カワサキ  ニンジャ 650

オーナー満足度
3.84 (同カテゴリ平均:3.79)  評価投稿数:305人
燃費
4.21
走り
4.17
ルックス
4.67
メンテナンス性
3.35
積載性
2.45
とりまわし
4.17
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

国内
(新車)

3台

全国平均:93.5万円(前月比万円)

最安:91.3万円, 最高:97.91万円
全国平均:2.2万円

価格帯:-万円

全国平均:91.3万円

価格帯:91.3万円

国内
(中古)

37台

全国平均:78.79万円(前月比万円)

最安:56.84万円, 最高:98.12万円
全国平均:8.27万円

価格帯:4.57~10.34万円

全国平均:71.48万円

価格帯:49.99~91.3万円

逆車
(新車)

2台

全国平均:111.94万円(前月比万円)

最安:109.17万円, 最高:114.7万円
全国平均:16.84万円

価格帯:16.8~16.88万円

全国平均:95.09万円

価格帯:92.29~97.9万円

逆車
(中古車)

1台

全国平均:59.91万円(前月比万円)

最安:59.91万円, 最高:59.91万円
全国平均:6.11万円

価格帯:6.11万円

全国平均:53.8万円

価格帯:53.8万円

航続距離:----
クラス:-位 / 50台中
燃費:
クラス:-位 / 51台中
ツーリング:155
クラス:62位 / 184台中
  • 車種:ニンジャ 650 

カワサキ Ninja 650 (2022年)

「ファン・スタイル・イージー」のコンセプトをもとに開発された。軽量でスリムなシャーシに低中回転域の力強さを重視したパラレルツインエンジンを搭載し、軽快且つエキサイティングな走りを提供する。 スタイリングは、Ninjaシリーズ共通のスポーティなイメージとし、LEDヘッドライトや4.3インチTFTカラー液晶スクリーンを採用することで、先進性と高級感を演出する。 さらに、アップライトで足つきの良いライディングポジション、軽量な車体により、ビギナーからベテランまで親しみやすいマシンキャラクターとなっている。 ※前モデルからカラー&グラフィックを変更

カワサキ Ninja 650 (2022年)の基本スペック

メーカー カワサキ エンジンタイプ 水冷・4ストローク・並列・2気筒・DOHC・4バルブ
モデル名 ニンジャ 650 エンジン始動方式 セルフスターター
タイプ・グレード - 最高出力 68PS/8,000rpm
動力方式 - 最大トルク 6.4kgf・m/6,700rpm
型式 8BL-ER650H 車体重量(乾燥重量) -
排気量 649cc 車体重量(装備重量) 194kg
発売開始年 2022年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 32.1km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時) 全長・全高・全幅 2055mm × 1145mm × 740mm
燃料タンク容量 15.0リットル シート高 790mm
航続可能距離 481.5km(概算値) フロントタイヤサイズ 120/70 ZR17M/C 58W
燃料供給方式 フューエルインジェクション リアタイヤサイズ 160/60 ZR17M/C 69W

カワサキ Ninja 650 (2022年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) 15T
ドリブン(後) 46T
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 2.3L ヘッドライト -
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト LED-
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

カワサキ Ninja 650 (2022年)の詳細サービスデータ

原動機型式 水冷・4ストローク・並列・2気筒・DOHC・4バルブ
ボア 83.0mm
ストローク 60.0mm
圧縮比 10.8:1
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
エンジン潤滑方式 セミドライサンプ
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 2.8m
キャスター角度 24°00
トレール量 100.0mm
最低地上高 130mm
軸間距離 1410.0mm
ハンドル切れ角度(右) 32.0度
ハンドル切れ角度(左) 32.0度
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

適合パーツ

シリーズ一覧

原動機型式が近いバイク

PAGE TOP