ヤマハ  MT-09

オーナー満足度
3.79 (同カテゴリ平均:3.69)  評価投稿数:1376人
燃費
3.58
走り
4.6
ルックス
4.29
メンテナンス性
3.58
積載性
2.35
とりまわし
4.33
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

中古車

2台

全国平均:79.3万円(前月比万円)

最安:73.31万円, 最高:85.28万円
全国平均:6.85万円

価格帯:6~8.5万円

全国平均:72.45万円

価格帯:66~78.9万円

馬力:110PS/9,000r/min
クラス:17位 / 267台中
重量:kg
クラス:46位 / 294台中
燃費:27.3km/L(60km/h)※2名乗車時、WMTCモード値:19.4km/L(クラス3, サブクラス3-2)※1名乗車時
クラス:28位 / 82台中
  • 車種:MT-09 

ヤマハ MT-09 (2016年)

意のままの、操る悦びを。 ライダーのスロットル操作に対し、リニアなトルクを創りだすこと。 その設計思想 “クロスプレーン・コンセプト”に基づき開発した、この3気筒エンジン。 それは、ライダーの意思にエンジンパワーをシンクロさせ、 マシンと会話するようなインタラクティブな関係を実現させた。 徹底した軽量設計とマスの集中化を推し進めたボディは、軽量スリムでコンパクト。 日常的な速度域での、かつてない自由自在感。 走りだした瞬間に感じる、意のままの、俊敏で力強い走り。 そこには、ヤマハが創りだした新しいエキサイトメントがある。 街を駆け抜け、気付けばあの道へ。 MTワールド ? Master of Torqueの楽しみを、いまあなたにも。 “Synchronized Performance Bike” MT-09 毎日がさらに楽しく、そして週末がもっと待ち遠しくなる。

ヤマハ MT-09 (2016年)の基本スペック

メーカー ヤマハ エンジンタイプ N703E、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・並列・3気筒
モデル名 MT-09 エンジン始動方式 セルフスターター
タイプ・グレード - 最高出力 110PS/9,000r/min
動力方式 - 最大トルク 9.0kgf・m/8,500r/min
型式 EBL-RN34J/N703E 車体重量(乾燥重量) -
排気量 846cc 車体重量(装備重量) 188kg
発売開始年 2016年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 27.3km/L(60km/h)※2名乗車時、WMTCモード値:19.4km/L(クラス3, サブクラス3-2)※1名乗車時 全長・全高・全幅 2075mm × 1135mm × 815mm
燃料タンク容量 14.0リットル シート高 815mm
航続可能距離 382.2km(概算値) フロントタイヤサイズ 120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)
燃料供給方式 フューエルインジェクション リアタイヤサイズ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)

ヤマハ MT-09 (2016年)のサービスデータ

標準装着プラグ NGK CPR9EA-9 スプロケットサイズ ドライブ(前) 16T
ドリブン(後) 45T
プラグ使用本数 - チェーンサイズ 525 / 110リンク
プラグギャップ 0.8-0.9 mm バッテリー型式 YTZ10S
エンジンオイル全量 3.4L ヘッドライト 12V60w/55w×1
ライトタイプ: -
オイル交換時 2.4L ヘッドライト備考 12V60w/55w×1
エレメント交換時 2.7L テールライト --
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

ヤマハ MT-09 (2016年)の詳細サービスデータ

原動機型式 N703E、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・並列・3気筒
ボア 78.0mm
ストローク 59.0mm
圧縮比 11.5:1
点火方式 TCI(トランジスタ式)
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 -
キャスター角度 25°00′
トレール量 103.0mm
最低地上高 135mm
軸間距離 1440.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

適合パーツ

シリーズ一覧

PAGE TOP