夏季休業のご案内〈出荷は休まず営業中〉【Webikeショッピング】

ヤマハ  MT-09

オーナー満足度
3.78 (同カテゴリ平均:3.69)  評価投稿数:1155人
燃費
3.58
走り
4.58
ルックス
4.24
メンテナンス性
3.54
積載性
2.31
とりまわし
4.43
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

新車

61台

全国平均:120.36万円(前月比-1.14万円)

最安:110万円, 最高:135.16万円
全国平均:4.69万円

価格帯:-万円

全国平均:112.81万円

価格帯:102.3~126.5万円

中古車

85台

全国平均:82.36万円(前月比-1.06万円)

最安:60.94万円, 最高:129.3万円
全国平均:6.91万円

価格帯:2.42~11.3万円

全国平均:77.54万円

価格帯:53.8~125万円

馬力:110ps(81.0 kw)/9000rpm
クラス:17位 / 267台中
重量:172.0kg
クラス:46位 / 294台中
燃費:27.3km/L(60km/h) 2名乗車時
クラス:28位 / 82台中
  • 車種:MT-09 

ヤマハ MT-09 (2021年)

従来からの“Torque & Agile”のキャラクターを継承・進化させ、ライダーに“Feeling”をもたらす“The Rodeo Master”をコンセプトに開発。エンジン・車体ともに刷新することで大幅に進化させながら、随所に軽量化技術を織り込み、従来モデル比で約4kg軽量に仕上げた。 新たな特徴は、1)トルクフルな新888cm3CP3エンジン、2)最低肉厚1.7mmの軽量CFアルミダイキャスト製新フレーム、3)独自のSPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)技術による軽量アルミホイール、4)トルク感と加速感を表現したサウンドデザイン、5)新IMUを活用した運転操作を支援する各種制御、6)感覚を刺激する新ボディデザインなど。

ヤマハ MT-09 (2021年)の基本スペック

メーカー ヤマハ エンジンタイプ N718E
モデル名 MT-09 エンジン始動方式 セルフスターター
タイプ・グレード - 最高出力 120ps / 10,000r/min
動力方式 - 最大トルク 9.5kgf・m / 7,000r/min
型式 8BL-RN69J 車体重量(乾燥重量) -
排気量 888cc 車体重量(装備重量) 189kg
発売開始年 2021年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 30.4km/L(60km/h) 2名乗車時 全長・全高・全幅 2090mm × 1190mm × 795mm
燃料タンク容量 14.0リットル シート高 825mm
航続可能距離 425.6km(概算値) フロントタイヤサイズ 120/70ZR17M/C (58W)
燃料供給方式 インジェクション リアタイヤサイズ 180/55ZR17M/C (73W)

ヤマハ MT-09 (2021年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) 16T
ドリブン(後) 45T
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 YTZ10S
エンジンオイル全量 3.5L ヘッドライト LED
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 LED
エレメント交換時 - テールライト LED-
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

ヤマハ MT-09 (2021年)の詳細サービスデータ

原動機型式 8BL-RN69J
ボア 78.0mm
ストローク 62.0mm
圧縮比 11.5:1
点火方式 トランジスタ点火
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 -
キャスター角度 25°00′
トレール量 108.0mm
最低地上高 140mm
軸間距離 1430.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

ヤマハ MT-09の関連ニュース、リコール・サービス情報

ヤマハ MT-09の試乗インプレッション・特集記事

適合パーツ

シリーズ一覧

PAGE TOP