スズキ HAYABUSA

Myバイクに登録する

Myバイク登録をすると、新製品情報やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

「Hayabusa」は、1999年に初代モデル、2007年に2代目モデル、2021年4月に3代目として全面改良して発売。初代から続く開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のお客様からご好評いただいているスズキのフラッグシップモデルである。 一目で「Hayabusa」とわかるデザインは、流麗なフォルムに大胆な面使いと前傾姿勢でシャープかつエッジの効いたスタイリングを採用した。ボディーカラーはフロントフェイス左右にある吸気口、ボディー側面、リヤまわりに車体色とは異なるアクセントカラーを用いたツートーンカラーとした。また、吸気口の縁にはポジションライト組込型ターンシグナルを採用。 1,339cm3直列 4 気筒エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気の機構変更などにより、低中速域における出力とトルクを向上しながら、空力特性の追求によって高速性能を落とすことなく、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応。電子制御システム S.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)には、出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど 5 つの制御レベルを選択できる「SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)」を採用したほか、設定速度を超えないようにするアクティブスピードリミッターを採用した。各種の電子制御のモード数を多く設定することで、街乗りやツーリングなど様々な走行シーンやユーザーの好み、技量に対応できるようにした。日本専用装備としてツーリング時の利便性を高める ETC2.0 車載器を標準装備した。 また、お客様の好みに応じて外装色の組み合わせや前後ホイールのカラーを選択できる「カラーオーダープラン」を設定した。「カラーオーダープラン」では、外装カウル3色、外装アクセントカラー3色、ホイール3色を組み合わせることができ、標準車体色 3 色を含む全 21 パターンの組み合わせの画像をスズキホームページ内の「Hayabusa カラーオーダープラン」サイトで確認することができるようにした。

排気量 1339cc
エンジン形式 DXA1・水冷・4サイクル・直列4気筒 / DOHC・4バルブ
最高出力 188ps / 9,700rpm
最大トルク 15.2kgf・m / 7,000rpm
車両重量 -
タンク容量 20.0リットル
  • 車種:HAYABUSA 

HAYABUSA  バイクレビュー

オーナー満足度
3.65 (同カテゴリ平均:3.79) 評価投稿数: 2010人
燃費
3.66
走り
4.75
ルックス
4.72
メンテナンス性
2.95
積載性
2.93
とりまわし
2.86
更新日
2022年11月22日
オーナー
しんさん
バイク保有状態
昔乗っていたバイク
SUZUKI HAYABUSA 2004年式 (1300cc)
自己評価
走り 5 積載性 3
ルックス 4 とりまわし 3
燃費 4 メンテナンス性 0
総合評価3.8

最新投稿写真

購入動機 長距離ツーリングが楽でそうでなおかつ値段が
お高くないやつ探していたところ、隼に行きつきました。
長所・満足している点 高速を使った長距離ツーリングは楽でした。
九州から東京、静岡などツーリングでもあまり疲れなかったです。
また、高速では燃費が20~23kmで思ったより燃費が良かったです。
短所・不満な点 不満な点といえば、車重があり取り回しが大変なところですかね。
なれれば 大丈夫ですが
それ以外は、特に不満などなかったです。
用途・思い出、これから買う人へのアドバイス
2型の隼も少しの期間ですが所有して(わけあって2か月程で手放しましたが)個人的には1型の方がレスポンスがよく2型の方は非常に調教された
感じがします。コーナなどは2型の方が曲がる感じでした。続きを読む

HAYABUSAのパーツインプレッションランキング

    HAYABUSAの買取相場

    平均 ¥0
    最高 ¥0

    カスタムガイドアクセスランキング

      整備ガイドアクセスランキング

        Myバイク アクセスランキング

          売れ筋商品ランキング

            PAGE TOP