12月13日(火) システムメンテナンスのお知らせ

スズキ GSX1100S カタナ (刀)

Myバイクに登録する

Myバイク登録をすると、新製品情報やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

ロングセラースポーツバイク「GSX1100S カタナ」の最終生産モデル「ファイナル エディション」。 「GSX1100S カタナ」は、1980年ドイツ・ケルンショーに試作車を出展。ドイツ人デザイナーのハンス・ムート氏による、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界のバイクファンの注目を集めた。翌年、輸出仕様車(排気量1100cc)の販売を開始。日本では、1982年から排気量750ccの「GSX750S」を販売し話題を呼んだ。また、1994年からはファンの要望に応え、「GSX1100S カタナ」の国内販売も開始した。 「GSX1100S カタナ」は1980年発表の試作車から基本デザインは変えず、機能面での改良を重ねながら約20年間にわたり生産を継続。他に類を見ない斬新なデザインで根強いファンに支えられているロングセラーモデルであるが、今回の「ファイナル エディション」で生産を終了する。 ●「GSX1100Sカタナ ファイナル エディション」の主な特長 1.限定販売としてプレミアム感の高い仕様に変更 ・アッパーブラケット(ハンドル取付部)に最終仕様としてのシリアルナンバープレート(1台毎の個別番号表示)を取付。 ・エンジン黒色塗装、シリンダーヘッドフィンの削り加工、アッパーブラケットの削り加工を施し、上質で精悍なイメージを演出。 ・チェーン、フロントディスクローター、リヤサスペンションダンパーを質感の高いゴールドパーツ(金色)とした。 ・車体色は、メタル感の高いソニックシルバーメタリック(銀)を設定。   2.性能をさらに向上 ・前輪ディスクブレーキに、軽量・高剛性の対向ピストン4ポットキャリパーを採用し、制動時の信頼性を向上させた。 ・車体フレームを強化し、剛性を向上。 ・整備性の高いチューブレスタイヤを採用。 ・スイッチボックスを変更し、プッシュキャンセルターンシグナルスイッチ、ハザードスイッチを追加。

排気量 1074cc
エンジン形式 空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
最高出力 95ps(70.0 kw)/8500rpm
最大トルク 8.6kg・m(84.3N・m)/4000rpm
車両重量 232kg
タンク容量 22.0リットル
  • 車種:GSX1100S カタナ (刀) 

GSX1100S カタナ (刀)  バイクレビュー

オーナー満足度
3.48 (同カテゴリ平均:3.69) 評価投稿数: 468人
燃費
3.38
走り
3.95
ルックス
4.81
メンテナンス性
3.48
積載性
2.63
とりまわし
2.65
更新日
2022年10月30日
オーナー
Cannonballerさん
バイク保有状態
今乗っているバイク
SUZUKI GSX1100S カタナ (刀) 1983年式 (1100cc)
自己評価
走り 5 積載性 5
ルックス 5 とりまわし 5
燃費 5 メンテナンス性 5
総合評価5

最新投稿写真

購入動機
長所・満足している点 兎に角、めちゃくちゃ、凄く、とても、すこぶる、超絶、怒涛に、どえらく、バリバリ、カッコイイ!の一言に尽きる。
短所・不満な点
用途・思い出、これから買う人へのアドバイス

GSX1100S カタナ (刀)のパーツインプレッションランキング

    GSX1100S カタナ (刀)の買取相場

    平均 ¥0
    最高 ¥0

    カスタムガイドアクセスランキング

      整備ガイドアクセスランキング

        Myバイク アクセスランキング

          売れ筋商品ランキング

            PAGE TOP