カワサキ  ZRX1200ダエグ

  • 車種:ZRX1200ダエグ 

ZRX1200ダエグのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全79件
  • 投稿日
    投稿者
    White Fang
    車種
    ZRX1200ダエグ

    約10年経過した車両での加速時の息つき、アイドリング不良などエンジンの調子が悪い記事を目にした。原因は燃料ポンプにあるらしい。中には燃料フィルターの交換だけで復調したものもある。どうやら燃料フィルターが目詰まりしてるっぽい。「えっそんなに汚れてるの!?というくらい」の衝撃画像だったので自分のヤツがいったいどうなってるのか気になってしかたない(笑)ちなみに燃料ポンプは部品代だけで約32000円ほど、結構良い値段してます。2010年式には燃料フィルターのサービス部品設定はなく、あるのはポンプのみ。あきらめる前に念のために最終年式を調べたら燃料フィルターキットの設定がありました(笑)最初部品の互換性...

    • いいね(4)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ISK
    車種
    ZRX1200ダエグ

    中古で結晶塗装のヘッドカバーが格安で手に入ったので交換しました。なぜかヤフオクで相場より安かった。届いた品物も綺麗でした。ついでに年数も経っているのでヘッドカバーパッキンとプラグホールパッキンも交換しました。ヘッドカバーよりガスケットパッキンのが高くついたのはご愛嬌!笑走行距離40,000kmぐらいですがニンジャ系ZRX系に多いカムのカジリもなく良好でした。バルブクリアランスは今回省略。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ISK
    車種
    ZRX1200ダエグ

    夏に向けて手動の電動ファンスイッチ付けるよー( ^ω^ )いきなり完成写真!元々ラジポン入れた時にスロットル別体のキルスイッチは入れてあったから今回はキルスイッチのみ交換。なんでこんな事を?水温警告灯がたまに点灯するんです。電動ファンは回っているのに。

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    GASSTRA
    車種
    ZRX1200ダエグ

    DAEGは、もともとの設計は20年以上前のZRX1100なので、ポジション表示もない。ギアポジション接点があればそれを流用しようと考えたがそれもないので、診断ケーブルからの信号で表示するセンサーを付けることにした。でもハンドルマウントとかだと位置が低く見にくい。あと後付け感がかなり漂うので、メーターとバイザー間の隙間を利用した。併せて電圧計と温度計も付けた。温度計はボタンで油温と水温を切り替えする。基盤はカウルの中に収納した。最大温度は110度なので油温は厳しそう。水温だけで走行し、外気10度くらいで80kmの連続走行で55度くらい。止まると徐々に上がりはじめ、85度になるとファンが回り温度は...

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Yoppy
    車種
    ZRX1200ダエグ

    引きずり発生で右側だけ替えました。ピストンは磨いて、ピストンシールはシリコングリスをなじませて組み付け。凄くスムーズになりました。パツキング 43049-1055パツキング 43049-1068パツキング,ピストン シール 430491092パツキング,ピストン シール 430491096それぞれ2個必要 toral 3960円ブレーキバンジョーボルトの締め付けトルクは25N.mフロントキャリパ取り付けボルトの締め付けトルク:34N.m

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • カワサキ角Zの歴史を継承したビッグネイキッド/ZRX1200 DAEG Final Edition(2016)
    カワサキ角Zの歴史を継承したビッグネイキッド/ZRX1200 DAEG Final Edition(2016)

    2008年にデビューし多くのユーザーの支持を受けたが、2016年をもってついに生産終了に。日本国内をターゲットとしたリッターネイキッド、ZRX1200ダエグのファイナルエディションを振り返る。 角Zの歴史を締めくくる金字塔となるモデル 70年代後半から80年代前半にかけて、当時最高の技術を投入されたZ系モデルとJ系モデル。現在でも、高い人気を獲得しているシリーズである。 そのZ系モデルとJ系モデルのなかでも根強い人気があるZ1000R、通称ローソンレプリカのイメージを継承し、現代の技術で生み出されたのが、1997年にデビューしたZRX1100である。2001年には排気量をアップし、車体各部の見直しが図られたZRX1200Rがデビュー。さらに2009年に日本国内専用モデルとして生み出されたのがZRX1200ダエグである。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    ケイパン
    車種
    ZRX1200ダエグ

    九州の豪雨災害にて私の住んで居る辺りも浸水毎年のように浸水、私が帰省中の出来事で、クルマWRX S4も浸水廃車となってしまいました!取りあえず廃油処理BOXが届いたのでダエグのオイル交換を行いました。以前から気になっていた、オイルラインのホースもついでにアクティブのメッシュホースに取替ました。ユーチューブにアップしてますので、見て下さい!チャンネル登録よろしくお願いします。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Yoppy
    車種
    ZRX1200ダエグ

    1年半経過しているのでフルードを替えました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Yoppy
    車種
    ZRX1200ダエグ

    チェンジペダルラバーが傷んできていて、硬いようなので交換しました。ハサミを使って外します。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    漢雲
    車種
    ZRX1200ダエグ

    ギルドデザインのフェンダーレスを取り付けた。ナンバー灯のネジは付属されておらずネジの頭が薄いのを買って取り付け、純正ウインカーの取り付け時は差し込みに苦労した。リアフェンダーの脱着も手間取ったが何とか完了。色もゴールドでシンプル。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    漢雲
    車種
    ZRX1200ダエグ

    マウントシステム取り付けSYGNHOUSEのメカっぽいのが気に入った。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【カスタムマシン】ZRX1200 DAEG by 忍者 インパクトある見た目と高い利便性を組み合わせた一台
    【カスタムマシン】ZRX1200 DAEG by 忍者 インパクトある見た目と高い利便性を組み合わせた一台

    インパクトある見た目と高い利便性を組み合わせた一台 時に1日で1000km走り、雨でも泊まりのツーリングに出かける。そんなツーリング好きの人物が手掛けたカスタム車を紹介する。ビルダーは大阪のカワサキ正規取扱店・忍者の伊藤彰代表だ。一発で作り手がわかるほど、個性的な車両である。 カスタムビルダー名が配置されていなくても、どの作り手が作ったかわかる車両。カスタム車を語る時に、この考えは重要な要素となってくるのではなかろうか。ここで紹介するZRX1200ダエグとZRX1200Sは忍者が手掛けた車両で、先述の車両に当てはまる典型的な事例だ。カウルにロゴは入れられているものの、同店の車両とわかるカスタム車となっている。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    Yoppy
    車種
    ZRX1200ダエグ

    オーリンズからオイル漏れしているので、オーバーホールの為純正サスに戻しました。サブタンクはガンメタにラッピングしてみました。いい感じです。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Yoppy
    車種
    ZRX1200ダエグ

    先日クラッチレバーを変えた際にクラッチマスターシリンダーのシールが破れているのに気づいて、今日交換しました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Yoppy
    車種
    ZRX1200ダエグ

    シフトリンクのダストカバーが切れてきたので交換しました。カワサキでは単品でパーツが出ないのでヤマハから購入です、

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Yoppy
    車種
    ZRX1200ダエグ

    タンクをブラックにラッピングしてみました。綺麗に仕上げるのは難しい。ナイフレステープを初めて使いました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ケイパン
    車種
    ZRX1200ダエグ

    ダエグにデイトナ製のキャリアを取付けました。デイトナのキャリアはあまりゴツくなくてスマートなデザインでいい感じです!キャリアを取付けた目的は、荷物を積むと言うより、後方にカメラを取付けるのが目的です。キャリアはダエグには似合わないかな~と思ったけど私的には問題ないかな?今度カメラを後方に付けて動画を撮っていきたいと思います!keipanチャンネルよろしくお願いします!!

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • ZRX1200 DAEG by ノジマエンジニアリング【プロフェッショナルカスタムマシン】
    ZRX1200 DAEG by ノジマエンジニアリング【プロフェッショナルカスタムマシン】

    8耐を戦ったマシンを完全再現 モノサス化で高い旋回性能を得る ノジマエンジニアリングは99年からの2年間、鈴鹿8耐にZRX1100で参戦していた。当時、国内ではネイキッドレースが盛んに行なわれており、鈴鹿8耐にも参戦が可能となったことからZRX1100ベースのマシンで参戦したのだ。そしてアップハンドルのネイキッドでスーパースポーツ車ベースの鈴鹿8耐マシンを抜き去る姿が話題となり、多くのファンを魅了した。そのときのマシンを再現したのが、このZRX1200ダエグで、現在はオーナの千田稔幸さんが所有する。 スーパースポーツをベースにしたマシンを相手にした際、ネイキッドベースでは当然不利な点も多い。とくに問題だったのが車体重量と旋回性で、同社の野島英俊氏が採った手法がツインショックからモノショックへの変更だった。これは単にリヤショックを2本から1本に変えるというだけでなく、それに合わせてフレームなども材質を変更し、車体トータルで旋回性を上げる仕様変更が行なわれている。 フレームは鉄からクロモリへ素材を変更して作り変えていて、クロモリは鉄よりも強度があるため、...

  • 投稿日
    投稿者
    M Schenker
    車種
    ZRX1200ダエグ

    今日はDAEGの磨き強化DAYです。黒色のパーツは経時的に、色がくすんできますが、それを新車同様にするケミカルのご紹介です。

    • いいね(8)
    • コメント(12)
  • 投稿日
    投稿者
    ケイパン
    車種
    ZRX1200ダエグ

    ダエグの車検でマフラーを車検対応オーバーマフラーに戻したのでインプレをしてみました。エアクリも純正に戻しました。やっぱり良くできてますね!低速トルクが上がりますね!音もめっちゃ静か!でもすぐ戻しちゃいます、静かすぎてつまらない(^^)上はやっぱりトリックスターの爆音タイプが良いですね。アトZX-25Rがバイク屋さんに置いてあったので撮ってきました。動画アップしてますのでご覧ください。チャンネル登録どうかよろしくおねがいします!!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ケイパン
    車種
    ZRX1200ダエグ

    ダエグの車検でバイクショップ フルカワさんまで持っていきました。サイレンサーとエアークリーナーを取替、タイヤは車で運んでと結構めんどうでした。サイレンサーとエアークリーナーを取替たのでエンジンかけてみましたが、静かですが結構いい音がしました。フルカワさんでは少しバイク見学してきました。動画アップしてます。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ミケにゃんこ♂
    車種
    ZRX1200ダエグ

    ダエグのスロットル開度が広すぎて、とっさにスロットル捻っても握り治さないと全開にできてないことが何回かありました・・・。それでハイスロ欲しくなり物色してたんですが、色々見てみるとアクティブさんのスロットルキットをつけてる方が多いみたいですね。前からdominoさんのハイスロが気になってたんですが、ダエグに装着してるの見たことないんで躊躇してました。そこで近所の代理店MOTOSALONさんに相談したところ大丈夫との事で決行。ノーマルスロットルは開度75°らしいです。実際に捻って見ると90°以上あるように感じますが。dominoさんのスロットルキットは3種類のリングがあって最も開度の狭い物で53°...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    みつ
    車種
    ZRX1200ダエグ

    リヤサスを交換しました。試走はこれから。どんな感じかなぁ。。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • カワサキ ZRX1200 DAEG by アクティブ【プロフェッショナルカスタムマシン】
    カワサキ ZRX1200 DAEG by アクティブ【プロフェッショナルカスタムマシン】

    アクティブが得意とする足まわりを中心に強化 生産終了がアナウンスされて久しいZRX1200ダエグだが、カスタムシーンにおいては根強い人気となっており、アクティブからもダエグ用のカスタムパーツが継続して開発が続けられている。 ダエグの可能性を広げるアクティブ渾身のニューパーツ 2017年の東京モーターサイクルショーでアフターパーツメーカー、アクティブのブースにはフルカスタムされたZRX1200ダエグ(以下、ダエグ)が展示された。そのダエグでは、同車の特徴でもあるビキニカウルはフレームマウントされ、前後サスペンションはハイパープロを装着。そしてスーパースポーツモデルのようなスイングアームに換装されていた。すでに発売されているアフターパーツが多く採用されていたが、開発中の参考出品パーツも合わせ、アクティブ渾身の製品がふんだんに用いられて製作された。そのダエグはどんなマシンなのか。その詳細をここで紹介する。 東京モーターサイクルショーに向けてカスタム車を製作するにあたり、アクティブが掲げたテーマは“直感型”だった。バイクの基本となる“走る、曲がる、止まる”...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP