カワサキ  ニンジャ H2

  • 車種:ニンジャ H2 

ニンジャ H2のカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全55件
  • 投稿日
    投稿者
    コンビ二から峠まで
    車種
    ニンジャ H2
    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     H2のバッテリーは、多少アプローチしにくいのですが、ZX-14Rに比べれば、簡単ですよ。 シートが2段階で、外せるようになっていて、メインシートの下にバッテリーが有ります。

    • いいね(5)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     チョイとなめていましたねー。写真の工具で充分だと言わんばかりです。 で、写真の説明。エクステンションフェンダー本体、取付部に両面テープが着いた状態で届きました。 リベットを入れるための穴開け用に、ドリル&キリ。直径5mm=4.8mmのリベットを使いますので、5mmの穴を開けます。 と、キリをドリルに装着し、さー穴開け。 駄目じゃん!!。上手くキリを当てられない!!。 ジャ、フェンダーを外せば良いんだ!!と、ボルトは左右で4本撤去です。 ブレーキのオイルホースが固定されているので、ホースも外して、フリーに成りました。 でもね、フォークの間に収まっているフロントフェンダーは、ブレーキホースを固定...

    • いいね(6)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     ラジエターコアの損傷から、コアガードを取り付けたのですが、ついでにエクステンションフェンダーも付けることにしました。 と言うのも、ラジエターコアガードの取付の際に、カウルからかなりの量の小石が出てきたので、小石を拾って来にくいようにするためです。 W○で探すと、6千なにがし、密林で探すと、3千なにがし。 2千円以上の差は、大きいですよね。 昨日、ポチして、今日届いているのも凄いですよね。 装着は、明日以降ですが、状態をブログに残します。 写真は、届いた商品です。

    • いいね(3)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     ラジエターコアが、前輪からの小石跳ね上げで、ひどいことになって居て、冬眠する予定でした。 密林=Amazonで、何気なしにH2、ラジエターコアガードなんていう検索をすると、ヒットします。 ノジマ、トリクスター、R&G,エッチングファクトリーてな具合で、出てきます。 これらは、1.5から3.7万円くらいで、今更、3万円の出費もなー、と、その下に色々有りますねー。 値段も1万円以下です。 これなら、だめもと&、金網を加工して付けようかなんて考えていたので、多少、加工しても、金網よりは良いかなーと、ポチッとしチャイました。 聞いたことも無いブランド: QIANKONG=クアンコングとでも読むのでし...

    • いいね(4)
    • コメント(11)
  • 【カワサキのエンジン】過給によって魅力が深化。スーパーチャージドエンジンの乗り味を検証
    【カワサキのエンジン】過給によって魅力が深化。スーパーチャージドエンジンの乗り味を検証

    タービンによって新気を高い圧力で燃焼室に送り込むスーパーチャージドエンジン。現在の技術によって、スロットルレスポンスやトルクの出方のリニアリティが高まり、欲しいトルクを欲しいだけ、どこからでも取り出せるという魅力を獲得している。 独自の魅力を獲得したスーパーチャージャー ニンジャH2に初めて乗ったのは、2015年春の愛知県・スパ西浦モーターパークでのことであった。スーパーチャージドエンジンを搭載したハイパーマシンだけに、好奇心が高まるだけでなく、久々に緊張感に襲われた試乗だったことを思い出す。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     ナッナッナなんと、たかおくくって、そんな物いらない!!なんてイキがっていたら、結構ズタボロ。 メーカーも、この辺の事は、充分に分かっているのだから、最初から付けておくか、せめてオープションで”お勧めですよ”くらい有っても良さそうです。 現在7,191km走行で、7,117km時点でオイル交換したので、オイル漏れやら何やら、点検していたら、なんと、ラジエターコアの損傷が激しい事に気がつきました。 で、早々に、写真(WeBikeからコピペ)の商品を購入しました。 取付けるのが遅かった気もしますが、・・・・。 でもね、先ほど納期のメールが届きました。年内に届くかと思いきや、来年の2月以降。 すかさ...

    • いいね(3)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

    スマホのアプリは、以下のバイクで使えるようです。車種で、全ての操作が出来るかどうかは、多少の違いが有るようです。Ninja H2 CARBONNinja H2 SX SE+Ninja ZX-10RRNinja ZX-10R KRT EDITIONNinja ZX-10RVERSYS 1000 SEZ H2 SEZ H2Ninja 1000SXZ900Ninja 650Z650

    • いいね(3)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     やり出すと、結果が出るまで辞められないので、H2のリアアクスルスライダーの設置です。 写真の様に、割ピンが有るため簡単に付かないので、先ずは割ピンを撤去します。 皆さんのお知恵をお借りしようと、&メーカーに取る方法などを打診しましたが、反響もポヤポやでした。 構造を確認し、割ピンを分割して2個付けちゃえば良いと考え、実行です。 すったもんだして、タイヤホイールを外し、なんとか割ピンを撤去しました。 割ピンが無くなれば、後は、時間の問題で・・・。 設置が出来ました。 さー、どんな感じかなー?

    • いいね(4)
    • コメント(13)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     18年モデルのH2に付けていたように、H2カーボンにもリアアクスルスライダーを付けようと思い、部品を調達しました。 ところが、確認すると、写真のごとく内部に割ピンが有ります。 通しボルトを突っ込めば良いのですが、偏心していると付けた物が偏心して回り、回転にブレが発生すると思います。 18年モデルは、この様なピンが無く、別のバイクのリアアクスルスライダーに、長いスペーサーを挟んで装着し、実用範囲の速度で、後輪のブレは起こりませんでした。 ピンを曲げて、(簡単に曲がった)芯に合わせても良いのですが理由が有るであろう部品なので、確認している所です。

    • いいね(3)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     YAKUZA製のニーグリップパッドを貼ろうとすると、大きさと、形状から切り離すことにしました。 ほぼ、左右で同じように貼り付けられて、いざ確認。 5時間程、気にしながら走ってきました。

    • いいね(5)
    • コメント(14)
  • カワサキ Ninja H2 by トリックスター【プロフェッショナルカスタムマシン】
    カワサキ Ninja H2 by トリックスター【プロフェッショナルカスタムマシン】

    怪物マシンの雄叫びをサーキットで解き放つ トリックスターのレース参戦のノウハウが注ぎ込まれているのが、このニンジャH2だ。ニンジャH2でサーキットを走るうえで、スーパーチャージャーの暴力的な加速は大きな魅力ではあるが、その反面、コーナー立ち上がりでのスロットルコントロールには気をつかう場面も多くなる。そのため、このマシンで求めたのはスロットル開け始めの過敏さをマイルドにして扱いやすさを向上させること。そこで行なったのは電子制御のコントロールだ。 電子制御を変更する場合、まず用いられるのはサブコンであり、当初はオーナー自らがサブコンでスロットル開け始めのドンツキの解消を試みるも、どうしてもある一定のところで制御がかかってしまい上手くいかなかった。そこで、同店のECUアップデートプログラムST‐1で、ECUの書き換えを行なっている。これによりフライバイワイヤの制御とスピードリミッターを解除できるほか、点火タイミングの変更でドンツキを解消することができたという。また、スロットルグリップはインナーの巻き取り径をニンジャ250のモノに換えて小径化。スロットル開度が広くな...

  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     H2の長距離走行時の、右手の痺れ対策として、ニーパッドを手に入れました。 手の痺れに関して、先人のブログなどを確認していくと、原因が色々見えてきました。 医学的に調査・検討されているとは言いがたいのですが、なんとなく対策を行っていきます。 痺れに関して、バイクの形状に関して言及している事例はありません。 私的には、以下の項目が痺れの原因で有ると考えています。 季節的には、寒い方が多い。 ネイキッドよりレーサータイプが多い。 軽いバイクより重いバイクが多い。 &ハンドルの振動が??? で、対策。 寒さに関しては、オーバーパンツとか、温々インナーで特に足に関して対策できたと思います。 ハンドルの...

    • いいね(3)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     右手の痺れがひどいので、効果は分かりませんが、ハンドルバーのエンドウエートを重くしてみます。 片側約330gと表記されているデイトナ製に決めました。 配達されたので、早々に交換しました。 今回は、真面目に重さも量ってみました。

    • いいね(3)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     今回で2回目の長距離=500km程度の走行でした。 疲れてくると、この滑りやすいシートのおかげで、タンクに○○が密着してきます 走りにも影響しだすので、滑らないように加工しちゃいました。

    • いいね(5)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    MAKO
    車種
    ニンジャ H2

    BEETからヨシムラへ変更。当初、Webikeで購入予定だったんだけど、発注すると、後から納期未定でキャンセルとなったので、結局ヨシムラのサイトで購入しました。装着自体は、全く難しい事も無く終了。40分位だった。BEETは、前オーナーが購入装着してたんだが、走行中の音で疲れる。ヨシムラは、走行中、若干低音が聞き取れるレベルなので、非常に快適です。むしろ心地良い。デメリット的なものは、町中乗ってるときに、ドン付き感が少し増えたかなぁ...(対BEETサイレンサー)ECUの学習で改善されることを祈ってます。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     18年モデルのクラッチレバー部は、固定シャフト(ボルト)のグリスアップされていなかったことを思い出し、今日、確認しました。 確認して良かったです。多分、構造上カラー部が稼働するので、グリスアップの必要が無いのかも知れません???。 でも、確認すると、やはりグリスは付いていませんでした。 &、こすれて、すり減ったり、削れたカスが付いていたり、で、グリスアップしました。

    • いいね(5)
    • コメント(6)
  • 新旧『トップガン』に登場の新旧カワサキ ニンジャ、36年分の進化とは?「出力は115馬力から242馬力に!」
    新旧『トップガン』に登場の新旧カワサキ ニンジャ、36年分の進化とは?「出力は115馬力から242馬力に!」

    トム・クルーズが乗った2台のニンジャ「GPZ900R & H2」 1986年公開の大ヒット映画『トップガン』から36年、続編『トップガン・マーヴェリック』が上映され話題を集めている。バイクファンも熱い視線を送る作品だが、理由は前作で主人公マーヴェリック(トム・クルーズ演じるアメリカ海軍のパイロット)が基地でかっ飛ばしたGPZ900R(ニンジャ)が新作でも登場するニクい演出があるからだ。 ちなみに、1984年デビューのカワサキ製フラッグシップモデルの同車は、北米向けにNINJAの名称が付けられた初のモデル。以降もその流れは継承され、今に至る。そして『トップガン・マーヴェリック』にも再び「カワサキ ニンジャ」が登場する。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     先ずは、STDウインカーの防水加工からです。 シリコンを隙間と配線周りに注入し、硬化待ちです。  その間に、フレームスライダーを取付けます。 足下に、古い毛布を敷いて、作業開始。 マニュアルをよく読んで(笑)、んんんんん??????、なんとかなりました。 右から開始し、段取返して、左を行い、思いのほかスムースに完成でした。 続いて、ウインカーを汎用品から、STDウインカーに交換します。 これも、トラブル無しで、完了し、片付け終わったのが10時でした。 さー、芦ノ湖・箱根のスカイライン当たりを走ってきます。

    • いいね(4)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     この写真の、大きなイカツイマフラーを5kgほど軽くします。 前回は、トリクスターの雷で、音質が軽めでしたので、今回は、BEETのナサートにしました。 音は、聞いていないので、楽しみです。 12:30に開始し、40分には、取り外しが終わっていました。 ところが、いろいろと、すったもんだして、片付け終わったのが18時でした。  おまけとして 朝からカワサキのウインカーは、固定方法が特殊で、治具がネットで見つからないので、3mmのアルミ板で治具を作成しました。とりあえずこんなもんで良いかという治具が完成でした。 午後には、トリクスターのフレームスライダーが届いて、これも付けようなんて甘い考えでした...

    • いいね(6)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

     フェンダーレスにするのは良いのですが、数万円の専用品より色合いが気に入っている汎用品を付けるのですが。 固定位置の形状が違いすぎるので、先ずは、切断から。 そんなことをしながら、なんとかなって、フロントにUSB電源やら、エクステンションバーやら、取付けました。 ウインカーの配線は、2Pのプラグをオートバックスに買いに行きましたが、有りませんと、簡単に玉砕です。 ネットで、探しましたが、見つからず、諦めてSTDを切断して、使い回すことに。 ナンバープレートライト&左右のウインカーのコネクターが、一般的なギボシになりました。 で、配線完了が20時となり、本日、続からです。 フェンダーレスの下側に...

    • いいね(4)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    でんおう
    車種
    ニンジャ H2

    ここ最近、ETCゲートが開かないことが度々あり、購入店で相談し、アンテナの移設しました。購入時はアッパーカウルの裏(左側)に設置してありましたが、この時もゲートが開かないことが度々あったのでアッパーカウル裏から、アッパーカウルインナーカバー左側(黄□)に移設しました。もちろん、ETCカードの期限切れということではありません。

    • いいね(2)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ニンジャ H2

    やっと、18年モデルの政府認証マフラーが確認できたので、交換します。

    • いいね(3)
    • コメント(5)
  • 【TKファクトリーNinja H2(カワサキNinja H2)】 カーボンパーツとリヤ6.25鍛造ホイールとで構成【ザ・グッドルッキンバイク】
    【TKファクトリーNinja H2(カワサキNinja H2)】 カーボンパーツとリヤ6.25鍛造ホイールとで構成【ザ・グッドルッキンバイク】

    全身フルカーボンで固めて足まわりも全面変更 カワサキのスーパーチャージド・リッタースーパースポーツ、Ninja H2。2015年から展開をはじめ、’21年型Ninja H2 CARBONで国内導入は終了となったが、独自の過給の世界や、ひと目でそれと分かるルックスの魅力は今後も維持されそうだ。 この車両は、広い分野に向けてカーボンや削り出しパーツを製作するTKファクトリーが仕立てたもの。ぱっと見には、ミラー部がウイングレットとなっているクローズドコース版のNinja H2Rにも見える。実はこのミラー部分、「H2用ウイングミラー」としてTKファクトリーが製作したもの。部分写真で紹介するように、回転して収納することもでき、当然ながらNinja H2ノーマル同様にミラー機能も持たされている。ウインカーもこの取り付け基部付近に隠して配置されている。 他の外装も、ガレージ414製サイドウイングにマジカルレーシング製前後フェンダー&スクリーン、A-TECH製カウルにOVER RACING製ダクトと、本家Ninja H2 CARBONさえ超えそうなフルカーボン仕様。 ...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP