて、ひとつひとつ追っていくと成り立ちも独特。ラウンド感のあるノーマルに対してレイヤードやエッジを駆使したフロントカウルはサイドのMotoGP調ウイングレットとともに黒魔テック製。さらにヘッドライトカバーを追加、純正ロアカウルは外した上でベリーパン(ネイキッド車等に追加する、いわゆるアンダーカウル)を装着して、軽快感と機種不明感も醸し出してくる。これとバランスを取るようなスリムなシートカウルはGSX-R100...

  • 投稿日
    投稿者
    ハンガリー
    車種
    HAYABUSA

    隼のバッテリーを充電しておきました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ひろ
    車種
    HAYABUSA

    フェンダーを停めてる箇所の質問に答えます、純正クリップはかなり入りにくいですが刺さればしっかりと固定はできますクリップを分割してフェンダーをしっかり押さえクリップが引っ掛からず真っ直ぐ入る所があるのでそこで真ん中の棒を入れてメガネか何かでクリップを押さえつけて入れます

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ようたん
    車種
    HAYABUSA

    隼2010年式HIビームがハロゲンだった為、いつかLEDにしたかったのですが、知人の先輩から頂いたので取り付けます。隼はH9(HI)先輩のセコイアのヘッドライトユニット交換したのであまったみたいです。うれしー

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ようたん
    車種
    HAYABUSA

    隼 グリップ交換しました以前はドミノの白今回は知人もつけている、プログリップ耐震ゲルつき 握りがついているやつ

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、前回からの続き!トキコのキャリパーからブレンボ2Pに交換し、部品が入荷したら取付、フルード入れエア抜きだけの状態までいきました。 リアのフルードのタンクがシート下でなく、リアのカウルを外さないといけないとは・・・(泣)フルード交換時大変ですね! 新型ハヤブサに乗って見える方へ、リアのブレーキフルードの点検したほうが良いです!新車なのに、腐ったようなフルードが入っていました!、フロントは、キレイでしたが・・・。生産国はインドですね、あの色が標準なんですか?

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 3代目ハヤブサ純正のブレンボStylemaキャリパーがなかなか良さげな件
    3代目ハヤブサ純正のブレンボStylemaキャリパーがなかなか良さげな件

    ブレーキシステムのサプライヤーとして長年トップに君臨するBrembo。 現在ではMotoGPシェア100%(!!)ともはや揺るぎようのない地位を確立しています。 ですが、今回はそっちのブレンボではなく、みんな大好き純正流用カスタム!なお話です。 昔から”ヤマンボ”や"スズンボ"の愛称で親しまれ?てきた、OEM生産品のブレンボ。 JOG ZRのアレはとうの昔に生産終了、多くのマシンに装着され親しまれていた100mmピッチのブレンボキャリパーも知らぬ間に廃番になっています。 ただ、すべてが無くなったわけではありません。今回はそんな純正流用界のニューフェイスをご紹介します! 令和の定番スズンボ⇒ラジアルマウントキャリパー 2011年デビューのスズキGSX-R600(L1)辺りから様々な車両に採用されているブレンボモノブロックキャリパー。 カラーリングは初登場時のシルバーから、GSX-R1000(L2)辺りのゴールド、はたまた現行GSX-Sシリーズのオプション品としてレッドまで多岐に渡り、スズキのビッグバイクへの採用や純正流用品として親しまれています。 そん...

  • 投稿日
    投稿者
    ひろ
    車種
    HAYABUSA

    逆シフトでロッドがフレームカバーに当たるのでワッシャーでスペース作り

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、一番最初にしたかったリアキャリパーの、ブレンボへの換装に手を付け始めました!が、痛いミスが出てしまい、あえなく延期となりました。 キャリパーサポート取り換えと、ホース交換のため、リアタイヤの脱着があるので、高齢のため筋力が衰えているため、ショップにまかせようかな?とも、思ってます。自分ならすぐ取り掛かれるのですが、ショップに出すと時間がかかり、金までかかります!どうしようかな~?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ひろ
    車種
    HAYABUSA

    発注から2ヶ月、やっと届いた?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    PiyokichiRider
    車種
    HAYABUSA

    やっと届きました。ベビーフェイス!色はブラックにしました。調整中ですがほぼ決まったかな一番高くしたほうがしっくりします。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    ブレンボマスター取付時、未入荷だったクラッチのラインが本日入荷してきたので、とりあえず取付!ブレーキ、クラッチとも、フルードを入れていくだけとなりました。(スイッチ類加工含む)

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【HOMURA SPL. HAYABUSA(スズキHAYABUSA)】ドラッグレースに復帰し独自にタイムを詰めていく【ザ・グッドルッキンバイク】
    【HOMURA SPL. HAYABUSA(スズキHAYABUSA)】ドラッグレースに復帰し独自にタイムを詰めていく【ザ・グッドルッキンバイク】

    ハンドルやステップのパーツデータ収集にも役立てる 第3世代ハヤブサの国内発売から1年近く、街中で走る姿もだんだんとと見られるようになってきた。ようやく’22年春のモーターサイクルショーで見たという人も多いだろうから、浸透はこれからかもしれない。そこでこの車両だが、ゴールドでオリジナル・フルペイントされ自作キットによってローダウン、さらに独特の形状を持った左右出しチタンマフラーを備えるなどしている。ライダーにしてオーナーは炎 貴光さん。ここでなぜライダーと書いたかというと、’21年JD-STERドラッグレースシリーズに参戦していたからだ。 5月の緒戦にはマットソードシルバーメタリックのカラーリングも含めてフルノーマル状態で参戦し、10.228秒というベストET(スタンディグスタートから1/4マイルへの到達タイム)を記録した。オーナー炎さん、じつはこの時が18年ぶりのドラッグレース参戦。そういえば20年近く前のオートポリスでのゼロヨンフェスティバル。そこに出場していた、白×青のフレアパターンで塗られた初代ハヤブサ+スウェーデン製ターボのライダーが炎さんだった。 ...

  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    カワサキ純正、ホンダ純正で、最初からついてるバイクはいいですよね!スズキの上位モデルは、付いてないの?SUZUKIのブレンボキャリパーは国産?で、ニッシン製?なんですかね?ブリーダーボルト8ミリメートル、バンジョウボルトのピッチは、ニッシンとおなじで、P1.0のブレンボ用が入りません!さすがスズンボと言われる理由がわかりました。で、ブレンボマスター取付と、ブレーキ側ステンレスホースの交換までしてみました。クラッチのラインがまだ、未入荷で、今週末までには・・・入ってくるかな?どうせ、台風だし、コロナだし、何処へも行けないので、こんな事ばかりです!

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、昨日の天気予報は曇りで、コロナの緊急事態宣言中なので、近所のツーリングを予定してましたが、・・・雨、雨、雨! なら、ブレンボマスターを取付けようと・・・。クラッチマスターに取付けたスイッチの2本がボロっと折れ落ちてしまいました!これの修理が終わったら、本体取付になります。いつになることやら!やる気スイッチOFF!になってしまいました!

    • いいね(0)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、コロナの緊急事態宣言と秋の長雨の中、することや、行くことがないので、SUZUKIメーカーOPのチェーン・アジャスターの換装とKファクトリーのチェンジシャフトホルダーの取付を行い、これらは完全に衝動買いのパーツです。バイク2台と息子の車関係のパーツがゆったりと入る屋根付きシャッター付の大きなガレージが欲しい!大雨の中、カーポートの真ん中あたりで、小さくなっているのは、いやですね。

    • いいね(2)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    今回は、ず~と待っていた新型ハヤブサ用のパーツがやっと、届きました!メーカーさんから連絡はもらっていたのですが、もっと8月下旬になると思っていたのですが、予想よりはやく到着!ものすごく待っていた一品です。

    • いいね(3)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆーくん
    車種
    HAYABUSA

    やっと、やっと、新型ハヤブサ用のフェンダーレスキットが納品されたので、熱いなか、取り付けしました!取付後、ちょっと乗る予定が天気が悪くなり、そのまま車庫へ・・・・(泣)予定が詰まっているので、また、来週?初回点検もあるし、忙し忙し!

    • いいね(2)
    • コメント(2)
  • オーナーが語る!「HAYABUSA」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】
    オーナーが語る!「HAYABUSA」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

    ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。 今回は、スズキ「HAYABUSA」についてオーナーの生の声をお届けします! ぶっちゃけHAYABUSAってこういうバイク!! 1990年代、国内メーカーは最速合戦に明け暮れていた。カワサキのZZR1100に対し、ホンダはCBR1100XXスーパーブラックバードを投入。そんななかスズキが満を持して1999年に登場させたのが、このスズキのハヤブサでした。 名前の由来は猛禽類の隼。時速300km以上を出せる地球上の生き物で最速の動物にあやかったというわけです。実際、ハヤブサは当時の量産市販車として最速の312km/hをマークしたそうです。 また見た目はフルカウルのスポーツバイクで、スーパースポーツと呼ばれるサーキットでの性能を追求したモデルとも姿カタチは似ていますが、そのキャラクターは真逆。ハヤブサが属する“メガスポーツ”と呼ばれるジャンルは、ヨーロッパの速度無制限高速道路(アウトバーン)での“超”高速域での安定性を...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP