ヤマハ トリシティ

Myバイクに登録する

Myバイク登録をすると、新製品情報やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

【トリシティ125】 トリシティ125は2015年に発売された、フロント2輪の独特のスタイルを持った原付二種モデル。155ccの「トリシティ155」は2017年に登場した軽二輪モデル。 このスタイリングはヤマハ独自の「LMW(リーニングマルチホイール)」モビリティの思想により設計されたもので、通常の2輪車とは一線を画す安定感と、バンクが可能なスポーティなハンドリングを両立するもの。このLMWシリーズは125、155に加え、高速道路も走行できる「トリシティ300」、そして845ccの大型スポーツ「NIKEN」の4モデルがラインナップされている。 新色は、"マットライトグリーン"。"静寂の中にある奥深さ"をコンセプトに、日本の侘び寂びをも連想させる色調であり、日常に馴染み幅広いシーンで受け入れられるカラーとして設定された。なお、"マットグレー"と"ホワイト"は継続して販売し、それぞれ全3色で展開。

排気量 124cc
エンジン形式 E34AE・水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
最高出力 12PS/8,000r/min
最大トルク 1.1kgf・m/6,000r/min
車両重量 -
タンク容量 7.2リットル
  • 車種:トリシティ 

トリシティ  バイクレビュー

更新日
2024年01月04日
オーナー
フルーツさん
バイク保有状態
今乗っているバイク
YAMAHA トリシティ 2019年式 (125cc)
自己評価
走り 5 積載性 5
ルックス 4 とりまわし 1
燃費 4 メンテナンス性 1
総合評価3.3

最新投稿写真

購入動機 タクトAF30型を父から貰い乗っていましたが、坂を全く登らなくなったので見た目がかっこいいトリシティを購入しました。
長所・満足している点
片道200kmを下道で休憩を入れながら7時間位走っても疲れにくい、通勤や買い物をする際荷物が大量に積んでもバランスが崩れにくい。

カスタムは、純正ハンドルカバー、モノタロウ製リアボックス...続きを読む
短所・不満な点
足元の狭さ、個人の方で作られている足置きをつけないと足のサイズが大きい人は、運転がしづらい。転回の時に重さが、一気にくるので一度に回ろうとしないでゆっくりやらないと危険を感じる

トリシテ...続きを読む
用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 3輪だから安心ていうことは、ないです。雨の日の鉄板の上や曲がる際は、速度を十分に落とさないと確実にこけます。急な坂道での、右左折はかなり危険なのでできる限り避けたほうがいいです。

トリシティのパーツインプレッションランキング

    カスタムガイドアクセスランキング

      整備ガイドアクセスランキング

        Myバイク アクセスランキング

          売れ筋商品ランキング

            PAGE TOP