12月13日(火) システムメンテナンスのお知らせ

カワサキ  Z1000 MkII

  • 車種:Z1000 MkII 

Z1000 MkIIのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~13件 / 全13件
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    5月ですが、タコメーターギヤ部からオイル漏れを発見し修理しました。丁度#3気筒のエキパイ上部で、赤○で囲ったようにフランジに垂れてきます。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    その2からのつづきです。フォークオイルはエンジンオイルで良い印象のあるASHにしました。オイル粘度表示は他メーカーと違い動粘度値で表示してあります。モリワキの取扱説明書ではカヤバG10を指定しています。カヤバG10の動粘度値=37.1。今回はASHの#40ですので動粘度値=40.0です。オイル量は278±3ccと取説にあるのでそれより少し多めに入れます。その後、エア抜きの為、インナーチューブをストロークさせます。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    その1からのつづきです。インナーチューブ下部の汚れが気になります。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    まずは車体からフロントフォークを取り外します。メンテナンススタンドがあると安定しますので作業がしやすいです。車体にフロントフォークが付いた状態でトップキャップは緩めておきます。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    以前からクラッチプッシュロッドのオイルシール部からオイル漏れがありました。エンジン停止状態では数週間放置しても漏れはなく、走行後確認すると漏れている状態です。オイルシールを交換しても症状は変わらなかったので、プッシュロッド側が摩耗でやせているのが原因と思われます。それ程ひどい漏れではないのと純正品は欠品であり社外品ではあまり良さそうなモノがなく今までそのままにしておりましたが、PAMSさんから良さそうなのが販売されたので、交換しました。まずはドライブスプロケットカバーを取り外します。ドライブスプロケットの前方のシャフトがクラッチプッシュロッドです。引っ張ればスルッと...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • カワサキ Z1000Mk? by サンクチュアリー本店【プロフェッショナルカスタムマシン】
    カワサキ Z1000Mk? by サンクチュアリー本店【プロフェッショナルカスタムマシン】

    往時の輝きを取り戻すべく、RCMで現行車に匹敵する走行性能を与える 1970?80年代にリリースされた当時のフラッグシップモデルを中心に、現代的な走行性能を与え、再びフラッグシップモデルとしての存在感や性能を与えようというのが、サンクチュアリー本店を旗艦店とするサンクチュアリーグループが手がけるコンプリートマシンRCM。このZ1000Mk?もその1台だ。 長くバイクフリークたちに愛されてきたカワサキの空冷Zシリーズも、製造から40?50年近い年月が経過して希少化が進み、価格が高騰化している。とりわけわずか2年で生産が終了したZ1000Mk?などは、今や最新スーパースポーツモデル2?3台分の価格になってしまった。「子供のころにあこがれだった空冷Zを、今こそ」という人も少なくないだろうが、もはや一般的なサラリーマンが安易に買い求められる存在ではなくなった。 このマシンのオーナーは、そんな厳しさが増す流通事情の中でも最高峰のマシンに乗りたいとサンクチュアリー本店にZ1000Mk?ベースのRCM製作を依頼。そのオーナーの熱意に応えるべく、RCMとして培ったノウハウが注ぎ...

  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    冬(シーズンオフ)に車体から取り外し、分解清掃しました。なかなか忙しくやっと車体へ取り付けできました。今シーズンはGWからと遅い始動になりそうです。まずは取り外しです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    ブルーサンダースさんのライトステーです。ステムに取り付けるタイプです。FXIIIなどのを流用しようと考えておりましたが、当然新品は無く、中古で程度の良さそうなモノを入手出来ずにいた時、こちらの商品を知り入手しました。ステーですが、材質はステンレスで未塗装でしたので、塗装屋さんに3分艶消しで塗ってもらいました(仕上がりは5分位の艶でしたが…)。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    ちょっと前ですが、走りましたので、感想です。五日市街道~檜原街道で都民の森まで行きました。早朝でしたので、奥多摩周遊道路のゲートは閉鎖しているので、都民の森までしか登れません。マスターのレバーレシオは静止状態で感じの良かった「18」にしました。走行中もブレーキングで「ギュ~」と握ることが出来、フィーリングは上々です。帰りにレバーレシオを変更しようとしましたが、細い「-」ドライバーをどこかで落としてしまったようで、フィーリングの比較は出来ませんでしたが、「18」の握り心地は、気持ち良いです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    リヤキャリパーを取り外し、まずは洗浄します。洗剤は普通の中性洗剤です。汚れが少ない所から洗って行くと効率的と思います。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    今までがんばってくれたニッシン5/8マスターです。apレーシングのCP2696との組み合わせでの制動力は特に問題ありませんでしたが、タッチが硬くちょっとレバーを握っただけでカックンと効くので、低速ではやや扱いずらかったです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【妥協しない作り込みを見せる】カワサキ Z1000Mk? by サンクチュアリー本店【プロフェッショナルカスタムマシン】
    【妥協しない作り込みを見せる】カワサキ Z1000Mk? by サンクチュアリー本店【プロフェッショナルカスタムマシン】

    オーナーの好みを最大限反映させつつ妥協しない作り込みを見せる バイクのカスタムとは千差万別であるが、個人カスタムにしてもショップカスタムにしても、共通するのは“オーナーにとっての理想の形を作り上げること”であることに違いはない。もちろん走行性能を損なうカスタムでは本末転倒なので、良心的なカスタムショップはそのような変更を許容しないことが多いが、安全性や性能に直結しない、たとえばカラーリングやパーツ形状などはオーナーの自由意思が尊重されることがほとんどだ。 カスタムシーン全体から見ると、落ち着いた雰囲気のマシンを製作することで知られるサンクチュアリー本店ではあるが、時折、従来とは違うスタイルのマシンが登場することもある。そのほとんどはオーナーの要望に沿った形なのだが、今回紹介するこのZ1000Mk?もオーナーの好みを最優先して設定されている。 外観上、高い位置に配置されたように感じるヘッドライト&ビキニカウルはハンドルバーを高くしたことの影響だ。スポーツ走行を志向するならハンドルバーは低くしたいと思う人も多いだろうが、オーナーはツーリングなとでの快適性も重視し、高...

  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    私のMk2は欧州仕向けですが、サイドカバーエンブレムなど見た目は北米仕様でした。今回やっと部品が揃ったので欧州仕様へ変更してみました。リヤウインカーの位置などは北米仕様のままですがまあ、自己満足です。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    レイダウン加工しました。バイク屋さんと相談し、ノーマルから10mmワイドでレイダウンブッシュ取り付け、合わせてスイングアーム側の取り付け部も10mmワイド加工しました。当初、ノーマル幅でレイダウンしたいと相談したのですが、フレームの凹まし量が多くなる為、広範囲で塗装がダメになるとの事で10mmワイド加工としました。まだ街乗りしかしておらず効果は?ですが、見た目はGOODです。いずれ調整幅のあるサスへ変更したいですね。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hopedad
    車種
    Z1000 MkII

    車両へ取り付けました。メーターラバーなどは純正新品に交換しました。この辺の部品がまだ純正で出るのはありがたいです。リプロ品もありますが、品質は純正品が一番だと思います。インジケータランプのバルブは、ワット数が異なるものが付いている箇所もあり気持ち良く全て新品へ交換しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP